こんな疑問を解決!

  • IG証券の評判はどうなの?
  • IG証券のメリット・デメリットは?
  • IG証券はどんな人におすすめなの?

FXやCFDを始める際には証券会社で口座開設が必要ですが、その候補先として「IG証券」を考えている方も多いのではないでしょうか。

IG証券は斉藤工さんをイメージキャラクターに起用し、有名トレーダーの間でも人気が高まっています。

そこで今回は、IG証券を取り上げて、メリット・デメリットや特徴を解説していきます。

項目評価理由
スプレッド★★★★★米ドル円0.2銭 ※例外あり
レート安定性★★★★標準的な水準
約定力★★★★★約定価格を最適化
取引ツール★★★★高性能で使いやすいツール
情報量★★★★IGアカデミーを用意
スワップ★★★★★他社と比べて低い水準
サポート★★★★平日9時~18時 電話サポート
通貨ペア★★★★★101通貨ペア
ラインの王道刃

当サイト経由で「IG証券」の口座開設をして条件を満たした方には、プロが使う7つの高勝率トレード手法を解説したラインの王道 刃」のアクセス権を無料でプレゼント!

 

この記事の監修者
suzuki_gazou

鈴木 拓也

  • 公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定アナリスト
  • 東京工業大学大学院修士課程修了(工学修士)
  • 三井住友銀行の東京本店・香港支店にて為替ディーラー業務に従事し、投資家/経営者に転身
  • 株式会社フィンテラス代表取締役

プロフィールページ

 

IG証券のメリット

IG証券は1974年に設立され、世界に31万人以上の顧客を抱えている英国最大規模のFX会社です。

本拠地は海外ですが、IG証券は日本現地法人となりますので、金融庁に登録されており、高い信用力があります。

そんなIG証券のメリットは以下の4点があります。

IG証券のメリット

  • 通貨ペアの種類が101銘柄
  • 約定力が高い
  • 株価指数や商品CFDが取引可能
  • ノックアウト・オプション取引が可能

メリット1:通貨ペアの種類が101銘柄

IG証券では、取り扱っている通貨ペアが101種類もあります。

通常の国内FX会社であれば、約20種類程度が平均ですが、IG証券ではその5倍も銘柄があるので、様々な通貨ペアでトレードして利益を狙うことができます。

主要通貨はもちろんのこと、北欧や新興国通貨などが多数あり、例えば、ブラジルレアル/円やノルウェークローネ/円、シンガポールドル/円、ロシアルーブル/円などの通貨ペアがあります。

メリット2:約定力が高い

IG証券では、「プラス最適化」と「一部約定」の約定機能を導入しており、高い約定力を提供しています。

プラス最適化では、注文発注時のレートよりも投資家にとって有利になっていた場合、その有利なレートで約定となります。

下図はドル円の買い取引(発注後、IG証券が受注するまでに価格が下がった場合)

一方で、注文発注時のレートよりも投資家にとって不利になっていた場合は、約定とはなりません。

下図はドル円の買い取引(発注後、IG証券が受注するまでに価格が上がった場合)

また、一部約定では発注した全ロットのうち、レートが急変動した場合に約定不成立に全てなるのではなく、一部で約定となります。

約定力はスプレッドと並んで裏の取引コストでもありますので、約定力が高いFX会社の方が投資家にとって有利になります。

メリット3:株価指数や商品CFDが取引可能

FX以外でも、株価指数や商品のCFDの取引を行うことができます。

CFDとは差金決済取引のことで、例えば、NYダウの指数を「安く買って高く売る」「高く売って安く買う」ことで、その差額の利益を得ることができます。

また、原油先物や金などのCFDも取引することができますので、FXと組み合わせて多彩な運用戦略を取ることができます。

メリット4:ノックアウト・オプション取引が可能

上級者向けですが、為替のノックアウト・オプションを利用することができます。

ノックアウト・オプションとは、リスクをオプション料に限定させて、利益を狙う金融商品です。

通常のFXであれば、売買方向と反対の方向に相場が動けば、動いただけ損をしますが、ノックアウト・オプションでは損失はオプション料だけで済みます。

その代わり、利益に制限は無いので、上手に利用することで大きな利益を狙うことができます。

ラインの王道刃

当サイト経由で「IG証券」の口座開設をして条件を満たした方には、プロが使う7つの高勝率トレード手法を解説したラインの王道 刃」のアクセス権を無料でプレゼント!

IG証券のデメリット

IG証券には上記のようなメリットがありますが、一方で注意しなければならないデメリットもあります。

IG証券のデメリットは大きく以下の3つです。

IG証券のデメリット

  • スワップポイントが低い
  • 口座管理手数料がかかる
  • 最低取引単位が1万通貨

デメリット1 スワップポイントが低い

IG証券のスワップポイントは、他社と比べて低い水準と言えます。

新興国通貨の対円通貨ペアはそこまで低くはありませんが、米ドル/円や豪ドル/円などの先進国通貨ペアでは、ロングでもスワップポイントがマイナスなので、長期で保有する場合は注意が必要です。

IG証券のスワップポイント表 2021年10月13日時点

通貨ペアスワップポイント
USD/JPY
USD/JPY米ドル/円
-8
EUR/JPY
EUR/JPYユーロ/円
-3
AUD/JPY
AUD/JPY豪ドル/円
-14
通貨ペアスワップポイント
MXN/JPY
MXN/JPYメキシコペソ/円
9
TRY/JPY
TRY/JPYトルコリラ/円
58
ZAR/JPY
ZAR/JPY南アランド/円
8

 

スキャルピングやデイトレードをメインで売買する方はあまり問題はありませんが、数週間ポジションを保有するスイングトレードなどには向いていないと言えます。

記事:【最新】スワップポイント比較一覧!スワップ投資におすすめFX口座

デメリット2:口座管理手数料がかかる

IG証券は、6ヵ月以上ポジションがなく、取引もしていない状態で口座に証拠金がある場合、口座管理手数料(月550円税込)が発生します。

取引をしていたり、資金が無い場合には問題ないのですが、休眠口座のようになると維持コストがかかりますので、その点は注意しましょう。

デメリット3:最低取引単位が1万通貨

FXでは1ロット毎の取引単位が決まっていますが、IG証券の場合は「1万通貨単位」となります。

なので少額から取引したい場合には、1千通貨単位から取引できるFX会社を選んだ方が良いと言えます。

IG証券の会社情報

IG証券株式会社の会社情報は以下の通りです。

IG証券株式会社の会社情報
項目内容
会社名IG証券株式会社
所在地東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー26F
設立2002(平成14)年12月3日
資本金1億円
業者登録番号関東財務局長(金商)第255号

IG証券のまとめ

項目評価理由
スプレッド★★★★★米ドル円0.2銭 ※例外あり
レート安定性★★★★標準的な水準
約定力★★★★★約定価格を最適化
取引ツール★★★★高性能で使いやすいツール
情報量★★★★IGアカデミーを用意
スワップ★★★★★他社と比べて低い水準
サポート★★★★平日9時~18時 電話サポート
通貨ペア★★★★★101通貨ペア

IG証券

ラインの王道刃

当サイト経由で「IG証券」の口座開設をして条件を満たした方には、プロが使う7つの高勝率トレード手法を解説したラインの王道 刃」のアクセス権を無料でプレゼント!

 

IG証券は英国No.1のFX会社であり、101種類の通貨ペアの取扱や、高い約定力を誇ります。

また、株価指数や商品のCFDなどの取引も可能であり、ワンランク上のFXトレードを楽しみたい方におすすめのFX会社となります。

他のFX会社と比べたい方は、【おすすめFX会社比較!プロが実際に使うFX口座と初心者の選び方】をご覧ください。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!