投資初心者投資初心者

YJFX!の評判はどうでしょうか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

ヤフーグループが運営するFX会社だね!特徴やメリット・デメリットをみていこう!

少額から投資を始めるのであれば「FX」(外国為替証拠金取引)がおすすめです。FX会社によっては数万円の資金がなければ始められないケースがありますが、「取引単位」が「千通貨」から取り扱っていれば、数千円の資金からでもFXは可能です。

今回はそんな千通貨の取り引きができるFX会社の中から、「YJFX!」の「外貨ex」についてご紹介していきます。他には無いサービスも提供していますので、お得感でFX会社を選びたい人には必見です。

【今回の記事でわかること】
・YJFX!のサービスの内容
・YJFX!のデメリット
・YJFX!のメリットやキャンペーン

 

YJFX!のサービスとは?

YJFX!

公式サイト:YJFX!(ヤフーグループのFX会社)

YJFX!を運営するワイジェイFX株式会社は、「Yahoo!JAPAN」のグループ会社になります。もともとはサイバーエージェントFXだったのですが、2012年にYahoo!JAPANが買収し、2014年からYJFX!という名前でリニューアルスタートしたのです。

はたしてYJFX!はどのようなサービスを提供しているのでしょうか?

YJFX!のスプレッドやスワップポイント

YJFX!のスプレッド

まず気になるのはFXの手数料とも呼べる「スプレッド」でしょう。スプレッドは買値と売値の差額で、広いほど取り引きコストは高くつきますし、狭ければ取り引きコストは安いということになります。

YJFX!のスプレッドは、米ドル/日本円(USD/JPY)で0.3pipsと業界最狭水準です。ユーロ/日本円(EUR/JPY)で0.5pips、ユーロ/米ドル(EUR/USD)で0.4pipsですから、さすがYahoo!JAPANがバックアップしているFX会社です。

金利差によって受け取れる「スワップポイント」は、米ドル/日本円(USD/JPY)で約71円(ロングポジション)になっています。国内FXの大手であるDMM FXでも同日で70円ですからまったくひけをとっていません。新興国通貨の南アフリカランド/日本円(ZAR/JPY)でもDMM FXが11円に対してYJFX!は12円です。(※2019/6/28時点)

スプレッド、スワップポイント共に国内ではかなり優秀であることがわかります。ただしこの水準は大手FXと横一線であり、大きなアドバンテージというわけではありません。もちろんYJFX!がトレーダーにとって不利な条件でないことは確かです。

スプレッドやスワップポイント
・スプレッドは業界最狭水準
・スワップポイントも大手FX会社に匹敵

YJFX!の評判:デメリットはあるのか?

YJFX!にはメリットが多くありますが、先にデメリットについて確認しておきましょう。

口コミでは、約定力が低い、スリップページやリクオートが頻繁に発生するなどのトラブルはまったく見られません。約定について大きな問題はないようです。

ただし、原則固定のスプレッドですが、早朝の午前3時から午前8時(日本時間)にかけてはスプレッドがかなり広がりますので注意してください。マージンコールは証拠金維持率100%を下回った時点、強制ロスカットは50%を下回った時点に発動します。ポジションを保有したまま日をまたぐ際は、余剰金には余裕を持つ習慣が必要でしょう。

(マージンコールについて詳しく知りたい人は、【FX強制ロスカットとマージンコールの仕組みとは?】をご覧ください。)

 

実際のところYJFX!には大きなデメリットはないようです。あるとすれば、扱っている通貨ペアが22種類ということで、高金利の新興国通貨であるメキシコペソトルコリラを売買できないという点でしょう。メジャー通貨中心に取り扱った方がいいFX初心者にとってはまったく問題ありませんが、マイナー通貨も扱いたいとなった際には他のFX会社も併用していく必要があります。

提供される情報量について少ないという口コミもありますが、「Global Info24ニュース」を24時間配信しています。「GI24携帯メール」も通知される仕組みです。それでも心配なのであれば、他の情報サイトも有効活用した方がいいかもしれません。

FXについて学ぶためのコンテンツは、「なっとく!FXブログ」ではマーケット情報やトレードシナリオについても詳しく触れていますし、無料オンラインセミナー(「YJFX!アカデミー」のオンラインセミナー)も毎月3回開催されており、特にアメリカの雇用統計前には特別セミナーも開かれているほどですから、FXリテラシーを高める機会は多く用意されていると考えていいでしょう。

YJFX!のデメリット
・メキシコペソやトルコリアを取り扱っていない
・提供されている情報量は豊富ではない

YJFX!のメリットはいくつもある

逆にYJFX!のメリットはいくつもあります。

ひとつは「トレードプラットフォームの使いやすさ」、そしてもうひとつは「Tポイントをためることができる」ということです。新規口座開設の際には最大27,000円のキャッシュバックのキャンペーンも行っていますので、ひとつひとつご紹介していきましょう。

トレードプラットフォームの使いやすさ

YJFX!のチャート

YJFX!で最も評価されているのは、トレードプラットフォームの使いやすさです。特にスマホアプリ「Cymo」はかなり評判が良く、40万ダウンロードを突破しており、このトレードプラットフォームを利用するためにYJFX!でFX口座を開設している人もいるほどです。

口座開設してのツールをダウンロードする

PCではインストールの必要がないプラウザ版の他に、FX上級者向けの「Cymo NEXT」も用意されています。WindowsでもMacでもインストールすることが可能です。スタンダードのCymoに慣れてきたら、より機能が充実しているCymo NEXTにチャレンジしてみるのもいいでしょう。FXのレベルアップにも繋がっていきます。FX初心者から上級者まで満足させられるのがYJFX!のトレードプラットフォームなのです。

 

また、世界中のトレーダーが愛用している「MT4」(Meta Trade4)をダウンロードして利用することもできますが、こちらはあくまでもチャート機能だけに限定されていますので、注文には使用できません。ですから、MT4の一番のウリである「EX」(Expert Adviser)は利用できませんので注意してください。カスタムインジケーターは利用できます。

MT4(メタトレーダー4)をダウンロードして取引ツールで使いたい場合は、【MT4とは?ダウンロード方法と使い方マニュアル】をご覧ください。

 

トレードプラットフォームの使いやすさ
・Cymoは操作性が良く、かなり評判が高い
・MT4のチャート機能は利用できる

Tポイントがたまるキャンペーン中

もうひとつの嬉しい特典が、2019年4月から始まった取り引き量によって「Tポイントがたまる」というシステムです。たまったTポイントはもちろん買い物にも活用することができます。基本的に「1万通貨の取り引きでTポイントが1ポイント」もらえます。

付与されるTポイントはステージによって異なり、前月の取り引き量が「20回以上または100万通貨以上」だとスタンダードからプラスというステータスになり、貰えるTポイントは倍になります。さらに前月の取り引き量が「300回以上または500万通貨以上」だとロイヤルのステータスになり、貰えるTポイントは1万通貨につき3ポイントになります。

Tポイントをためている人にとっては、FXによって為替差益を得ることができるだけでなく、ポイントもためられるので一石二鳥です。

また、新規口座開設のキャンペーンも行っており、開設月の翌々月末までの取り引き量によってキャッシュバックの金額が変わってきます。100万通貨だと2,000円、500万通貨だと1万円、1,000万通貨で16,000円、1,500万通貨で27,000円のキャッシュバックです。

Tポイントがたまる
・アクティブなトレーダーだと1万通貨でTポイントが3ポイント
・最大27,000円のキャッシュバックキャンペーン中

 

YJFX!

公式サイト:YJFX!(ヤフーグループのFX会社)

YJFX!の評判とメリット・デメリットのまとめ

このようにYJFX!はスプレッド、スワップポイントともに満足できる設定になっており、トレードプラットフォームが使いやすく、さらにTポイントが貰える特典もあるのです。これからFXを始めるのであれば、開設しておきたいFX会社になります。ぜひうまく、YJFX!のメリットを有効活用して、大切な資産を増やしていきましょう。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!