こんにちは、鈴木です。

金融業界で働かれている方や、企業の財務部門などで働かれている方で、キャリアップやスキル獲得のために『証券アナリスト』の資格取得を考えている方も多いのではないでしょうか?

証券アナリストは、投資分野でのプロフェッショナルの資格であり、資格の学習を通して、企業財務分析や、マクロ・ミクロ経済、投資理論、資本市場や金融商品の仕組みまで、幅広い知識を得ることが出来ます。

そこで今回の記事では、証券アナリストの取得を目指される方向けに、元銀行員の私が合格するための勉強法をまとめていこうと思います。

証券アナリストとは?

証券アナリスト(CMA)とは、公益社団法人 日本証券アナリスト協会が実施している試験に合格すると認定される民間資格です。

証券会社や銀行、保険、資産運用会社などの運用部門で取得される方が多い他、商社やメーカなどの一般事業会社の財務部門の方でも、受験されている方がいます。

ちなみに、似たようなもので日本テクニカルアナリストという資格もありますが、こちらは投資業界ではあまりメジャーではないです。

また、証券アナリスト(CMA)は国内で通用する資格であり、ワンランク上の米国証券アナリスト(CFA)や国際公認投資アナリスト(CIIA)を次に目指される方もいます。

証券アナリストになるメリットは?

「証券アナリストの資格取って何か意味あるの?」と思われる方もいるかもしれませんが、私は結構メリットはあると感じます。

証券アナリストになるメリットは以下の3つ

① 学習を通して投資業務の知識が身に付く
② キャリアアップの武器になる
③ 名刺に記載できる

 

それではそれぞれポイントをまとめてみます。

① 学習を通して投資業務の知識が身に付く

運用の実務経験ゼロの方が、証券アナリストの勉強をして資格取得したら、いきなりその仕事をするのは難しいでしょう。

また、資格に合格したからと言って、株やFX投資で勝てるようになるとは限りません。

ただ、資格取得の学習を通して、証券分析、ポートフォリオ理論、財務分析、企業分析、マクロ・ミクロ経済など、幅広い領域を学習していきますので、間違いなくスキルはアップするでしょう。

② キャリアアップの武器になる

二つ目は、キャリアの面で、「持っていて損はない」ということです。

証券アナリストの資格を持っているだけで、昇進したり、転職で上手くいくことはありませんが、自分の実績や実力に加えて、証券アナリストの資格保有がプラスアルファのアピールポイントにはなります。

また、学生時代に証券アナリストの資格を取得された場合、証券会社や銀行への就活で大きな武器になりますし、運用部門への希望も通りやすくなります。

③ 名刺に記載できる

そして三つ目のメリットは、名刺に「日本証券アナリスト協会 検定会員(CMA®)」と記載することが出来ます。

営業や取引先に訪問して名刺交換をした際に、資格や肩書というのは必ず見られますので大きな意味を持ちます。

例えば、公認会計士の名刺を渡されて、資格を持っている人が説明する会計の話と、ただ会計に詳しい人が説明する話では、説得力や信用力に差が出ることでしょう。

証券アナリストも同じで、証券会社の人などが営業をする際に、資格を保有しているということで営業やプレゼンに説得力を持たせることが出来ます。

資格取得までのスケジュール

(引用:証券アナリスト協会公式HP)

 

証券アナリストの資格取得までのスケジュールですが、協会の講座を受講した後、1次試験と2次試験を合格すれば、晴れて資格を取得することが出来ます。

1次試験は春(4月下旬)と秋(9~10月)の年2回、2次試験は春(6月上旬)の年1回開催されていますが、それぞれの試験を受験するためには、協会の講座を受講した年度の翌年に受けられますので、最速で2年ほどの期間を要します。

例えば、今が2018年11月だとすると、今から1次の受講を開始した場合、スケジュールは以下の通りです。

2018年11月 受講開始(まずは1次)
2019年4月 1次試験受験
2019年 1次合格後、2次レベルの受講開始
2020年6月 2次試験受験
2020年8~9月 合格 ⇒ 資格取得

※実務経験が無い方は、計3年の期間が必要

証券アナリストの資格難易度は?

証券アナリストの難易度ですが、以下の2つの点から解説します。

・学習する内容の難易度(試験の難しさ)
・合格するための難易度

まず、学習する内容の難易度ですが、これははっきり言ってかなり難しいです。

私は理系大学院卒で、メガバンクに入りましたが、1次のテキストを始めて学習した時、難しすぎてほとんど分からず「これは無理かもしれない・・・」と正直思ってしまいました(笑)

ちなみに、銀行や証券会社などの金融機関で働いている人であれば、内定者時代に「証券外務員1種や2種」の資格を取得し、私も少しは証券についてかじっていましたが、それでも初めて目にする難解な理論ばかりで苦戦しました。

また、「証券分析」などでは数式がたくさん登場するので、数学アレルギーの方からすれば相当ハードルは高いかもしれません。

 

ただ、内容はかなり高度で難しいのですが、実は試験に合格する難易度で見れば、そこまで難しくはありません。

1次試験、2次試験ともに合格率は50%前後で推移しており、合格率が10%の国家資格に比べれば簡単でしょう。

しかし、1点注意したいのが受験者層の質です。そもそも、証券アナリストを受けるのは、メガバンクや証券会社、生保、損保、商社、外資金融などで働いている高学歴の人たちが多く、地頭も良ければ勉強を得意とする人ばかりなので、合格率は高いですがそれを真に受けて臨まない方がいいかもしれません。

合格に必要な勉強時間は?

証券アナリストに受かるための勉強期間や時間ですが、1次、2次ともに3カ月間くらい勉強をすれば十分受かることが出来るでしょう。

以下は私のケースですが、1次、2次ともにだいたいこんな感じだったと思います。

平日:約1時間
休日:約5時間
1週間:約15時間
1カ月の学習時間:約60時間
合計(3カ月):約180時間

平日は仕事がかなり忙しかったり、飲み会が入ったりと、なかなか時間が取れなかったですが、その時は休日にまとめて学習していました。

他の受験生の平均学習時間も約200時間と言われているので、ご自身の理解度や進み具合に合わせて調整していくのがいいでしょう。

1次試験の概要

1次試験の内容は、以下の3科目です。

(1)証券分析とポートフォリオ・マネジメント
(2)財務分析
(3)経済

これは科目ごとに合否が決まるので、3科目全てに合格する必要があります。

また、ばらばらに受験できるので、春は証券分析だけ、秋は残りの財務分析と経済を受ける、なども出来ます。

私も一番難しくやっかいな証券分析は一番最初に集中して学習して合格し、その後に、残りの財務分析と経済を合格しました。

1次試験の勉強法やテキスト

1次試験に合格するための勉強法ですが、協会から配布される教材は分かりにくく難しいので、市販の教材を購入するのがベストです。

私はTACの以下の教材を購入して学習しました。

 

【証券分析】

 

【財務分析】

 

【経済】

 

そして、勉強法のポイントとしては、ひたすら問題集を解きまくり解答法を暗記するのです。問題集も以下のTACのテキストを使いました。

 

特にこれは2次試験にも言えることですが、合格が目的の場合、証券分析などの理論を全て完璧に理解する必要はありません。

大学受験の数学と似たところがありますが、理論を理解したところで、解法が分からなければ点が取れないと同じで、この資格も、解き方に特化した学習をしていくのが効率的です。

また、過去問題集の購入は必須と言えるでしょう。

過去問からは似たような問題が出題されるので、それらをマスターできるかどうかで、合否が分かれてきます。

2次試験の概要

2次試験の範囲は、実は1次試験とほとんど変わりません。

試験方式がマーク式から筆記試験に変わったことと、新しい科目で『職業倫理・行為基準』というものが加わります。

そして、2次試験は1年に1回開催され、4科目合計の総合点数で合否が決まります。

試験は午前210分、午後210分の合計420分の長丁場です。

配点は、420満点で、そのうち60点が職業倫理・行為基準です。

また、例えば、合否に達していても、職業倫理の点が低かったら不合格になるなど、バランスも考慮されるらしいので、まんべんなく学習していく必要があります。

2次試験の勉強法

2次試験で合格するためには、ネット上などの書き込みを見る限り、420点中半分の210点以上取れれば合格する可能性が高いです。

ここで合格するために最も力を入れなければいけない科目が、「職業倫理・行為基準」です。

この科目はかなり簡単であり、数日勉強しただけで8割は普通に取れます。

また、しっかり学習すれば9~9.5割は取れるので、それだけで54点~57点です。

なので、もし9割取ることが出来れば、残りの証券分析やコーポレートファイナンスで360点中156点くらい取れれば合格点に達します。

逆に、職業倫理で点が取れないと、証券分析やコーポレートファイナンスなどの骨のある問題で点を取らないといけなくなり、一気に合格が難しくなります。

 

そして、2次試験でも言えることですが、過去問から似たような問題が結構出ますので、それをしっかり取れるかどうかで合否が決まります。

過去問を分析すれば、必ずと言っていいほど、解法が同じで丸暗記すれば解ける問題が出題されます。

逆にそこを落とすと、見たことがないかなり難関な証券分析の問題などで正解しなければならず、厳しくなってきます。

 

2次試験の合格に必要なテキストはTACの教材と過去問題集です。

※以下は証券分析の教材

最速で合格する秘訣

ちなみに、私は最初は上記のテキストで勉強していましたが、途中からTACの通信講座に通って、動画コンテンツによる学習に切り替えました。

通信講座(オンラインスクール)を受講すると、全部で十数万円は最低かかりますが、動画で学習した方が圧倒的スピードで理解が進みますので、費用対効果は高いです。

テキストで文字だけで学習して悩み続け時間を無駄にするよりも、お金を払ってしっかりとしたプロから学んだ方が、結局はリターンが大きいです。

証券アナリストに限りませんが、自己投資はどんどんできるかどうかで、その後の人生は大きく変わっていくと言えると思います。



今だけ、テクニカル分析の代表格、【限定】ライン分析の学習教材(動画3時間超、テキスト91ページ)を無料プレゼント中! FXブロードネット
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。