FXで安定して稼ぎたいならば、ファンダメンタルズの情報を仕入れることは必須です。

今回は、元大手銀行(メガバンク)で為替ディーラーを経験し、現在は個人投資家として活躍する筆者が、本当に役に役に立つFX情報サイトを厳選しました。

本気でファンダメンタルズを勉強したい方にとっては、間違いなく役に立つ情報が満載のサイトです。

 

私が銀行で為替ディーラーをしていた頃は、BloombergやロイターEikonという情報端末を使って世界中の出来事やニュースを瞬時に入手出来たり、また、多くの外資系証券会社のエコノミストやアナリストのレポートももらえたので、マーケット情報に困ることはありませんでした。

しかし、個人投資家になってから、最初は一気に情報の質や量が減ったので、いろいろ苦労したものです。

以下に乗せてあるのは、信頼のおける情報サイトのみですので、是非参考にしてみてください。

 

銀行が発行するレポート

各メガバンク(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)のマーケット部門が発行しているレポートです。

日次や週次のレポートが充実しており、ディーラーやエコノミストなど、金融市場の最前線にいる人達の考えが分かるので、非常に参考になります。

また、各銀行で意見が分かれることも多々あり、面白い。

ちなみに私もこのどこかの銀行で、レポート執筆業務に携わっていた時がありました(笑)

三菱東京UFJ銀行 「経済・産業レポートとマーケット情報」
三井住友銀行 「外国為替情報」
みずほ銀行 「為替相場情報」

証券会社とは異なり、口座開設していなくても、無料で見れますので、有難いですね。

金融・経済の情報サイト

以下は世界を代表する金融・経済の情報サイト。トレーダーなら絶対にチェックしておかなければならないサイトですね。

Bloomberg
トムソン・ロイター

FX専門の情報サイト

以下のFX専門の情報サイトも、非常に高頻度で、高品質の記事がアップされているので、相場のキャッチアップをしたいときは不可欠なサイトです。

特に、「Klug(クルーク)」では、NY時間の動向などを6~7時くらいにアップしてくれているので、私も朝起きて相場動向をチェックするときは、必ずKlugを見ています。

FX外国為替情報のKlug(クルーク)
ZAi FX

以上、非常に信頼におけて役に立つ情報サイト7選でした。

是非、参考にしてみてください!(^^)!


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「DMM FX」「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

最大手なら DMM FX
DMM FX
DMM FXの特徴
口座数国内No1(70万超)
業界最狭水準のスプレッド
10,000通貨単位と資金がやや必要
24時間サポート受付(平日)

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。