こんな疑問を解決!

  • FXの勉強時間はどれくらい必要?
  • 初心者が勝つために必要な期間は?
  • 効率的な勉強法は?

FX初心者が利益を出せるようになるのに、どのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか?

FXの利益だけで生活していくには、かなりの知識と経験が必要になります。数か月の浅い経験では厳しいでしょう。

しかし、副業として、不労所得を得ていく分には、そこまで時間をかける必要はありません。

今回は、FX初心者が稼げるようになるためには、どのくらいの勉強時間が必要なのか、どのように勉強していくべきなのかについてお伝えしていきます。

ぜひ参考にしていただいて、FXで利益の出せるトレーダーを目指していただきたいと思います。

この記事の監修者
suzuki_gazou

鈴木 拓也

  • 公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定アナリスト
  • 東京工業大学大学院修士課程修了(工学修士)
  • 三井住友銀行の本店・香港支店で為替ディーラー業務を経て投資家/実業家に転身
  • 株式会社フィンテラス代表取締役
 

FXで勝てるようになる勉強時間

FXで勝てるようになるには、どれくらいの勉強時間が必要なのか?

これは人により様々ですが、安定して稼げるようになるためには、『800~1,000時間』が1つの目安となります。

FX学習には『インプット』と『アウトプット』の2つの段階があります。

そして、最も大事で時間がかかるのがアウトプット学習の方です。

FXの学習

  • インプット:FXに必要な知識を吸収する
  • アウトプット:得た知識を実践トレードで使う

まずはインプット学習から解説していきます。

FXのインプット学習の必要時間

インプットは知識の習得であり、本やインターネットを利用することで勉強が可能です。

FXで勉強するべき分野としては以下の6つのカテゴリーがあり、それぞれ必要な勉強時間は以下の通りです。

勉強するべき分野と時間

  • FXの基礎:10~20時間
  • テクニカル分析:40~60時間
  • ファンダメンタル分析:40~60時間
  • 資金管理:20~40時間
  • 心理・メンタル:10~20時間
  • 投資の哲学:10~20時間

FXの基礎:10~20時間

FXの基礎とは、FXや外国為替市場の仕組み、そしてFX取引のやり方などの基本的な事項です。

これは、FX入門書を1冊読めば大方の知識は習得できます。

勉強時間も、5時間程度あれば、1冊は読めてしまうでしょう。

ただ、FXの実際のトレードの方法や、チャートの使い方など、慣れないうちはそれらの習得にも時間が掛かるので、FXの基礎習得に必要な時間は「10~20時間」が目安となります。

 

FXの仕組みについてはブログでも解説しているのでご覧ください。

記事:【FX入門講座】FXとは?を基礎から全8記事で元銀行員が解説!

テクニカル分析:40~60時間

テクニカル分析はチャートを分析して相場の将来の値動きを予想する手法です。

書籍や動画教材などを使い勉強をするのがおすすめです。

書籍を1冊読んだだけでは、まだ知識は十分とは言えないので、最低3~5冊以上は読むようにしましょう。

テクニカル分析の勉強に必要な時間は「40~60時間」くらいです。

 

書籍代を節約したい人は、FX会社の口座開設特典でプレゼントされるキャンペーンをご利用下さい。

記事:【書籍】世界一やさしいFXチャートの教科書1年生

記事:クイズを解いて勝率アップ! FX チャート&資金管理 実践トレーニング

ファンダメンタル分析:40~60時間

ファンダメンタル分析は経済や金融政策の動向を分析し、将来の為替レートの値動きを予想する手法です。

こちらも書籍や動画を使って勉強するのがおすすめです。

ただし、ファンダメンタル分析の動向は日々変化しており、書籍以外で新聞を読んだり、ニュースを聞いたりして情報をインプットする作業も必要です。

必要な勉強時間は「40~60時間」が目安となります。

 

ファンダメンタル分析の基本は以下の記事をご覧ください。

記事:FXファンダメンタルズ分析で勉強すべき3大項目と役立つ情報源を紹介

資金管理:20~40時間

資金管理はテクニカル分析やファンダメンタル分析と同じかそれ以上に大事な項目です。

資金管理が出来ていないと、それだけでFXで負けるリスクが高まります。

まずは1冊書籍を使って勉強をしましょう。必要な時間は「20~40時間」が目安となります。

 

資金管理については以下の記事をご覧ください。

記事:【知らないと破産!】FXの正しい資金管理とリスク管理方法を解説

心理・メンタル:10~20時間

心理・メンタルは、FXをしていくうえで、負けた時にどのようにメンタルを回復していくのかを学ぶことです。

FXの世界は「100%」稼げることは無く、どんなプロでも負ける時があります。

そこで、メンタルが不安定になってしまえば、負けが更に続く可能性もあります。

強靭なメンタルを手に入れ、負けに動じない精神力を得ましょう。

投資の哲学:10~20時間

投資の哲学とは、『思考法』や『心構え』となります。

FXで結果がでる人と出ない人とでは、両者に明確な思考法や心構えの違いがあります。

巨額の利益を稼いだ投資家は、どのような考えで相場に臨んでいたのかを知ることで、自分自身もレベルアップすることが出来ます。

FXのアウトプット学習の必要時間

FXのインプットに必要な時間は「200時間」くらいあれば、一通りの知識を習得することができます。

しかし、それだけではFXで勝つことはできません。

学んだ知識を実際のトレードで使って、はじめて知識を自分のものにできるのです。

そして、FXの世界ではこれが一番難しいです。

頭では分かっているけど、自分のお金が絡み、欲望で目がくらんでその通りに実行できないのです。

また、お金が減る恐怖を覚え、なかなか学んだ通りにFXが出来ない人もいます。

なので、アウトプット学習に必要な時間は、インプットと同じかそれ以上の時間が必要です。

毎日5時間トレードを6か月間行うとして、600時間(20日×5時間×6カ月)が一つの目安です。

もちろん、その時間を勉強したからと言って、必ずしも成果が出るわけではありません。

これはスポーツと同じで、人によってはもっと時間がかかる人もいれば、逆に少ない時間で成果が出る人もいます。

効率的な勉強方法

それではここからは具体的にどのように勉強していけばいいのかについて解説をしていきます。

特に重要なのが、PDCA(計画→行動→振り返り→改善後の行動)を意識することです。

失敗を成功に繋げること

ただし、やみくもにFXのトレードを繰り返せば、成功できるようになれるというわけではありません。

世界有数のトレーダーたちも、FXを始めた頃は、損失を出してロスカットなどの憂き目にあっています。

問題は、「そこから何を学べるか」でしょう。

GEの創始者的存在であるトーマス・エジソンも、世界的な発明王となるまでに多くの失敗を経ています。

彼は「私は失敗したことがない。ただ、一万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ」と述べています。

成功を掴むためには、失敗をいかに糧にするかが鍵を握っているのです。

ビジネスシーンで成果を出すうえで、「PDCA」は重要です。

Pは「Plan」「計画」、Dは「Do」「行動」、Cは「Check」「振り返り」、Aは「Action」「改善後の行動」になります。行動した後に、結果の振り返りが大切なのです。

これを徹底することで、同じ失敗を繰り返さなくなります。

失敗を積み上げた先に、安定した成果を出せるステージがあるのです。まさに失敗は成功の基です。

振り返りのポイントは、「自分のテクニカル分析がどこまで通用したのか」、「自分のファンダメンタルズ分析がどこまで通用したのか」、「メンタルコントールを的確に行い、自分で決めたルールをどこまで忠実に実行できたのか」という点になります。

参考記事:FXで勝てる人と負ける人の『行動・思考法』の違いとは?

まとめ

以上のことを意識して行っていけば、FXの基礎知識を学ぶの最速で1週間ほど、実践の中で勉強していくのに一ヶ月ほどで利益を出すことができるようになります。

ただし、そこから安定して勝っていくためには、インプットとアウトプットを重ねて「800~1,000時間」の勉強時間が目安となります。

是非、書籍やブログを活用してインプットを行い、実践のトレードに活かしていきましょう。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!