FX初心者FX初心者

為替の仲値(TTM)って何ですか~!?

T-yaT-ya

一言で言うと、銀行が毎営業日に発表する基準レートのことだよ~!そのレートをもとに、企業や個人が銀行と為替取引をするんだ~。仲値の時間帯は、アジア時間で最も為替が動く時間帯なんだ!

では、メガバンクで為替ディーラーを経験したプロが、仲値について解説するよ!

FXトレーダーならば、必ず意識しておかなければならないアジア時間の時間帯に、「仲値の決定時間(9時55分頃)」があります。

今回は、仲値とは何か?どのような理由で為替相場が動くのか?について説明したいと思います。

 

仲値とは何か?

仲値(なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国為替取引を行う際に基準として使用されるレートのことです。

仲値(TTM)を基準にTTS(銀行の外貨売り)とTTB(銀行の外貨買い)のレートが決められ、個人や企業などはそのレートを元に外貨を売ったり買ったり出来ます。

以下、みずほ銀行が毎日公表している各国通貨公示相場のページです。

https://www.mizuhobank.co.jp/rate/market/quote/index.html

 

FX初心者FX初心者

でも為替って刻一刻と変動していますよね~!?どうしてこんな仲値なんてものがあるんですか?

T-yaT-ya

いい質問だね!私もメガバンクで為替ディーラーをやっていたんだけど、為替はすぐに変動するから、両替をしたい企業にとってはいつもレートをチェックしているのは大変なんだ。だから、この日本時間の9時55分に決まるレートで取引しましょうっていう風習が出来たわけだよ。

もちろん、仲値を使わないで、タイミングをとらえて為替取引をしている企業もあるけど、人も技術も求められるし、仲値を使えばたんたんと為替取引を行っていくことができるからね。

どのような背景で仲値の時に為替相場が動くのか?

一般企業は日々刻々とレートが変動する為替相場をずっと見ていることは難しいため、9時55分に決定される恣意性の入らないレート、つまり仲値のレートでドルを買うまたは売るなどの注文を銀行や証券会社に事前に出しておきます。

そして特に各メガバンクには大企業から大口のオーダーが集まり、ディーラーは9時55分に決める仲値に向けてそれらのオーダーを市場でサバきにかかります。

例えば、顧客のドル買い円売りオーダーが正味でUSD100Mioあったとしたら市場からUSD100Mioを買わなければなりません。

ここで、仮に全ての銀行にドル売り円買いのオーダーよりもドル買い円売りのオーダーの方が多く預けられていたとしたら、各ディーラーは一斉にドルを買って円を売るため、ドル円は仲値の決定時間にかけて上昇(円安)します。

 

例えば、以下のチャートは、ドル円の1分足のチャートですが、仲値を決める9時55分にレートが急落(ドル安円高)しており、マーケット全体の仲値のオーダーは、企業のドル売り円買いの方が多かったのだと分かりますね。

 

また、特に、月末にかけては為替の取引高が増加しますので、仲値の時間帯に相場が一時的に大きく動く場合が多々あります。

しかし、ことはそう単純ではなく、A銀行にはドル買いオーダーが多いが、B銀行にはドル売りオーダーが多いという場合も相応にあり、9時55分にかけては各ディーラー同士で激しい攻防が繰り広げられるのです。

FX初心者FX初心者

なるほど~!ちなみに、仲値で円安か円高のどちらに行くか予想することって出来るんですか~?

T-yaT-ya

ネットを見ると、ディーラーを経験したことも無い素人が色々言ってるけど、それは予測困難だよ(笑)だって、仲値の時間には、メガバンク3行や、信託銀行、外資系銀行など、たくさんの金融機関に円売りと円買いの注文が預けられる。当たり前だけど、各銀行に預けられている顧客の注文状況なんて知るすべはない。

その注文状況の傾きや、後はディーラーがどのタイミングでカバーを取るかによっても変動が変わるから、一概に〇〇になる、なんてことは言えないんだ!

まあ、間違っても仲値前にトレードすることは避けるべきだと思うよ。

FX初心者FX初心者

ありがとうございます!よく分かりました!