「さあ、今日から投資を始めて、資産形成をしていこう!」と決断しても、投資初心者は何から始めていけばいいのかわからないことばかりです。書籍を購入したり、ネットで調べたりするものの、「もっとわかりやすく具体的に細かく教えてほしい」という気持ちにもなります。

そこで興味を持つのが、様々な投資に対応した「セミナー」への参加でしょう。専門家が時間をかけて詳しく教えてくれるのです。まさに学校や塾で勉強するのと同じ状態ですね。質問を受け付けてくれる場合もあるので、疑問をすぐに解消することも可能です。

しかし、投資セミナーにもいろいろと種類があり、注意しなければ思わぬ事態に陥る危険性もあります。

どんなセミナーがあって、どのような点に注意していけばいいのでしょうか?

今回は、投資初心者がどうやって投資セミナーを上手く活用していけばいいのか、についてお伝えしていきます。

投資セミナーの種類や費用はどれくらいか?

それではまずは、投資セミナーにはどんな種類があるのか?そして、どれくらいの費用がかかるのか?について説明していきます。

事前にそれらをしっかりと把握しておきましょう。

投資セミナーの種類

投資セミナーといってもたくさんの種類があります。「株式」に特化したセミナーもあれば、「不動産投資」に特化したセミナーもあります。もちろん「投資信託」や、その中でも注目を集めている「NISA」や「iDeCo」に特化したセミナーもあるのです。「FX」や「外貨預金」といった外貨に関するセミナーもあります。金融商品だけでなく、「相場セミナー」といった現状の相場環境について、市場関係者の感想や見通しなどについて話を聞ける機会もあります。

何でもいいからとりあえず参加してみるというスタンスもありますが、ある程度投資の目的を明確にし、目的に見合ったセミナーを選んで参加してみるべきです。

 

投資セミナーの種類
・株式
・不動産
・NISAやiDeCo
・FX、外貨預金
・相場セミナー

投資セミナーの費用

例えば志望大学合格を目指す浪人生には、参考書や問題集を購入して、自分で勉強をひたすらするという方法もあれば、有名予備校に通って担任のコーチングを受けながら、一流の授業を受けて勉強するという方法もあります。

自分で勉強するのであればコストを抑えることができますが、視野が狭くなり、最新の受験情報もなかなか入手できないというデメリットがあります。有名予備校であれば、有効な勉強方法を習得でき、周囲と刺激も受け合い、情報もタイムリーで入手できます。成果は期待できますが、高額であるというデメリットもあります。

この点では、投資セミナーに関しては、大手証券会社のセミナーであっても「無料」で参加できるものが多数用意されています。開催場所としては東京、大阪、名古屋などに限定されてしまいますが、無料で経験豊富な専門家の話をじっくり聞けるのは、とても勉強になり貴重です。

もちろん有料のセミナーもあります。1回5,000円~3万円ほどコストがかかるセミナーもあれば、3ヶ月~1年間継続して参加するようなまさに予備校のようなセミナーもあります。この場合は金融リアルタイムライブで13万円、不動産投資実践で24万円、株式実践で32万円といったように高額です。

動画の投資セミナーを活用しよう

投資セミナーは様々な形態がありますが、投資初心者に最もおすすめなのが、動画セミナーです。

それではここからは、動画セミナーの概要と、実際に無料で受講かのうなおすすめセミナーを紹介していきます。

動画の投資セミナー

イオン銀行などは東北や北海道などでも無料セミナーを開催してくれていますが、多くは東京や大阪での開催になりますので、地方からの参加は大変です。

そこでおすすめなのが、「動画による投資セミナー」です。実際に現地に行ってセミナーに参加した場合でも、繰り返し自宅で勉強できるように、無料で動画セミナーを配信するサービスを行っているケースもあります。

これだと地方に住んでいてもインターネットを利用して、いつでも自分のタイミングで投資セミナーを受けることが可能です。一度聞いたのではよく理解できなかった部分も、何度も確認できるという点も動画セミナーのメリットと言えるでしょう。

マネックス証券の投資セミナー動画

手軽に受けられる動画投資セミナーでおすすめが、ネット証券会社として有名な「マネックス証券です。

マネックス証券

 

配信している投資セミナーの動画には、どのようなものがあるのでしょうか?

こちらでは年間およそ200本のオンラインセミナーが開催されています。投資初心者としてはとても勉強になる「市場の解説」や「投資テクニック」なども配信されています。誰でも見ることのできるセミナーもあれば、マネックス証券で証券口座を作っている人だけが特別に見ることのできるセミナーもあります。

2018年12月11日現在で、人気セミナーTOP5をご紹介しましょう。

5位 「米国株、教えて広瀬さん! なんでも質問できるQ&Aセミナー」

話をしてくれるのは、コンテクスチュアル・インベストメンツ・マネージング・ディレクターです。米国株についてのセミナーになります。

4位 「米国株入門セミナー 米国株を始めよう! 米国株投資の魅力とキホンを押さえる」

話をしてくれるのは、マネックス証券株式会社のマーケティング部です。

3位 「始めようマネックストレーダー入門」

話をしてくれるのは、マネックス証券株式会社のマーケティング部部長兼トレードステーション推進室長になります。

2位 「信用取引入門セミナー 第1夜」

話をしてくれるのは、株式会社インベストラスト代表取締役です。

1位「税理士が語る株式投資の税金、ここだけ要チェック」

話をしてくれるのは、足立公認会計士事務所代表です。

 

その他にも、様々な投資スタイルで勉強になるセミナーが、マネックス証券のサイトでは多数アップされています。

マネックス証券

投資セミナーに参加する時の注意点

上記で紹介した動画セミナーは、自宅で視聴するだけなので、投資初心者も安心して受けられます。しかし、会場などで行われるセミナーは今から説明する注意点もあるので気を付けましょう。

トラブルも多い投資業界なので、事前にリスクはしっかりと把握しておくことが大切ですよ。

少人数のセミナーは注意が必要

セミナーによっては、必要以上に金融商品を売り込み、購入するように誘導するのが目的になっているケースもあります。特に1対1の完全個別形式は注意が必要でしょう。大手の証券会社であればそういったリスクがほとんどありませんが、ほとんど聞いたことのないような会社が主催する10名以下の小規模のセミナーはあまりおすすめできません。

無料という言葉だけに反応して参加してしまうと、まったく興味のなかった金融商品をその場で購入させられたり、有料の高額塾に入学させられたりする危険性もあります。

無料でセミナーを行う企業側のメリット

無料でセミナーを開催する以上は、企業側にも目的があります。

大手証券会社は、有意義な情報を提供して、より信頼度を高めたり、自社のサービスを浸透させる狙いがあります。こういったセミナーは無料であってもかなり質は高いと考えていいでしょう。初心者向けだけでなく、中級者向けの分析方法なども教えてくれます。

資産運用のプロではなく、単純にその会社の営業部門の担当者がセミナーを開催する場合は、いかに勧めたい金融商品の有利さを伝えるかに重点が置かれ、それを聞くと、資産運用の選択肢が狭まるだけに終わる場合もあります。

「今始めるのがお得」、「限定の商品」、「悩むだけ損」、「絶対に儲かる」といったキーワードを連発しているようなセミナーは警戒すべきです。

どんな会社が主催するセミナーなのか、どんな立場で、どんな実績のある人が担当するのか、どれくらいの規模なのか、といった点を確認してから参加するのがいいでしょう。

初心者におすすめの投資セミナーまとめ

まずは、手軽に始められる大手証券会社の無料動画のセミナーから参加してみるのがいいのではないでしょうか。また、実際に参加する場合も、豊富な運用実績のある担当者による相場の状況報告はとても勉強になります。

投資セミナーを上手に活用できれば、視野も広がり、貴重な情報を入手できますので、今後の投資の成果も変わってくるでしょう。ぜひ有効な投資セミナーを選んで参加してみてください。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。