バイナリーオプションの戦略として使えるツールやソフトが販売されています。初心者の方は、より安易に稼げると判断し、バイナリーオプションのツールを利用したいと考えるかもしれません。

しかし、多くのバイナリーオプションのツールやソフトは、よくわからない挙動を持っているだけでなく、利用しても必ずしも稼げないというデメリットもあります。

そこで今回の記事では、バイナリーオプションの自動で取引するようなツールやソフト類に手を出さないほうがいい理由と、それらソフトの概要について説明します。

(全てが危険なわけではありませんが、「必ず勝てるソフトが無い」以上、導入は慎重に行うのが無難です。)

 

<この記事で分かること>
・バイナリーオプションのツールって、結局どうなの?
・バイナリーオプションのツールのリスクについて分かる
・バイナリーやFXで稼ぐ方法が分かる

 

バイナリーオプションツールの概要

バイナリーオプションのツール

バイナリーオプションで取り扱われているツールは、価格が1万円から3万円程度の商品が多くあります。高額なものだと数十万円で売られています。これらのツールをインストールすると、このタイミングで取引を開始してくださいというシグナルが表示されます。

シグナルに沿って、ユーザーは取引を開始して、一定の時間が完了すると利益を得られるというものです。

販売されているツールによって、どの場面で購入すべきなのかの指標は変わります。また、シグナルのタイミングも変化しており、一定の条件が整わない限りは表示されません。表示されたタイミングで購入しておけば勝てるというのが、バイナリーオプションのツールです。

一見すると、バイナリーオプションのツールは非常に便利なもののように感じられます。自動的にスタートさせるタイミングがわかったり、勝つための取引手法を教えてくれるなど、ツールを利用していると初心者でも勝ちやすい印象を持たせています。

しかし、バイナリーオプションのツールには、デメリットという形で以下の問題が隠されているのです。

その1:バイナリーオプションのツールは海外の取引でしか使えない

海外でのみバイナリーオプションツールは使える

日本でもバイナリーオプションは行われていますが、その取引は最低でも2時間に1回ペースと決められています。2時間未満での判定が行われることを禁止しており、バイナリーオプションは取引時間が相当長い方法です。

実は海外でもバイナリーオプションが行われています。海外では日本の法律が適用されませんので、短時間での取引を可能にしています。1分で取引が完了する方法もあるので、短時間で多くの利益を得られるのです。なお、日本とはお金の支給方法が異なっており、提示された倍率による配当が得られます。

 

大半のバイナリーオプションツールは、海外の取引をベースとして作られている関係上、日本のバイナリーオプションでは利用できません。日本のバイナリーオプションと海外のバイナリーオプションは別物と言えるくらい、ルールに大きな違いを持っています。

ツールやソフトが提供している指標は、海外でのバイナリーオプションで利用するものです。日本のバイナリーオプションでは全く機能させられず、ただ無駄なお金を払ってしまうだけなのです。

 

バイナリーオプションについては、以下の記事もご参考下さい。

記事:FXとバイナリーオプションの違いを徹底解説!どちらが儲かるのか?

その2:ツールを利用しても勝てるわけではない

絶対に勝てるわけではない

当然のことかもしれませんが、バイナリーオプションのツールを利用しても必ず勝てるわけではありません。ツールは勝率を上げるための方法を伝授するだけで、実際に確実に勝てるという状況は作れません。一定の割合で負けてしまったり、急な相場変動では通用しないなどの問題も抱えています。

「確実に勝率アップ」「導入すると確実に稼げる」などのフレーズが使われて、バイナリーオプションで勝ちやすくなるようなイメージで販売されるツールも多数あります。しかし、勝てる確率は上昇するかもしれませんが、確実に勝つことが可能になるツールではありません。間違っても勝つためのツールという認識は持たないでください。

 

以上のデメリットのように、バイナリーオプションのツールにはデメリットが存在します。初心者にとっては、知らない取引方法を教えてくれるツールとして使えるかもしれませんが、利用しても勝てるわけでもありません。購入費用もかなり高い傾向があるので、無理をして手を出す必要はありません。

 

バイナリーオプションツールの概要
・海外の取引でのみ有効
・ツールを使えば「絶対稼げる」「楽に儲かる」ということはない

バイナリーオプションの違反ツールは取引を止められる恐れも

違反で取引停止のリスク有

バイナリーオプションのツールでは、MT4のように使っても特に問題にならないツールも扱われています。MT4は、自分で指標を作って取引を開始するもので、利用してもトラブルが起きるものではありません。

しかし、無償で提供されているツール以外は、違反ツール扱いを受けています。日本のバイナリーオプションでも取引では使えず、海外のバイナリーオプションでは利用した時点で規制の対象になります。せっかく取引を上手に行えると思ったら、バイナリーオプションのアカウントが停止されたり、得られていた利益が全額没収となるケースもあります。

MT4(メタトレーダー4)のダウンロード方法(完全無料)は、【MT4とは?ダウンロード方法と使い方マニュアル【動画付き】】をご参照ください。バイナリーオプションの取引は出来ませんが、チャート分析やツールを起動することが出来ます。

 

どうしてバイナリーオプションのツールは違反扱いになるのでしょうか。海外のバイナリーオプションでは、ツールによって大きな損失を計上する会社も多々存在し、バイナリーオプションの運営ができないトラブルも抱えています。その最大の原因が違反と扱われているツールです。このツールを食い止めなければ、バイナリーオプション自体は運営ができないと判断し、利用しているユーザーに対しては厳しい処分を行っています。

海外のバイナリーオプションを中心に、利用しているユーザーに警告、得られている利益の募集などの処分だけでなく、最悪のケースではアカウント自体を削除する方法も取り入れています。販売されているバイナリーオプションのツールは全て違反扱いとされる商品ですので、導入していくと次々とアカウントが削除されてしまい、ほぼ全ての取引所で規制を受けてしまうでしょう。

 

バイナリーオプションツールのリスク①
バイナリーオプションの業者によっては、ツールを禁じているところもあり、違反には取引停止のケースもある

ツールやソフトが稼げず高額なものが多い

高額ツールに注意

ツールやソフトは、高額な価格で販売されています。中には30万円を超える商品まで販売されていて、本当にこれだけの金額を払って勝てるのかと不安に思っている方もいるでしょう。

先ほども説明した通り、販売されているツールは違反扱いとなり、バイナリーオプションで導入していると次々とアカウントを止められてしまいます。そのため、払った費用を得られないまま、アカウントを止められてしまうケースが多いのです。せっかく高いお金を払って導入したツールも、結局バイナリーオプションのアカウントがなくなってしまえば意味がありません。

また、ツールやソフトに導入されているシステムは、本当に勝てる内容でもありません。中には全く勝率を上げることもなく、適当に取引の指標を表示しているだけの詐欺ソフトまで販売されています。初心者の方がいいものと考えて購入したのに、シグナル通りに購入しても全く勝てないという状態も多く、導入してもいい結果を得られないことが多いのです。

バイナリーオプションは、個人的に攻略法を身に着けていくことが一番大事であり、ツールなどの便利なものを利用してもあまり効果的ではないことを理解してください。同時に、ツールやソフトの販売については、基本的にアフィリエイトなどの報酬を得るために行っているケースが多く、勝てる内容で販売しているものも非常に少ないのです。初心者は手に取らないようにしてください。

 

バイナリーオプションツールのリスク②
高額ツールには詐欺的なものが多く、うたい文句は派手だが、結局稼げないものが多いので注意が必要

バイナリーオプションのツールやソフトは後出しじゃんけんをしているだけ?

バイナリーオプションツールは稼げない

実は、バイナリーオプションのツールなどは、チャートの状況を確認してからシグナルを出しています。シグナルを出すための条件として、これまでの状況をすべて確認しているので、取引のタイミングを逃しているケースも多くあります。つまり、自分でローソク足などを確認しているほうが、取引のタイミングは作りやすいのです。

多くのソフトが導入している方法は、ローソク足などのチャートが一定の条件に達した段階でシグナルを出します。このシグナルのタイミングで購入しておけば、勝率が劇的にアップするというものです。しかし、ローソク足が条件通りに進んだとしても、その後のチャートについては全く予想していないソフトが多く、思っていたような方向にチャートが動かない場面も多いのです。

実際のところ、バイナリーオプションのツールは後出しじゃんけんが非常に多く、本来であれば勝てるタイミングはもう少し前にあります。そのタイミングを初心者は上手に掴めず、ソフトのシグナルに頼っていたことで、逆に負けが込んでしまうケースも多いのです。つまり、ソフトなどを導入しているユーザーは、勝率がアップすることも基本的になければ、稼ぐこともかなり難しいのです。

 

後出しじゃんけんなら確実に勝てるように思うかもしれません。しかし、バイナリーオプションの後出しというのは、その後の未来を見ているわけではありません。シグナルが表示されたタイミングで、次に起こりうることなどのソフトが予想しているわけがなく、あまりにも駄目なソフトだとまともなタイミングでシグナルを表示することもありません。初心者向けとされているツールなども含めて、導入しないことが望ましいでしょう。

なお、シグナルのタイミングというのは、いつどの場面で発生するのかわかりません。バイナリーオプションのツールは、24時間利用していないとあまり効果が得られないのです。深夜までバイナリーオプションの取引を行うのは難しいですし、何よりもツールのタイミングを待たなければならない辛さもありますので、導入するとストレスを溜める原因も増えてしまうのです。

 

バイナリーオプションツールのリスク③
ツールのクオリティーによっては、そもそもシグナルのタイミングがずれており、全く役に立たない場合もある

バイナリーオプションのツールは安易に手を出さない!

バイナリーオプションツール

日本で行われているバイナリーオプションでは、そもそもツールを利用して取引ができない仕組みが作られています。海外のバイナリーオプションは、ツールを利用すれば簡単と思われているかもしれませんが、販売されているツールというのはほとんど結果を出してくれません。

初心者をだますために販売されているツールやソフトも多数あります。バイナリーオプションの取引では、慣れやチャートの予測が最も重要なポイントです。ツールに頼るよりも、まずは挑戦する回数を増やしつつ、バイナリーオプションに慣れていくことが大事でしょう。

 

バイナリーオプションで稼ぎたい人は、為替の相場を予想するスキルを身につける必要があります。

以下、「ラインの王道」は、テクニカル分析の代表格であるライン分析について解説した教材です。FX会社の口座開設の特典でプレゼント中(完全無料)なので、ご活用下さい。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

当サイトの読者の方でも、過去に高額なソフトを買ったのに、当初期待されていた結果を全く出せず、お金の無駄に終わってしまったという話が後を絶ちません。

もちろん、全てが全て使えないツールであるとは思いませんが、ツールを購入して「楽に稼ぎたい」という気持ちがあれば、盲目的に商品を買ってしまうリスクもあるので、今一度立ち止まって慎重に考えていきましょう。

バイナリーオプションを行うにしても、FXトレードの基礎知識やスキルは必須ですので、是非、「FXトレーディングカレッジ」をお役立て下さい。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「DMM FX」「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

最大手なら DMM FX
DMM FX
DMM FXの特徴
口座数国内No1(70万超)
業界最狭水準のスプレッド
10,000通貨単位と資金がやや必要
24時間サポート受付(平日)

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。