投資初心者投資初心者

為替相場の変動要因を学びたいです。

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

それでは為替相場が変動する主な要因を解説していくよ!

「為替相場ってそもそもどんな要因で変動するんだろう?」

FXをこれから始める人やビジネスで初めて為替と関わる人にとって、為替相場がどんな背景で動くのか知りたい方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、メガバンクで為替ディーラーを経験し、外国為替市場の最前線を経験してきた筆者が、「為替相場がそもそもどうして変動するのか、その理由と要因」について初心者でも理解できるように説明していきます。

今回の記事を最後まで読めば、複雑そうに思える為替相場をスッキリ理解することが出来るでしょう。

<今回の記事で分かること>
・為替相場が変動する4つの要因が分かる
・それぞれの要因を理解し、今後の為替相場分析のスキルが上がる

 

為替相場が変動する要因を動画で学ぶ

動画で為替相場が変動する要因について分かりやすく解説をしていますので、視聴できる方はご覧ください。

為替相場が変動する4つの要因

為替相場が変動する要因は挙げれば切りがありませんが、大きく分けると4つの要因が挙げられます。

初心者の方は、まずはこれらをしっかりと理解しておけば十分でしょう。

外国為替相場には世界中の数多くの参加者(プレイヤー)が存在しており、相場感もプレイヤーの数だけ分かれます。例えば、為替の売買をして為替差損益を狙う機関投資家やヘッジファンド、輸出企業や輸入企業のいわゆる実需の企業、個人のFXトレーダー等々、さまざまなプレイヤーが存在し、彼らの為替の売買によって、相場が動いていきます。

そして、それらを踏まえた上で、為替が変動する要因を解説すると、以下の4つの要因に分類することが出来ます。

為替相場の変動要因
1. ファンダメンタルズ要因
2. 実需要因
3. 政治的要因(地政学的要因)
4. テクニカル要因(心理的要因)

 

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

為替変動要因①:ファンダメンタルズ

ファンダメンタルズ要因とは、経済の状況や金融政策の動向によって為替が変動することです。

具体的には以下のような事例が挙げられます。

  • 米国の景気が拡大→中央銀行が金融政策を引き締め→米ドル金利が上昇→米ドル買い
  • 中国景気が減速→中国から資金を引き揚げる動きが加速→人民元売り外貨買い

基本的に、為替の大きなトレンドを決めるのは、このファンダメンタルズ要因だと考えていいでしょう。というのも、為替相場のトレンドは、基本的に巨額のマネーを動かす機関投資家(生保や銀行等)やヘッジファンドなどの動きに左右されるものであり、彼らは何を重要視しているかというと、ファンダメンタルズ分析だからです。

短期筋の売買が相場を動かすこともありますが、その後、機関投資家やヘッジファンドなどが動かない限り、大きなトレンドは発生しないでしょう。

 

ファンダメンタルズについて詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

関連記事:FXファンダメンタルズ分析の基本と情報源

為替変動要因②:実需

需給要因は、輸出企業や輸入企業など実需に絡む外国為替取引が相場に影響を与えることです。

例えば、以下のような具体例が挙げられます。

  • 日本の輸出が拡大→外貨売り円買い取引の増加
  • 日本企業によるM&Aが拡大→外貨買い円売り取引の増加

これは、例えば「ゴトー日(5と10が付く日。商習慣から日本企業の為替取引が集中)」や「仲値」、「月末や期末」などの時期は、実需に絡む取引が集中しますので、為替相場がいつも以上に動くことがよくあります。

為替変動要因③:政治的(地政学的)

政治的要因(地政学的要因)とは、各国の政変や紛争などが為替動向に影響を与えることです。

例えば、以下のような具体例が挙げられます。

  • プラザ合意でドル高是正措置→ドル売り円買い
  • アメリカでテロが発生→ドル売り

最近ですと、トランプ大統領が就任し、大規模なインフラ投資や大幅減税を掲げ、米国の景気回復期待が高まりましたので、それによってドルが相対的に強くなるということがありました。

また、北朝鮮がミサイルを発射すると、地政学的リスクが高まり、リスクオフから円高(円買い)が進みます。

 

なぜ、リスクオフで円高になるかについての詳細は、記事:リスクオフで円高(円買い)の理由は?北朝鮮リスク?をご覧ください。

為替変動要因④:テクニカル(心理的)

テクニカル要因(心理的要因)とは、チャートポイント付近でそれを意識した投機的な動きが出ることです。

例えば、「ドル円がサポートラインを割り込んだ→ドル売り円買いの加速」などが挙げられます。

テクニカル的要因は、短期筋のトレーダーや投機家が意識しているポイントでしょう。

 

FXのテクニカル分析について詳しく知りたい人は、以下の記事ご覧ください。

関連記事:テクニカル分析とは?

為替相場の変動要因のまとめ

以上を整理していくと、為替相場が変動する主な理由や要因は以下の4つが挙げられます。

為替相場の変動要因
1. ファンダメンタルズ要因
2. 実需要因
3. 政治的要因(地政学的要因)
4. テクニカル要因(心理的要因)

 

これらの要因が密接に絡み合って、為替相場が動いていますので、一つの要因だけ分析するのではなく、それぞれの要因を見極めた上で相場感を身に付けていくことが重要になってきます。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。