投資初心者投資初心者

リスクオフでどうして円が買われるんでしょうか?円って本当に安全資産なんですか~??

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

それは多くの人が最初に疑問に思うことだね。では、元メガバンク為替ディーラーの目線から、どうしてマーケットでリスク回避姿勢が強まった時に円が買われるか分かりやすく解説をしていくよ。これが分からないでFXをするのはかなり危険だから、しっかりと理解しましょう

よく新聞やニュースで「リスクオフの円高」「リスク回避の動きから安全資産の円が買われた」と言われていますが、いまいち理由がよく分からない方も多いかと思います。

結論から申し上げますと、実は、リスクオフの時に円を『安全資産』と思って買っている投資家なんて一人もいないのです。

今回は、元大手銀行(メガバンク)で為替ディーラーを経験し、実際の外国為替市場の最前線でリスクオフの円買いを見てきたプロの目線から、どうしてリスクオフで円高になるのかについて徹底解説します。

動画でリスクオフで円高になる理由を学ぶ

日本円は安全資産なのか?

リスクオフで円高(円買い)になる理由について説明する前に、日本の円が本当に安全通貨なのかについて考えてみたいと思います。

*ちなみに、リスクオフとは、金融危機や景気の大幅減速など、何か悪いことが起こり、投資家がリスクの高い資産から安全資産に資金を移す流れのことです。

 

日本の経済状態ですが、財務省が発表した経済データによりますと、日本の経常黒字額は約20兆円(平成29年2月)、対外純資産残高は+349兆円となっており、世界には経常赤字国や対外純資産残高がマイナスの国もあることを考えると、健全な状態であることが分かります。

一方、債務残高を見ると、これはメディア等でも頻繁に取り上げられている問題ですが、日本は大幅な債務超過の国であり、債務残高の対GDP比では232%と、他の米国やドイツ、英国などといった先進国と比べるとかなり高い水準であることが分かります。

このことからも、日本がデフォルトするかどうかの問題はさておき、日本の経済成長率がたいして高くない状況の中、世界中の投資家が日本を安全で魅力的な投資先だとして投資しているかと言われれば、答えは「No」です。

もしかしたら安全だと思って投資している投資家も極少数いるのかもしれませんが、彼らにより為替相場が動かされているかと言われれば、それは限りなくゼロに近いと考えていいでしょう。

それではなぜリスクオフで円が買われるのか??

それではどうしてリスクオフで円が買われるのかについて解説をしていきます。為替ディーラーとして外国為替市場の最前線を見てきて、リスクオフの円買いの理由についてたどり着いた答えは以下の二つです。

①リスクオフでの円買いが投資家の間で共通認識になっているため
②キャリートレードの巻き戻しが起こるため

では、それぞれについて解説をしていきます。

①リスクオフでの円買いが投資家の間で共通認識

最も大きな要因を占めているのが、「リスクオフの円買いのパターンが投資家の間で共通認識になっているため」でしょう。

昔は「有事のドル買い」などといった時期もありましたが、近年はリスクオフ時にドルよりも円の方が買われます。その理由としては、最近主流となっているヘッジファンド等によるアルゴリズムを用いた自動売買にて、例えば、「北朝鮮」「ミサイル発射」などのリスクオフのキーワードに即座に反応して「円買い」をする命令が組まれていることです。そして、それを知っている人間の投資家やトレーダーも、リスクオフの状況となれば、追随して円買いに走るためです。

 

では、リスクオフで円買いとなった、具体的な事例を見てみましょう。

以下は、2017年8月29日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した時のドル円の5分足チャートですが、「北朝鮮ミサイル発射」のニュースを受けて、ドル円が一瞬にして30銭ほど円高になっています。

これはFXトレーダーや為替マーケットを見ている市場関係者なら分かりますが、ニュースが流れたと同時に瞬時に為替が動くので、人間のスピードではとても追いつくことが出来ず、アルゴリズムの自動売買による仕業なのです。

そして、状況を把握した人間の為替ディーラーや個人FXトレーダーも、利益を得るためにその流れに乗って円を買ったり、またはもともと円安になるほうに賭けたポジション(外貨残高)を持っていたら負けてしまいますので、そのポジションを閉じる円買いを行うのです。

 

FXトレードで集団行動に逆らうことは危険であると皆知っていますので、「リスクオフ→円高」の共通認識がある今、何か悪いことが起きたら円を買おうという一つの行動パターンが出来上がっているのです。

リスクオフで円買い(円高)が起こる流れ

1.「北朝鮮」「ミサイル発射」などのワードに反応して、プログラムが瞬時に円買いを実施

2.それに追随して人間トレーダーも円買いを行う

 

②キャリートレードの巻き戻しが起こる

そしてもう一つの理由は、「ャリートレードの巻き戻しが起こるため」です。

キャリートレードとは、円などの金利の低い通貨で資金調達をして、それを外貨に換えて(円→外貨のFXが発生)、利回りの高い債券や株式で運用することです。

例えば、景気が良い時には、下図のように投資家が金利が低い円で資金を調達し、それを米ドルなどに外貨にFX(両替)をして、高利回りの外国債券や株式へ投資をします。この流れが強ければ、円からドルへのFXが頻繁に起きるので、円売り圧力が高まり、為替は円安にいきます。

 

今度は、逆に景気が悪くなった場合にはどうでしょうか?この場合には、先ほどの流れとは逆に、今まで積極的に高利回りの債券などに投資をしていた投資家が、一旦リスクを抑えるためにそれらの資産を売却して、お金を返済しますので、ドルから円へのFX(両替)が頻繁に発生します。

そうなると、外貨売り円買いのFXにより、為替は円高のほうに推移します。

 

 

FXのより詳しい詳細を知りたい方は、以下をご参考下さい↓
FX初心者の超分かりやすい入門講座「FXとは?」(第1回)

まとめ

以上、リスクオフで円高になる理由の説明でした。円を安全通貨だと思って買っている投資家はほとんどいなく(少なくとも、彼らによって為替相場は動きません)、リスクオフで円高(円買い)になる理由は以下の2つ

・リスクオフ→円買いのパターンが投資家の間での共通認識であるため

・キャリートレードの巻き戻しが発生するため

リスクオフで円高になる理由をしっかりと把握し、FXトレードでの勝率をあげていきましょう。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「DMM FX」「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

最大手なら DMM FX
DMM FX
DMM FXの特徴
口座数国内No1(70万超)
業界最狭水準のスプレッド
10,000通貨単位と資金がやや必要
24時間サポート受付(平日)

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。