お金を稼ぐためにFXを始めたのに、負けてばかりで資産がどんどん減っていく…。こんな初心者トレーダーは多いです。

この状況を打破するには、2つのことを知る必要があります。ひとつは勝ち組トレーダーの共通点を知ること。もうひとつはFXで勝つための普遍的な法則を知ることです。

今回はFXの勝ち方を知りたい初心者トレーダーのために、この2つについて詳しく解説していきます。

勝ち方がわからないなら勝ち組トレーダーの共通点を学べ

どうすれば勝てるのか?それを知りたければ、まずは勝ち組トレーダーの共通点を知る必要があります。まずは彼らの特徴を真似することにより、勝つための型を身につけましょう。

絶対勝てる方法はないことを知っている

よく相場の世界では聖杯はないと言われます。聖杯とは必ず勝てる手法のことを指し、どんなに必勝法を探しても、そんなものはこの世には存在しないことを意味します。

勝ち組トレーダーは、絶対に勝てる方法はないことを理解しています。それとは逆に、負け組トレーダーは絶対に勝てる必勝法を探し求めています。

もし、あなたがFXで稼ぎたいのなら、この大前提を受け入れなければなりません。FXで勝つためにできることは、少しでも優位性のある手法に継続してベットし続けることだけです。聖杯の幻想は今すぐ捨てましょう。

手法が確立している

勝ち組トレーダーは聖杯がないことを理解しつつも、優位性のある手法を確立しています。何となく気分で取引することはなく、事前に決められたルールに沿って取引します。

初心者の方は、何となく勘でトレードしてしまいがちですが、それではいつまでたっても資産を増やすことはできません。FXで勝ちたければ、まずは自分の取引手法を確立させましょう。

自己ルールを厳守

勝ち組トレーダーは自分の手法を確立しているだけでなく、事前に決められたルールを破ることなく淡々と取引を繰り返します。これは損切りや利食いだけでなく、資金管理などすべての自己ルールの厳守を意味します。

そもそも初心者トレーダーは、自己ルールすら決めていない場合がほとんどです。勝ち組トレーダーになりたければ、まずは取引手法の確立だけでなく、明確な自己ルールを決めましょう。そして、必ずそのルールを守るように心がけてください。

 

勝ち組トレーダーの共通点
① 絶対勝てる方法はないことを知っている
② 手法が確立している
③ 自己ルールを厳守している

FXで勝つために知っておくべき普遍的な法則

勝ち組トレーダーの共通点を徹底的に真似ることが、FXで勝てるようになるための近道です。そのうえで、FXで勝つための普遍的な法則を取り入れれば、初心者を脱することができるでしょう。

それでは早速FXで勝つために知っておくべき普遍的な法則を見ていきましょう。

FX初心者は法則に従った勝ち方を覚えること

先ほど、取引手法を確立して自己ルールを決めるべきだと言いましたが、具体的にどうすればいいのか分からないと思います。そんな時に役に立つのが、FXで勝つための普遍的な法則です。

この法則をテンプレートとして活用すれば、初心者の方でも自分のスタイルを決められるはずです。法則に従った勝ち方を覚えることができれば、自然と資産は増えていくでしょう。

初心者に最適なリスクリワードレシオ

相場で勝つためのコツは損小利大の取引を継続することです。損を小さくして、利益を徹底的に大きくする…この抽象的な言葉を数字に表したのがリスクリワードレシオです。リスクリワードレシオは、下記の式で求めることができます。

リスクリワードレシオ=平均利益÷平均損失

例えば平均利益が15,000円で、平均損失が10,000円なら、リスクリワードレシオは1.5になります。リスクリワードレシオが1を下回ると損大利小になり、1を上回れば損小利大になります。

初心者の方は、まずはリスクリワードレシオが1以上になるような取引計画を立てましょう。極端な話、リスクリワードレシオが1以上なら、コインの裏表でポジションを決めても(勝率50%)資産は増えていきますよ。

 

リスクリワードについて詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

記事:リスクリワードとは?初心者がFXで負ける理由を徹底解説

1%の優位性に継続してベットする

リスクリワードレシオは高ければ高いほどいいですが、通常はそれに伴い勝率が下がってしまいます。このバランスがFXで勝つための鍵になります。

世の中には様々な手法がありますが、初心者の方はまずは勝率50%以上を目標にしましょう。そのうえで、リスクリワードレシオを1以上キープできれば、資産は勝手に増えていきます。

勝率50%以上にするためには、優位性を見つける必要があります。ほんの少しの優位性でも、継続して使用することにより勝率を50%以上にすることができます。例えば、トレンド方向に順張りすることも、優位性の一つでしょう。

1回のトレードのリスクを適切に管理する

リスクリワードレシオを1以上に設定(利食いと損切りラインの設定)して、勝率が50%以上の優位性が担保されている手法にベットし続ければ、理論上は資産は右肩上がりに増えていきます。しかし、現実はそんなに甘くはありません。

勝率50%でも連続10回負けることは当たり前のように起こります。そのため、適切な資金管理ができていないと、統計の偏りが発生した際に破産してしまいます。これでは取引が続けられません。そうならないためにも、1回のトレードリスクを適切に管理することが大切です。

具体的には、勝率50%と想定して連続10~20回負けても、資産の8割が守れるように設定しておきましょう。20%以上のドローダウンは、元の資金に戻すのに大きな手間がかかります。資産の8割死守は一つのラインだと覚えておきましょう。

法則に従えば資産を減らすことは困難

リスクリワードレシオ1以上で勝率50%以上の取引を、安全な資金管理のもと行えば、数学上必ず資産は右肩上がりになります。この法則に従えば、資産を減らすことの方が困難です。

どのように勝つかを考えるより、まずはこの法則に沿った自己ルールや手法を確立することが、FXで勝つためには大切です。ただし、これはあくまでも理論上の話です。

損切り利食いの設定でリスクリワードレシオはそれなりにコントロールできます。資産管理もコントロールできます。しかし、勝率だけは完全にコントロールすることはできません。これがFXの難しいところです。

不確定要素のコントロールの仕方

ここまで読んでわかる通り、不確定要素である勝利をどうコントロールするかが、FXで勝つための大きなポイントになります。

勝率とは手法の精度のことであり、この精度を向上させるか?どれだけぶれないようにするか?が具体的な対策になります。

手法の精度をぶれさせない最善の策は、いくつもの手法を同時に採用することです。手法の分散をすることにより、最終的な精度の総計のぶれを小さくすることができます。(相場環境により、ひとつの手法が機能しなくなっても、他でカバーできる)

もうひとつの精度の向上についてですが、これは勝ち組トレーダーも日々勉強し続けて改善しています。当然、初心者の方も考え出した手法の定期的な改善は必須です。このことを怠れば、精度の劣化は避けられません。

不確実性をコントロールするためにも、この2つの対策をしっかり行いましょう。

 

関連記事:【FX初心者必見!】勝てる人と勝てない人の行動パターンの違いとは?

 

FXで勝つための普遍的な法則
① リスクリワードが1以上になるようにする
② 優位性のある場所で勝負する
③ 1回のトレードのリスクを徹底管理する
④ 自己ルールを確立して順守する
⑤ 日々勉強し続ける

手法の精度向上にはFXの基礎知識が必須

初心者がFXで勝つためには、勝ち組トレーダーを徹底的に真似て、普遍的な法則に沿った手法と自己ルールで取引する必要があります。

特に大切なのは、不確実性である手法の確立です。こればかりは経験がものを言いますが、最低限のFXの基礎知識があることは必須です。最低限の知識ベースがなければ、アイデアすら生まれませんからね。

まずは初心者の方は、【FXは稼げる?初心者でもわかる始め方の教科書|元銀行員が解説】を参考にして、FXの基礎を身につけましょう。



今だけ、元メガバンク為替ディーラーのテクニカル分析教材(動画3時間超、テキスト91ページ)を無料プレゼント中!
The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

FXトレーディングカレッジのWebサイト編集部