よく新聞やニュースを見ていると「市場の利上げ織り込み」や「市場の見込む利上げ確率」という言葉が聞こえてきますね。

本日はこれらのワードの意味をしっかりと理解し、どのようにFXのトレードに活かすことが出来るかを見ていきましょう。

米利上げ織り込みとは?為替への影響は?

利上げ織り込みとは、市場がFOMCでどの程度の確率で利上げが実施されると見込んでいるかを図る指標のことです。

例えば、現在が7月とすると、次回9月のFOMCでの「利上げ織り込みが7割程度」ということであれば、市場は70%の確率で9月のFOMCで利上げされると見込んでいることになります。

為替への影響は、この利上げ織り込みが今後更に高まるか、または下がるかによって変わってきます。

例えば、米経済指標が強い数字が続き、利上げ期待が高まって、9月の利上げ織り込みが7割から9割に変化したら、金利が上昇してドル高になるので、ドル円は上昇します。

逆に、弱い数字が続けば、利上げ期待が剥落して、利上げ織り込みが7割から5割、4割と低下しますので、金利が低下してドル円は下落します。

米利上げ織り込みの調べ方 FED WATCH

米利上げ織り込みの調べ方は、「FED WATCH」のページを確認すれば、誰でも簡単に把握することができます。

http://www.cmegroup.com/trading/interest-rates/countdown-to-fomc.html/

下の図では、赤枠の箇所が利上げをした場合の確率を示しています。現在のFFレート(政策金利)は1.00-1.25%であり、現状維持が86.3%、1.25-1.50%への利上げが13.3%、1.50-1.75%への利上げが 0.3%と、読み取ることが出来ます。

 

FXトレードへの活かし方

さて、ではこれをどのようにトレードに活かすことが出来るのでしょうか?

利上げ織り込みが変化するときは、主に発表される米経済指標の内容、そしてFRB当局者からの発言内容によって変わってきます。

まずは、FED WATCHで現在の利上げ織り込みを確認しましょう。

そして、まだまだ利上げの織込み余地があるなら、今後発表される米経済指標やFRB高官発言の内容次第では、更に利上げ織り込みが進む可能性があるので、ドル円ロングを狙っていきます。

逆に、十分利上げを織り込んでいる場合には、逆にその反動で、ドル円が下落する可能性があるので、ドル円の下落を注意するか、ドル円ショートのエントリーを狙っていってもいいでしょう。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「DMM FX」「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

最大手なら DMM FX
DMM FX
DMM FXの特徴
口座数国内No1(70万超)
業界最狭水準のスプレッド
10,000通貨単位と資金がやや必要
24時間サポート受付(平日)

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。