こんな疑問を解決!

  • 米利上げ織り込みって何?
  • 利上げや利下げの確率を知る方法は?
  • FED WATCHを使ったFXトレード手法は?

今回はこんな疑問を解決していきます!

よく新聞やニュースを見ていると「市場の利上げ織り込み」や「市場の見込む利上げ確率」という言葉が聞こえてきますね。

FX初心者の方は、何それ?という状態でしょう。

そこで今回の記事では、元銀行員の筆者が「米利上げ織り込みの意味」や「利上げ(利下げ)確率を知る方法」について解説していきます。

この記事を最後まで読めば、ニュースやレポートを読んでも利上げ織り込みの意味が理解でき、FXのトレードに活かすことが出来るようになりますよ!

米利上げ(利下げ)織り込みを動画で学ぶ

米国の金融政策(FOMC)における、利上げ(利下げ)織り込みの意味を動画で解説(約6分)していますのでご覧ください。

 

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

動画をご覧になった方も、以下を読めば復習になりますよ。

米利上げ(利下げ)織り込みとは?

利上げ(利下げ)織り込みとは、市場がFOMCでどの程度の確率で利上げ(利下げ)が実施されると見込んでいるかを図る指標のことです。

例えば、現在が7月とすると、次回9月のFOMCでの「利上げ織り込みが7割程度」ということであれば、市場は70%の確率で9月のFOMCで利上げされると見込んでいることになります。

為替への影響は、この利上げ織り込みが今後更に高まるか、または下がるかによって変わってきます。

例えば、米経済指標が強い数字が続き、利上げ期待が高まって、9月の利上げ織り込みが7割から9割に変化したら、米金利が上昇して米ドル高になるので、ドル円は上昇します。

逆に、弱い数字が続けば、利上げ期待が剥落して、利上げ織り込みが7割から5割、4割と低下しますので、米金利が低下して米ドル円は下落します。

米利上げ(利下げ)確率の調べ方 FED WATCH

米利上げ織り込みの調べ方は、「FED WATCH」のページを確認すれば、誰でも簡単に把握することができます。

公式サイト:FED WATCH

 

下の図では、赤枠の箇所が利上げをした場合の確率を示しています。

現在のFFレート(政策金利)は1.00-1.25%であり、現状維持が86.3%、1.25-1.50%への利上げが13.3%、1.50-1.75%への利上げが 0.3%と、読み取ることが出来ます。

FED WATCHのFXトレードへの活かし方

さて、ではFED WATCHによる利上げ(利下げ)織り込みを、どのようにFXトレードに活かすことが出来るのでしょうか?

利上げ(利下げ)織り込みが変化するときは、主に発表される米経済指標の内容、そしてFRB当局者からの発言内容によって変わってきます。

まずは、FED WATCHで現在の利上げ織り込みを確認しましょう。

そして、まだまだ利上げの織込み余地があるなら、今後発表される米経済指標やFRB高官発言の内容次第では、更に利上げ織り込みが進む可能性があるので、ドル円ロングを狙っていきます。

逆に、十分利上げを織り込んでいる場合には、逆にその反動で、ドル円が下落する可能性があるので、ドル円の下落を注意するか、ドル円ショートのエントリーを狙っていってもいいでしょう。

まとめ

利上げ(利下げ)織り込みとは、市場で将来のFOMC(金融政策決定会合)でどの程度の確率で利上げ(利下げ)が実施されるかみなされているかを図る指標です。

利上げ(利下げ)織り込みは確率の%で示され、100%に近いほど、実施される確率が高いことになります。

また、現在の利上げ(利下げ)織り込みを調べるには、FED WATCHを使用します。

利上げまたは利下げの確率は、将来発表される米経済指標の内容やFRB関係者の発言で変わってきますので、それらを分析することでFXトレードの戦略に活用することができます。

 

FXのファンダメンタル分析について学習したい人は、以下の記事もご覧ください。

記事:FXファンダメンタルズ分析で勉強すべき3大項目と役立つ情報源を紹介



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!