FXで両建てをして意味があるのか?これは昔からトレーダーの間で意見が食い違う問題です。基本的にはFXで両建してもほとんど意味はありませんが、少なからずメリットがあるため、この問題に結論がでることはありません。

そこで今回はFXで両建てする基本的なデメリットと、数少ないメリットを紹介します。

FX両建て取引について動画で学ぶ

FXの両建てについて動画で分かりやすく解説をしていますのでご視聴下さい。動画が見れない人は、文章を読んでいきましょう。

FXで両建てする際のデメリット

何度も言いますが、基本的にはFXで両建てしても殆ど意味はありません。むしろ、デメリットのほうが目立ちます。

それはどんなものか?早速見ていきましょう。

スプレッド分だけ損をする

FXの手数料は基本無料ですが、売買する際のスプレッドが実質的な取引コストです。価格変動がなければ、買った直後に売ってしまうとスプレッド分だけ損することになります。コストの面だけ考えれば、両建ては意味がないどころか経費が増えるためデメリットです。

買っていたポジションを売ってしまうのも、元のポジションをそのままにして売りから入るのも、価格変動に対する損益に関しては同じことです。コストが2倍かかる事実を上回るメリットがない限り、FXで両建てをする意味はありません。

逆張りスキャルピング

両建てをしつつ、スキャルピングで両方のポジションで利益を得ようとする人もいます。これを必勝法か何かと勘違いしているトレーダーすらいるぐらいです。しかし、これには大きな落とし穴があります。

超短期売買であるスキャルピングは、必ず順張りでなくてはいけません。買った直後に売ってしまうのに、流れに逆らって逆張りで仕掛ける人なんていません。しかし、スキャルピングで両建てを外す際には、実質的に逆張りになってしまいます。

例えば、両建てになっているポジションを2つとも利益で決済しようとする場合、相場が動いている方向で利益になるものから決済することになります。片張りならこれでポジションがゼロになるため問題ありませんが、両建ての場合もう片方のポジションが残ってしまいます。そして、このポジションは現在の相場の流れと逆方向に利益が出るものです。

要するに、片方のポジションの利益を確定したのと同時に、実質的に逆張りでスキャルピングのエントリーをしていることと同じことになってしまいます。これも両建ての落とし穴です。

完全に相場を把握することが前提のつなぎ売り

スキャルピングがダメでも、もう少し期間が長めのトレードならどうか?そんな疑問を抱えている方のために、つなぎ売りについても見ていきましょう。

つなぎ売りとは、比較的長めの上昇トレンド中に買いポジションを持ちつつ、その上昇トレンドの一服(短い期間の下げトレンド)を売りポジションで細かくとる手法です。買いポジションを保有したまま何もしないより、買いポジションを保有しつつも何度も小刻みに売りで利益を積み上げたほうが稼げます。なお、売りポジションを保有している間は、両建てになります。

ただ、つなぎ売りで利益を積み上げるには、完全に相場の流れを把握することが前提です。実際にはそんなことができるはずもなく、たとえできるのなら、わざわざ両建てにする必要はありません。普通に片張りですべての価格変動を利用して利益を上げればいいだけです。

そもそも、つなぎ売りは大量の株式を保有している機関投資家の手法です。何らかの理由で保有している株を減らせない場合に、価格下落に備えるために使用します。個人のFXトレーダーには無縁の代物です。

イベント時の両建て手法はギャンブルでしかない

通常時には両建てしないけど、経済指標などの価格急変動が見込まれるイベント時に両建てを利用する人もいます。イベント前に両建てポジションの利確と損切りをセットして、そのままイベントを迎える手法です。

ただ、この手法は完全に価格変動に任せたギャンブルであり、経済指標の結果によっては、両方のポジションとも損切りさせられる可能性もあります。こんな不安定なロジックにわざわざベットする必要はないでしょう。

FXで両建てすることに意味はあるのか?知っておくべき数少ないメリット

ここまで読んでわかる通り、FXで両建てすることにあまり意味はありません。それどころかデメリットが目立ちます。

ただ、両建てに何の優位性もないかといえば、そんなことはありません。それでは両建ての数少ないメリットを見ていきましょう。

スワップポイントの鞘取り

ポジションを保有しているだけで損益に影響するスワップポイントは、各業者によって若干の違いがあります。この価格差を利用して、異なる業者間で両建てして利益を出すことをスワップポイントの鞘取りと言います。

これはFXで両建てする数少ないメリットの一つですが、確実に儲かるわけではありません。スワップポイントの変更や、価格の急変動によるロスカットなどのリスクが存在します。

また、両建てしたら完全放置というわけにはいかず、証拠金維持率のバランスをとるために、各口座間で資金を移動するメンテナンスが必要になります。

 

スワップサヤ取りについて詳しく知りたい人は、【スワップポイントサヤ取りとは?理論上リスクゼロで稼ぐ方法】をご覧ください。

プロスペクト理論を克服できる心理的テクニックとしての両建て

プロスペクト理論とは、一度手に入れた利益は早く確定しようとリスクを嫌うのに対して、一度被った損失に対しては事実を受け入れられずリスクを取り、損失が大きくなればなるほどリスクに鈍感になる人間心理のモデルです。

多くの投資家が、このプロスペクト理論と相反する損小利大を本能的にできないため、資産を減らしてしまいます。このプロスペクト理論を克服することは、勝ち組トレーダーになるために必須ですが、多くの経験が必要です。しかし、両建てをすることによって、このプロスペクト理論を簡単に克服することができます。

例えば、一定期間両建てしていれば、どちらかのポジションに一定の利益が出るでしょう。(もう一方は同じだけ損失)まずは、利益の出ているポジションから決済することになりますが、含み益が増えている=トレンドに乗っている時に、適当に決済してはいけません。完全にトレンドが変わり、含み益が減少している=もう一方のポジションの損失が減少しているときに決済してください。この時、両建ての一部決済は、事実上のトレンド方向への片張りでのエントリーと同じ意味を持ちます。

プロスペクト理論を克服していないトレーダーは、含み益がなくなるのを恐れて、トレンドの最中に適当に利確してしまいます。しかし、両建ての一部決済後に残っているポジションは、最初から含み損です。片張りでエントリーしている時と全く同じなのに、なぜかこの含み損のおかげで、すぐに決済してしまうことを防げます。

人は損失に対してはリスク好み、損を取り返そうという心理が働きます。この心理を逆手にとって損小利大を実現できるのは、両建ての数少ないメリットの一つでしょう。もちろん、片張りの時よりもスプレッド分のコストはかかりますが、含み益を伸ばせることを考えれば許容範囲でしょう。

まとめ:両建てするならロスカットすべき

基本的には、FXで両建てする意味はありません。両建てするぐらいなら、さっさと損切りするべきです。

ただ、プロスペクト理論を克服していないトレーダーにとっては、多少のコストを払ってでも、心理的優位性を手に入れることができるため、メリットがあるといえるでしょう。もし、あなたが損小利大のトレードができずに悩んでいるのなら、一度試してみてもいいかもしれませんね。





The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。