投資初心者投資初心者

FXって稼げないんですか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

確かに簡単には稼げないし、FXで成功している人がいる一方で、たくさんの人が挫折を味わってFXの世界から消えていっているんだ!今回は、なぜ多くの、特に初心者の人がFXで稼げないのかについて解説をしていくよ!

FXの世界では、9割のトレーダーが負け、残り1割のトレーダーが稼いでいると言われています。では、その負けているトレーダーは、どうして負けてしまっているのでしょうか?

今回は、某外資系FX会社が10万件以上のトレーダーのデータを分析し、明らかとなった「共通パターン」と、それらの背景について紹介したいと思います。

 

1. FXで負ける人に共通するパターンとは?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

FXの負け組には共通してあるパターンがある。何だと思う?

投資初心者投資初心者

う~ん、すぐ感情的になるとか、単純に勉強不足でトレードのスキルが足りないとかですかね?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

それもあるけど、特に顕著なのがリスク・リワードの設定だよ!

10万人以上のトレーダーのデータから、FXで負けている人に共通するパターンとして明らかになったことは、「利益幅<損失幅(利益幅より損失幅の方が大きい)」で決済をしているということです。

つまり、リスクリワードが、適切な条件である低リスク高リワード(利益)ではなく、高リスク低リワードになっているということです。

 

具体的な数値データを見ると、例えば、EURUSDのトレードにて、トレーダーの全体の勝ちトレードは64%、負けトレードは36%と、かなり高勝率を記録しているそうです。

しかし、利益幅と損失幅の平均値を見ると、利益幅は十数pipsなのに対し、損失幅は二十数pipsと、リスク:リワードの比率が、2:1となっています。

これでは、いくら高い勝率のトレードを実施したところで、負ける時に利益額の2倍ほど負けますので、コツコツ稼いでガツン負けるということになってしまいます。

※リスクリワードと勝率について詳しく知りたい方は、記事:初心者がはまる勝率の罠とは?勝率90%の手法に意味なし?、をご覧ください。

 

リスクリワードの重要性は、結構認識している人も多いですが、いざルールを決めて徹底して守れているかと言われると、難しいものがあります。

多少利益が出ているのを見ると、「すぐに元の水準に戻ってしまうのではないか」と恐れて、すぐに利食ってしまったり、損失を抱えている時は損失確定することが怖く、「もうすぐまた元に戻るかもしれない」と、なかなか損切り出来なかったりすることもあるかと思います。

では、なぜこれほどまでに多くの人がこのリスクリワードの問題に陥ってしまうのでしょうか?

その理由には、人間の本能が大きく関係しているのです。

2. 勝ち負けの意思決定にみられる人間の本能

ここで、人間の本能がFXにおいてどのように影響を及ぼすのかについて、例を用いながら一緒に考えてみましょう。

今、以下の表のようなAとBの二つのゲームがあったとします。Aは50%の確率で1万円が稼げますが、50%の確率で0円です。一方、Bは必ず4千円が稼げます。

この場合、あなたならどちらを選びますか?

理論的には期待値が高いAがいいですが、Bもノーリスクで4千円を手に出来ますので、このケースでは「どちらを選んでも問題なし」でしょう。

 

では、次のケースはどうでしょうか?

今後は、Aは50%の確率で1万円の損失がでますが、50%の確率で0円です。一方、Bは必ず4千円の損失が発生します。

あなたならどちらを選びますか?

 

このケースの場合、理論的には期待値が低い「ゲームB」を選ぶべきです。

しかし、実際のところ、ほとんどの人が損失0になる可能性があるゲームAを選んでしまうのです。

もうお分かり頂けたと思いますが、これはFXにおいて、損失を抱えている時は、損切りで確定することがなかなか出来ず、先延ばしにしてしまう習性と同じです。

これは、人間はマイナスが発生した途端、その苦痛を避けようとする「人間の本能」が関係しているのですが、相場の世界ではこの人間の性質が致命傷を与えてしまうのですね。

3. プロスペクト理論から見たFX

人はなぜ損失を避けようとするのかは、「プロスペクト理論」という学術的に証明された理論が明らかにしています。

人間は、同じ金額の利益と損失を比べると、損失の時のほうがはるかに大きな精神的苦痛を持ってしまうと言われています。

同じ5千円でも、買った時の喜びよりも、負けた時の方がはるかに大きな痛みを抱えてしまうのですね。

そのため、「利益確定は簡単に出来るけど、損切りは先延ばしにする」ということしてしまうのです。

 

しかしこれは、相場の世界では致命的な特性です。

上記のデータが証明していますが、リスク:リワードの比率が、リスクの方が大きければ、絶対にFXで稼ぎ続けることは不可能です。

まずは、リスク:リワードが1:1(もしくは1以上)になるようにトレードしましょう。

初心者初心者

確かに、利益確定は早く決済して確定しないと無くなっちゃうかもって思うから、すぐにしていたな~・・・

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

うん、そして損失は苦痛を伴うからなかなか損切り確定出来ないんだよね!?でも、FXで稼ぎ続けるためには、損失は最小限に抑えて、利益は出来る限り伸ばして取っていく姿勢がとても大切になるんだよ!

4. 本能に打ち勝つために

とは言っても、FX初心者の方の場合には、この損失を先延ばしにする人間の本能に打ち勝つ事は、なかなか難しいです。

そこで、どうしても利益をすぐ確定し、損切りが出来ないという人向けに、以下のことを試してみてください。

① リスク:リワードを1:1以上に必ず設定する

② エントリーと同時に、損切りと利益確定のOCOオーダーを同時に置く

③ 損切りの逆指値注文は、レートが目標値を超えたら変更可

 

エントリーと同時にオーダーを置けば、自分が変更しない限り、最初に設定したリスク:リワードは守られます。そして、損切りの注文を変更していい場合は、利益を確定する場合のみです。

こうすることで、今までFXで稼げなかった人も、リスク:リワードの重要性が面白い程分かってくるはずです。

5. まとめ

FXでは9割の人が負けていると言われていますが、彼らに共通しているパターンとして、「リスク:リワードを正しく設定していない」ということがあります。

そして、それは損失を先延ばしにする人間の本能が関係しているのです。

FX初心者の方は、最初は中々難しいかもしれませんが、まずは「リスク:リワードを1:1以上」のルールを必ず守ることを意識しましょう。どうしても出来ない場合は、OCO注文を使って強制的に守るようにするのも手ですね。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「DMM FX」「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

最大手なら DMM FX
DMM FX
DMM FXの特徴
口座数国内No1(70万超)
業界最狭水準のスプレッド
10,000通貨単位と資金がやや必要
24時間サポート受付(平日)

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。