こんな疑問を解決!

  • カナダドル円のスワップポイント比較は?
  • スワップ投資におすすめのFX会社は?
  • カナダドル円のスワップ投資でいくら儲かるの?

「カナダドル円のスワップポイントはどこのFX会社が一番高いのか?」

高金利の通貨と言えば、トルコリラ(TRY)や、南アフリカランド(ZAR)、メキシコペソ(MXN)といった「新興国通貨」が狙い目になりますが、政治不安などのカントリーリスクも抱えています。

そんな中、人気が高まっているのが、メジャー通貨であり、高金利でもある「カナダドル」(CAD)です。

今回の記事では、これからカナダドル円のスワップ投資を検討している方向けに、カナダドル円の特徴や、カナダドル円を取扱っているFX会社のスワップポイントを徹底比較します。

この記事の監修者
suzuki_gazou

鈴木 拓也

  • 公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定アナリスト
  • 東京工業大学大学院修士課程修了(工学修士)
  • 三井住友銀行の東京本店・香港支店にて為替ディーラー業務に従事し、投資家/経営者に転身
  • 株式会社フィンテラス代表取締役

プロフィールページ

 

カナダドル円のスワップポイント比較一覧

それでは実際のカナダドル円のスワップポイントを比較してみましょう。

カナダドル円のスワップポイント比較一覧
FX会社スワップスプレッド取引単位
セントラル短資FX0円0.9銭1,000
LIGHT FX20円1.6銭1,000
みんなのFX20円1.6銭1,000
FXプライムbyGMO1円1.7銭1,000
アイネット証券6円5.0銭1,000
ヒロセ通商1円1.5銭1,000
FXブロードネット1円4.8銭1,000
FXTF2円1.6銭1,000
DMM FX6円1.7銭10,000
インヴァスト証券6円1.9銭1,000
ひまわり証券0円7.0銭1,000
JFX1円5.0銭1,000
外為オンライン0円1.7銭1,000
YJFX!2円1.7銭1,000
マネーパートナーズ2円2.4銭1,000
LINE FX4円1.5銭※11,000

■ 調査日:2021年10月12日

■ スプレッドは原則固定※例外あり

■ ※1)通常スプレッド1.5~7.9銭(https://line-fx.com/market/spread/ex/summaryList)

 

スワップポイントは日々変動していますが、過去に渡って高い水準なのが「みんなのFX」と「LIGHT FX」です。

どちらも同じトレイダーズ証券が運営しており、スワップポイントやスプレッドは同じ設定になっています。

低いFX会社と比べるとなんと倍以上のスワップポイントになっています。

もちろんカナダドルに強いFX会社もあれば、トルコリラに強いFX会社メキシコペソに強いFX会社とそれぞれに特徴がありますので、自分の扱う通貨ペアではどこのFX会社が有利なのかは事前に確認しておく必要があります。

FX口座は無料で開設できますし、維持費も無料ですので、カナダドルを扱う際はこのFX会社、トルコリラならこのFX会社と使い分けるのがいいでしょう。

カナダドル円のおすすめFX会社ランキング

カナダドル円のおすすめFX会社についていくつか紹介していきましょう。

カナダドル円のスワップ投資をする際には、この中からFX会社を選ぶようにしましょう。

1位 みんなのFX

みんなのFX

 

トレイダーズ証券が運営するみんなのFXは、スワップポイントが最も高く、スプレッドも1.6pipsと、業界最狭水準になっています。カナダドル円のスワップトレードをするのだったら、迷わずこちらのFX会社を選択するでしょう。

また、みんなのFXは、トルコリラ円メキシコペソ円でも業界トップクラスのスワップポイントを誇り、高金利通貨投資では欠かせないFX会社となっています。

「みんなのFX」は、「みんなのシストレ」のツールを利用することも可能ですので、システムトレードを希望するのであれば、みんなのFXでFX口座を開設すべきです。

みんなのFXの特徴

  • 業界で最も高いカナダドル円のスワップポイント
  • スプレッドも1.6銭と業界最狭水準
  • 1000通貨単位

2位 LIGHT FX

LIGHT FX

 

LIGHT FXはみんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営するFX会社です。性能は同じで、みんなのFXと同等の業界トップレベルの高いスワップポイントとスプレッドとなっています。

ではどんな使い分けが出来るのか?

高金利通貨投資では通貨毎にFX会社を使い分けるのが一般的であり、それをしないと、例えば、一つの通貨ペアが暴落した際、他の通貨ペアも巻き込まれて全て強制ロスカットに合う危険性があるのです。

そうならないためにも、カナダドル円はみんなのFX、トルコリラ円はLIGHT FX、という具合に使い分けを徹底していきましょう。

LIGHT FXの特徴

  • みんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営
  • みんなのFXと同等のスワップポイントとスプレッド
  • 1000通貨単位

3位 ゴールデンウェイ・ジャパン

FXトレードフィナンシャル

 

2019年4月からゴールデンウェイ・ジャパン株式会社に社名変更した「FXTF」。売りはやはり世界中のトレーダーが利用しているトレードプラットフォーム「MT4」を採用している点でしょう。

一流トレーダーが開発したEAを無料でダウンロードして、システムトレードすることが可能なのです。

ドル円などの主要通貨ペアは業界最狭のスプレッドですが、カナダドル円のスプレッドは4.0pipsとやや広めになっています。

ゴールデンウェイ・ジャパンの特徴

  • 世界基準のチャートMT4が使用可能
  • システムトレードも対応
  • カナダドル円のスプレッドは4.0pipsとやや高め

4位 FXブロードネット

FXブロードネット

 

システムトレードである「トラッキングトレード」ができるのが、「FXブロードネット」です。

スワップポイントは高めですが、カナダドル円のスプレッドが4.8pipsと広めです。カナダドル円でトラッキングトレードを利用していきたいというニーズがあるのであれば、FX口座を開設しても面白いかもしれません。

FXブロードネットの特徴

  • トラッキングトレードが利用可能
  • カナダドル円のスプレッドはやや広い

5位 FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO

 

FXプライムbyGMOは、トルコリラやメキシコペソに比べると、カナダドルのスワップポイントでは他社に差をつけられているものの、スプレッドは1.7pipsと業界最狭水準です。

FXプライムbyGMOの特徴

  • カナダドル円のスプレッドは1.7銭
  • 高い約定率
  • スリッページしにくい

6位 セントラル短資FX

セントラル短資FX

 

メキシコペソでは業界トップを誇るセントラル短資FX。

しかし、カナダドル円のスワップポイントは他社より低く、スプレッドも広いため、もう少し頑張ってほしいところですね。

セントラル短資FXの特徴

  • メキシコペソでは業界トップ
  • カナダドル円のスワップポイントはやや低め
  • スプレッドも若干広い

7位 ヒロセ通商

ヒロセ通商

 

南アフリカランド円豪ドル円では業界トップのヒロセ通商ですが、カナダドル円では、こちらもややスワップポイントは他社と比べて低い水準になっています。

ただ、スプレッドは1.5銭と非常に狭いので、今後に期待したいところです。

ヒロセ通商の特徴

  • スプレッドは1.5銭と非常に狭い
  • スワップポイントは他社と比べてやや低め
  • 豪ドル円で使いたいFX会社

カナダドル円でスワップ投資のポイント

カナダドルでスワップ投資するなら、おさえておきたいことがいくつかあります。

カナダという国についてやカナダドル円の特徴、スワップ投資でいくら稼げるのかについて解説します。

カナダについて

カナダは言わずと知れた大国である米国の隣国で、G7(主要先進7か国)の一員です。

そしてカナダは先進国の中でも政治的・経済的にも比較的安定した国と言われています。

しかも世界第2位の国土面積を持ち、世界有数の資源国でもあります。

とても魅力的な国であることには間違いありません。

そのため投資対象として、とても人気のある国でもあります。投資対象として人気があるのには他にも理由があります。国債の格付けのレーティングが非常に高いことです。

大手格付け会社の「S&P」のレーティングを見ると、日本は「A+」なのに対して、カナダはそれよりも高い「AAA」となっています。

また、政策金利も先進国の中では高水準を維持しています。

コロナショック以前は、隣国である米国の景気動向に追従して経済が順調に発展し、政策金利も利上げを繰り返していました。

一時期は米国同様に1.75%まで利上げされましたがコロナショック後に0.25%に引き下げられています。とは言え、0.25%という水準は先進国ではトップです。

スワップ投資をする上でこの政策金利と国債の金利が関係していますので、チェックしておきましょう。

カナダドル円の為替レート推移

カナダドル円の為替レートのチャートを見てみましょう。

コロナショック後に73円台まで下落したカナダドル円ですが、その後、世界経済が回復する中で上昇に転じ、91円台まで上昇を見せています。

スワップ投資でいくら稼げるのか

現在のスワップポイントから換算してどのくらい稼ぐことができるのか、シミュレーションをしてみましょう!

カナダドル円の条件

  • スワップポイント40円/日
  • 1万通貨保有
  • 2019年5月時点

1万通貨を1日保有すると40円付与されます。

10日間で400円、1カ月1,200円、1年で14,600円となります。


(引用:みんなのFX)

1万カナダドルを保有するのに必要な資金は、為替レートが83円とすると、レバレッジ1倍では830,000円、レバレッジ2倍では415,000円、レバレッジ10倍では83,000円です。

レバレッジを高く設定した取引をすると、ロスカットの確率が高くなりますので注意が必要ですが、資金管理をしっかりした上で保有通貨量を増やしていけば、銀行に預けるよりはるかに好条件で資産運用が可能となります。

ちなみに、日本の銀行に83,000円を1年間預けた場合、大手銀行の預金金利が0.002%ですから、わずか166円にしかなりません。

カナダドル円でのスワップ投資の一例と比較しても利回りは600倍以上の差になります。

カナダドル円でスワップ投資のまとめ

為替差益とスワップポイントで大きな利益を出すことができます。

その可能性を秘めているのがカナダドルの魅力です。

ただし、円高に転じて為替差損が生じると、スワップポイントの利益は吹き飛んでしまいますので、少なくとも1カナダドル77円の底値までは耐えられるように、ポジションをコントロールしたいですね。

FXにとってやはりリスクマネジメントは一番重要になります。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!