投資初心者投資初心者

FXで稼ぐにはどんなマインドセットを身につける必要がありますか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

それでは必要なマインドセットやコントロール法について説明していくよ!

為替レートは、投資家心理や国の景気の影響を受けて変動しますので、すべてを完璧に予測することは不可能です。FX(外国為替証拠金取引)では、プロのトレーダーでも勝率は40%~50%と言われています。つまり予測が当たることは2回に1回ぐらいなのです。それでも大きな利益を出すことができるのが一流の投資家ということです。

逆に60%当たっても利益よりも損失が大きいケースもあります。これではいくら投資しても資産を増やすことはできません。FXに勝つためにはどのような「マインド」が必要になるのでしょうか?

<今回の記事で分かること>
・マインドセットとは?
・FXで稼ぐために必要なマインドセット
・メンタル面からの技術向上法

 

FXにはどんなマインドセットが必要か?

FXのマインドセット

ビジネスパーソンにはビジネスパーソンとしての、プロのスポーツ選手にはプロのスポーツ選手の心がけや、常に意識すべきものがあります。それを「マインドセット」と呼びます。成功している人たちは、成功するためのマインドセットがしっかりとできているのです。

マインドセットは活躍しようとする分野によって異なりますが、共通する点もあります。

まずは目標を明確にする

努力することは大切ですが、やみくもに努力しても効果があるわけではありません。無駄なことに時間を費やしているのならば、その時間は省く必要があります。自分にとって何が大切なことなのか、優先順位が高いものと低いものを分けるためにも「目標を明確にする」ことは重要です。

今ある資産を、「どのくらいの期間」で「どれだけ増やす」ことが目標なのかを決めてから、FXに取り組むべきです。そしてその目標を達成するためには、どのような手法が必要なのか、どんな努力を継続していくべきなのかがはっきりとしてきます。

「とにかくお金を稼ぎたい」「とりあえず預金しておくのはもったいない」というだけでFXにチャレンジしても、いろいろな情報に右往左往してフラフラしてしまい、なかなか成果を出すのは厳しいのです。

明確な目標を定め、取り組みも明確にすることで、自信をもってトレードに臨むことができるようになります。マインドセットは強いメンタルの支えになるのです。

失敗を成功に導く成長マインドセット

プロのトレーダーの勝率をご紹介したように、一流であっても失敗やミスを犯します。ましてやFX初心者や中級者であれば、失敗することや後悔することは多くなるでしょう。

成功できる人のマインドセットと、成功できない人のマインドセットは、ここで大きな差があります。同じように失敗しても、その受け止め方がまったく違うのです。

成功できない人は、「なぜ損切りすべきだとわかっていたのに、損切りしなかったのか?」「もっと含み益が伸びる可能性があったのに、なぜ早々と利益確定してしまったのか?」「勝つ自信があったわけでもないのに、なぜエントリーを繰り返してしまったのか?」と後悔ばかりで「自分に投資は合っていない」「自分は成功できない」と決めつけてしまいます。失敗によって自信を失い、自分の可能性にフタをしてしまうのです。

成功できる人は、「こうしたら失敗するのか、じゃあ、同じ失敗をしないようにしよう」「こうしたら失敗するのか、では、こうしたら成功できるのではないか」と、失敗を前向きに受け止めます。そして失敗を成功に繋げていくのです。

世界的な発明王として有名なエジソンは「私は失敗をしたことがない。ただ1万回の成功しない方法を見つけただけだ」と述べています。こういったポジティブな思考が、自己成長していくためには必要です。成長マインドセットができていれば、まさに失敗は成功の基になるのです。

さらに、自分のトレード手法を見直すためにセミナーに参加したり、書籍や専門サイトを参考にして勉強することを欠かさないことも、成長マインドセットの重要な要素になります。

 

関連記事:FXセミナーに参加する際の注意点と初心者におすすめはどこ?

 

マインドセットとは
マインドセットとは、心掛けや常に意識すべきことで、ビジネスやスポーツ、投資などで成功するための基盤となるもの

FXに勝つためのマインド

FXで勝つマインド

「目標を明確にする」「失敗から学ぶ」「積極的に学ぶ」というマインド以外に、どのような具体的なマインドが必要になるのでしょうか?

目標に見合ったリスクリワードレシオの設定

どのくらいの期間で、どのくらい資産を増やしたいのかという目標が明確になったら、その目標を達成するための計画を練っていきます。

ここで大切なのは、「リスクリワード・レシオ」をどのくらいに設定するのかです。超短期売買であるスキャルピングは利幅が狭いので、すぐに利益確定になります。勝つ数は増えていくのですが、損切り設定が甘いと9回勝っても1回の負けで積み上げてきた利益が吹き飛ぶことになります。

逆に長期売買の場合は利幅を広く設定するので、1回の勝ちで大きな利益を生み出しことが可能です。こうなると損切りの幅も広くしても大丈夫でしょう。損切りの幅が狭い状態だと損切りばかりが続いて、損切り貧乏になってしまうのです。

利幅÷損切り幅=リスクリワード・レシオ」になります。これが1.0ということは利幅と損切り幅が同じという設定ですので、勝率が50%でも利益は出ません。

FXで勝つためのマインドとしては、リスクリワード・レシオ2.0以上を維持し続けることでしょう。そのためにはメンタル面の強化も必要ですが、実際にリスクリワード・レシオ2.0を達成しやすい通貨ペアであったり、エントリーするタイミングを分析していく必要があります。

もちろんリスクリワード・レシオが3.0というトレーダーもいますし、10.0というトレーダーもいます。ポイントはどういった設定であれば、自分の目標を達成できるのかです。目標と照らし合わせて、「トレード手法」「通貨ペア」「レバレッジ」「ポジション量」そして「リスクリワード・レシオ」を設定していきましょう。

 

関連記事:リスクリワードとは?初心者がFXで負ける理由はコレだった!?

事前に決めたルールを徹底してから改善する

重要になるマインドセットは「事前に決めたルールは徹底する」ということです。これを成立させるには強いメンタルも必要になります。自分で決めたラインまで含み損を抱えたら、迷うことなく損切りする。決めたラインまで含み益が膨らんだら利益確定する。決めた以上は迷ってはいけません。まずは徹底的に決めたルールに従ってトレードすることです。

結果として敗けということはあります。それは手法を改善していけばいいだけの話です。しかし事前に決めたルールすら守れないのならば、手法の改善以前の問題でしょう。メンタルが弱いとこういう悪循環に陥りやすいので注意が必要です。

事前に決めたルールを徹底するということができるのならば、失敗点は改善しやすいので、定期的に振り返りを行っていきます。毎日トレード日記をつけていって、1週間に1度見直して改善点を探すのがいいでしょう。これを「週レビュー」と呼びます。利用しているトレードプラットフォームにログが残っていて、1週間のトレード状況を振り返りやすいのであれば、それで充分です。

成功する人のマインドセットには、「PDCAサイクル」というものがあります。PはPlan「計画」です。DはDo「実行」です。CはCheck「分析」です。AはAction「改善行動」と呼んでいます。明確な計画を立て、それを忠実に実行し、的確に分析して改善点を見つけて、改善点を加味した計画を立てていくというサイクルになります。

ルールは後から変更できます。ただし、一度決めたルールは徹底してこそ的確な分析ができ、改善行動に移すことができるのです。

 

FXに必要なマインドセット
・リスクリワードを忠実に守る
・事前に決められたルールを徹底する 等

一流のマインド身に付けてFXで勝とう

成功するために必要なマインドは、FXや投資に限った話ではありません。他の分野で成功している人が、常にどんなことを意識し、どんな考えに従って行動しているのか学ぶことは大切ですし、それをFXのトレードに採り入れることはできます。

ぜひ成功者のマインドもモニタリングして、一流のトレーダーを目指してください。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!