「最近よく耳にするトラリピって実際に稼げるのかな~」

このように考えて、「トラリピについてもっと知りたい!」と、お考えの方も多いのではないでしょうか?

実は、私もこの記事を書いているつい数か月前までは、トラリピについて全くの知識ゼロで、試しに少し投資をしてみようかな~と考えておりました。

そこで、まずは100万円くらいをテストで運用してみたのですが、なんと2カ月足らずで+800pips以上の利益(含み損はなし)を稼いでしまったのです。

FXを知っている人であれば言うまでもないですが、2カ月で800pipsというのは、かなりすごい成績です。

これが不労所得で得られる可能性があるとなると、トラリピおそるべし!という感じです。

 

投資初心者投資初心者

今流行りのトラリピを始めたいんですけど~

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

それではトラリピの仕組みや始め方について説明していくよ~!

FX自動売買ソフトでほったらかしで資産運用をしたいけど、「よく分からない会社が販売しているソフトやツールは信用できない!」って方も多いのではないでしょう。

そんな方におすすめなのが、マネースクエアのトラリピです。

トラリピは、「勝率90%!」、「自動で簡単に稼げる!」などとうたう自動売買ソフトやシグナルツールとは一線を画するものです。

なぜなら、自動で売買してくれるものですが、自分で考えて戦略を練って、売買の条件を設定する必要があるからです。

そこで今回の記事では、メガバンクで為替ディーラー業務を経験し、現在もFXを中心に資産を運用している筆者が、トラリピの仕組みや始め方、実際に稼いだ投資戦略について徹底解説していきます。

トラリピの実績をブログで公開

2018年10月にトラリピでの運用を100万円で開始しました。

リスクはかなり控えめで、ロットは1000通貨単位で取引をしています。

そして、2カ月たった今の成績ですが、確定利益が9,302円(930pips)、含み損が1,240円なので、8,062円ほど資産が増えています。

トラリピの運用実績

 

ちなみに、運用はレバレッジをほとんどかけずにやっていますので、稼いでいる金額は大したことないですが、完全放置で2カ月で800pips(800銭)以上の利益を出しているのはすごいですね^^;

デイトレーダーやスキャルピングトレーダーでも、1カ月に400pipsを稼ぐのはかなり大変なので、トラリピがいかに稼ぎやすいかが分かる結果だと思います。

また、利回りも月利0.4%(年利に換算で4.8%)と悪くなく、銀行に預けていても全くお金が増えないことから、余剰資金はトラリピで運用した方が良さそうです。

トラリピの情報は教科書で入手せよ!

投資初心者投資初心者

トラリピをネットで調べたんですけど、なんだか難しそうですね・・・

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

トラリピの仕組みを理解するまでは大変かもね!

FXの取引はしたことあるけど、「トラリピのような自動売買はこれから初めてやる」という方も多いでしょう。

ネットで検索すると、様々な情報が出回っており、何を信じていいのかよく分からないですよね?

そんな方におすすめしたいのが、エンスパ編集部が出版している「実践トラリピの教科書」です。

これはトラリピの公式な教科書なものであり、トラリピをする人はまず最初に読むべき本です。

FXトラリピの教科書

この本には、そもそもトラリピって何?という仕組みの説明から始まり、どうしてトラリピが有利なのか?トラリピで稼ぐための戦略、などなど、幅広く解説されています。

私もトラリピを初めてやろうと思った時、この本を読むことから勉強を始めました。

ちなみに、私はこの本を書店で購入しましたが、なんと新規口座開設をするとこの書籍が今だけもらえるようです。

いつキャンペーンが終わってしまうか分からないので、ゲットできる内に申し込んでおきましょう。

マネースクエア外国為替取引

トラリピとはどんな仕組みか?

投資初心者投資初心者

トラリピの仕組みを教えて下さい!

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

それではここからは、メガバンクで為替ディーラーを経験したプロの目線から、トラリピの仕組みについて分かりやすく解説をしていくよ!

トラリピとはどんな仕組みなのか、ここからはこれからトラリピを始める方向けの説明となります。

90秒動画でトラリピのイメージをつかむ

まずは、マネースクエアの公式紹介動画をご覧ください。

トラリピとはどんなものかが、イメージがつかめると思います。

トラリピは半自動システムトレード

トラリピの説明に入る前に、裁量トレードとシステムトレードについて簡単に説明します。

裁量トレードというのは、チャートを使ったテクニカル分析を駆使したり、経済の流れを読むファンダメンタル分析を使ったりして、自分で考えてトレードすることです。

自分自身で行う普通の投資は、全てこの裁量トレードに分類されます。

一方、システムトレードというのは、他の誰かが作ったプログラミングに任せて自動売買をすることです。

数多くのプログラミングソフトが出回っていますので、どれを選ぶのか?という問題はありますが、選んだ後は、お金を入金するだけで勝手に運用してくれます。

そして、トラリピは、この裁量トレードでもシステムトレードでもないというのが個人的意見です。

後で説明しますが、自分で条件を設定するという裁量的余地を残しつつ、条件設定後は全て自動で取引されますので、『半自動システムトレード』という言い方が正しいかもしれません。

トラリピは裁量トレードとシステムトレードの中間

トラリピの特徴
裁量トレードとシステムトレードの両方をあわせ持つ半自動システムトレード

トラリピの仕組み

ここからはトラリピの仕組みについて解説をしていきます。

トラリピとは、「トラップイフダントレード」を略したものです。

つまり、IFD(イフダン)注文を自動で繰り返す注文ツールです

初めて聞く方は「何それ?」という状態でしょう。

トラリピの大きな特徴は以下の二つです。

仕組み① 繰り返し(リピート)
仕組み② ばら撒き

仕組み① 繰り返し(リピート)

まず、初心者の方もいると思うので、「イフダン注文」というのは、例えばドル円が110円になったら買いをして、110円50銭になったら利益確定をするというような注文方法です。

図で示すと下図のようなイメージですね。

通常のイフダン

(図の引用:マネースクエア公式サイト)

ただ、これだと、一度利益確定されたら取引終了で、もう一回手動で注文を発注する必要がありますよね?

これが面倒なので、何度も自動でこの取引を繰り返す、つまりリピートするというのが『リピートイフダン』です。

下図のように、為替レートが上下に動いたら、1回だけではなく、何度も利益を獲得することが出来ます。

リピートイフダン

仕組み② ばら撒き

トラリピは上のリピートイフダンだけでは終わりません。

このリピートイフダンを無数に罠(トラップ)のようにばら撒いたのが、トラップリピートイフダンです。

例えば、ドル円が100円~115円の範囲で動きそうであれば、「110円で買い、110円50銭で利益確定」という1つのリピートイフダンだけではなく、何十個も等間隔にリピートイフダンをばらまくのです。

リピートイフダンを複数設置

こうすることで、ドル円が仕掛けた範囲で上下を繰り返す限り、ほったらかしにしておいても自動で利益を生み出してくれます。

リピートイフダンのレンジにばら撒く

 

もう一度トラリピの仕組みを整理すると、『リピートするイフダンを、トラップのようにたくさん仕掛ける』となります。

【トラリピの仕組みまとめ】

トラリピの仕組み

トラリピで勝てる時と負ける時

投資初心者投資初心者

仕組みは理解出来ました!でも、トラリピって儲かるんですか~?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

それでは次に、トラリピで稼げるときと損する時について説明するよ!

相場の世界に「絶対勝てる」「100%儲かる」という言葉はありません。

どんなに優れたトレード手法や自動売買ツールでも、必ず損をする時があります。

ここでトラリピのリスクについて説明する前に、為替相場の値動きについてみていきましょう。

相場の値動きには、1.上昇トレンド、2.下降トレンド、3.横ばい(レンジ)の3つしかありません。短期でも長期でも、大きく分けるとこの3つに分類できます。

為替相場の3つの値動き

関連記事:FXで稼ぐために必要な3つの基本動作|上昇・下降・レンジを見極めよう

 

そして、勘の鋭い人は気づいたかもしれませんが、トラリピが負ける、つまり大きく損をするリスクが一つだけあります。

それは為替レートが、自分が仕掛けた方向とは逆にレンジを抜けてしまった時です。

トラリピが損をするケース

例えば、今、ドル円の想定レンジを99円~125円に設定し、買いのトラリピをばらまいたとしましょう。

ちなみに、トラリピは買いから入る「買いトラリピ」と、売りから仕掛ける「売りトラリピ」の2つがあります。

ドル円の週足チャート

 

そして、その後、ドル円のレートの推移ですが、以下の3パターンに分けられます。

① レンジを上抜け
② レンジ内で推移
③ レンジを下抜け

買いトラリピ後の3つのパターン

 

ここで、トラリピで損をする可能性が最も高いのは、③のレンジを下抜けした場合です。

買いトラリピでは、買いのイフダン注文をレンジ内にばらまきますので、ドル円がどんどん下がっていったら、買い建玉の含み損が膨らみます。

そして、レンジを下抜けて下降トレンドが続いたら、含み損が更に膨らむリスクも高くなるので、1.損切りをする、2.耐える、のどちらかの選択を迫られます。

もし、レバレッジを高めにして取引した場合、耐えられずに強制ロスカットに合うリスクもあります。

 

一方、①のレンジを上抜けや、②のレンジ内で推移している限りは、トラリピでマイナスになるリスクは低いと言えるでしょう。

例えば、ドル円が99円~125円で今後もずっと推移していけば、ほったらかしで自動で上下の動きにより利益を積み上げていくことが可能です。

トラリピの始め方マニュアル

投資初心者投資初心者

トラリピを始めるにはどうすればいでしょうか?

それではここからは、トラリピの始め方を説明していきますよ。

FX口座を開設する

トラリピの始め方ですが、まずはマネースクエアのFX口座を開設する必要があります。

もちろん、口座開設は無料で開設でき、以前はトラリピの注文ツールを使用するのに手数料がかかりましたが、今はその手数料が無料になりました!

 

マネースクエア外国為替取引

トラリピの実際の設定手順

それでは次に、トラリピを始める際の手順についてみていきましょう。

トラリピでやることは、自分で以下の条件を決めることです。

ここが、半自動システムトレードと私が考えている理由で、「お金を入金して、後はほったらかし!」の胡散臭い自動売買システムとは違う点ですね!

【トラリピの設定条件】
① 通貨ペア
② 買いトラリピか売りトラリピか
③ レンジをどうとらえるか(高値・安値)
④ レンジ内に何本のリピートイフダンを設置するか(=1本あたりの間隔をどうするか)
⑤ 1本の通貨数量
⑥ 1回の利益幅(エントリーから決済までの幅)

 

まず、マネースクエアではドル円やユーロ円、ポンド、豪ドルなど、11通貨ペアでトラリピを行うことが出来ます。

その中から、①トラリピに最適な通貨ペアを自分で見抜く必要があります。

次に今度は、②買いから仕掛けるか、売りから仕掛けるか、です。

これはチャートや相場を読む力が試される部分ですね。

また、③レンジの上限と下限をどう設定し、④どれくらいの間隔でリピートイフダン注文を設置するかを決める必要があります。

トラリピは短期というよりも、長期運用でほったらかしで運用できる点に強みがあるので、チャートを見る時は週足や月足チャートを見るのが良いでしょう。

そして、⑤どれくらいの金額を取引するかと、⑥エントリーから決済までの幅、つまり利益幅をどれくらいにするか、を決めれば全ての条件がそろいました。

らくトラ運用資産表が便利!

ちなみに、今の条件設定を自分一人で考えるのはかなり大変です。

しかし、トラリピには、らくトラ運用資産表(無料)が用意されているので、これを使えば一発で上の計算を簡単に行うことが出来ます。

らくトラ運用資産表は、マネースクエアの口座開設をすれば自由に使えますので、口座開設をした後にいろいろと自分でいじくってみるのが早いでしょう。

らくトラ運用資産表

トラリピで稼ぐためのポイント

それではトラリピで上手く稼ぐためには、どんな点に注意していけばいいでしょうか?

結論から言うと、トラリピ初心者の方は、以下の4つに注意しましょう。

1.レバレッジを2~3倍で運用する
2.強制ロスカットのリスクを極力さける
3.レンジを幅広くとる
4.スワップポイントの受け払い

レバレッジを2~3倍で運用する

まず、レバレッジですが、これは全て成約時のレバレッジが2~3倍程度に収まるようにしましょう。

らくトラで試算をすれば、これも確認することが出来ます(下図)。

FXをはじめてされる方は、たくさん稼ぎたいところに意識が向かい、どうしてもレバレッジを高く設定してしまいがちです。

リスクを取れば、その分リターンが得られる可能性もありますが、トラリピのような自動系の長期運用に適したシステムであれば、レバレッジを低くして運用した方が良いです。

らくトラ運用資産表の見方

強制ロスカットのリスクを極力さける

次の注意点は、強制ロスカットのリスクを極力避けるということです。

為替相場というのは、株や仮想通貨と異なり、価格が5倍・10倍になったり、逆に、ゼロになったりすることはほぼありません。

なぜなら、為替は実体経済と密接に関係しており、国と国との経済力や金融政策の動向で価格が決まります。

そして、各国には通貨の番人、つまり『中央銀行』が存在していますので、もし、為替が不安定な動きをしたら、為替介入や金利の操作で、価格を安定させることが出来るのです。

なので、もし一時的に含み損を抱えても、強制ロスカットさえされなければ、価格が元に戻るかもしれないのです。

ただし、これには注意点があって、レバレッジを低く抑えることです。資金量に対して大きな額の取引をすると、損失に耐えられずにロスカットに合うリスクが一気に高まります。

レンジを幅広くとる

そして、3つ目のポイントは「レンジを幅広く取る」ということです。

トラリピではレンジを自分で決められますが、狭いレンジであればあるほど、レンジを抜けてしまうリスクが高まります。

逆に、レンジを広く取っておけば、そのレンジ内で為替レートが推移する限り、利益をコツコツと積み重ねていくことが出来ます。

トラリピを仕掛けるレンジの取り方

スワップポイントの受け払い

そして、最後に買いか売りかで、スワップポイントを受け取るか支払うか決まりますので、その方向には注意する必要があります。

長期運用の観点からは、スワップポイントを受け取る方向で仕掛けた方が有利です。

逆に、スワップポイントを支払う方向だと、毎日ちょっとずつ利息を支払う必要があるので、相場が全然動かなくてトラリピのイフダンが決済されないという時、利息の支払いがバカにならない場合があります。

トラリピは有益な自動売買ツール

これからの時代、自分の相場観やテクニカル分析で取引する裁量トレードと並んで、FXの自動売買のスキルを身につけることも重要になってくるでしょう。

ただし、「お金を入金すれば勝手に増える」なんて夢のツールはないですし、安易に稼げることをうたう話に飛びついてはいけません。

マネースクエアのFXトラリピは、自分で条件を設定する裁量トレードの余地を残しつつ、一時条件を設定すれば後はほったらかしで運用できるので、使いこなせるようになれば大きなメリットを得ることになると思います。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。