◆記事を読む前に、まずは1回ポチッと応援クリックをお願いします!!
↓ ↓ ↓

為替・FXランキング


FX(外国為替証拠金取引)は、平日であれば24時間トレードすることができます。

昨今の政治情勢を鑑みると、いつ何時、どんなサプライズが発生するかわかりません。貿易問題や地政学リスク、政治家のスキャンダルなどは突発的なニュースになるので、仕事をしていて知らぬ間に、相場が大きな変動をしていることもよくあります。

自宅のPCだけでFXのトレードをしているケースだと、外出している最中にはまったく対応できなくなります。

もちろんそのために「指値注文」や「逆指値注文」、「IFD注文」などを有効活用します。

事前予想を行ってエントリーポイントを設定したり、利益確定や損切りのラインまで値動きしたらエグジットするように設定するのです。

しかし、思いもよらぬサプライズには、タイムリーな対応はできません。

そこで登場するのが、スマホのトレード用のアプリです。最近では、外出先でも簡単にFXのトレードができるので利用者が増えています。

スマホを使ったFXトレードはとても便利なのですが、メリットとデメリットがあります。

果たしてFX初心者は、スマホを活用することで、勝率が変わってくるのでしょうか?

今回は、FX初心者が注意しておくべき、スマホによるトレードのリスクについてお伝えしていきます。特に、PCを買わずにスマホ1台でFXに挑もうと思っている方はご参考下さい。

スマホによるFXのトレード

いつでもトレードできるメリットとデメリット

スマホを活用してFXのトレードをする際の、一番大きなメリットは、「いつでも、どこでも、トレードができる」ということです。

スマホのアプリによって、これまで抱えていた「チャンスを逃す」という問題を解消できるトレーダーもいるでしょう。

ですが、「いつでも、どこでも、トレードができる」ということは、メリットだけとは限らないのです。逆にデメリットになる可能性があります。

本業の仕事中でも、チャートが気になって仕方ないというケースです。休憩中にチャートの確認をすることは問題ないのですが、気になり過ぎて仕事に集中できなくなったり、業務中に隠れてトレードするようになったら、大変です。本業に悪影響を及ぼす結果になってしまいます。

いつでもトレードできるという環境が、FX初心者に無駄なポジションを増やすことにも繋がります。チャートをパッと見ただけの「値ごろ感」だけでトレード繰り返していたら、必ずトータルで負けます。

投資には「休むも相場」という言葉があるように、24時間トレードをしていると、ストレスが溜まり、精神的な疲労感が蓄積されるので、正常な判断ができなくなってしまいます。それができるのは、経験豊富なプロの専業トレーダーです。

FX初心者は、勝てるタイミングだけでトレードする方が、リスクを抑えられます。日本時間の夜、ロンドン市場やニューヨーク市場がにぎわっている時間帯です。日中は本業に専念し、帰宅してから集中してFXのトレードをすれば充分なのです。

 

トレード時間帯の特徴については以下の記事もご参考下さい。

記事:FX時間帯別の値動きの特徴とおすすめの取引時間はどこ(東京、欧州、米国)?

スマホに表示されるチャート分析の限界

スマホアプリを利用する際に注意しなければならないのは、PC版と違って、様々な限定があるということです。

同じ取引業者であっても、スマホアプリとPCアプリでは、機能も違います。利用できるテクニカルインジケーターも種類が減ってしまうのが、スマホアプリの方になってしまいます。

さらに問題なのは、PCの画面に比べて、スマホ画面は小さいということです。スマホアプリもどんどん進化しており、画面を4分割して、他の通貨ペアのチャートなども同時に表示できるようになっていますが、なにせ画面が小さいために見にくいというデメリットがあります。

チャート上に表示されるローソクの本数も限られてきます。かなり狭い範囲でチャートの分析をすることになってしまうのです。

そうなると見間違いも発生するでしょう。外出先では落ち着いてチャートの分析もできないので、わかりやすいシグナルにも気が付かないかもしれません。

操作が簡単なので、慌ててトレードすると、買いと売りを間違ってエントリーしてしまう可能性だってあります。そもそも通貨ペアを勘違いしてトレードしている危険性もあります。

初心者がFXのトレードで勝つためには

PCによるチャート分析

プロのFXのトレーダーというと、部屋に大画面のモニターを幾つも並べ、無数のインジケーターを活用しながらトレードしているイメージがあります。

しかし、FXのトレードで勝率を上げていくのに、そこまでの設備が必要というわけではありません。

むしろ、何台ものモニターで、様々な通貨ペアの相場やいろいろなテクニカル指標を見比べて、トレードすることをやめて、大きく勝つことができるようになったという専業トレーダーが多いのではないでしょうか。

あまりに膨大な情報があると、それだけ判断が難しくなるからです。「ファンダメンタルズ分析」も「テクニカル分析」も、自分に合ったタイミングやインジケーターでシンプルにトレードした方が、勝率は上がっていくでしょう。

ただ、だからといって、わざわざ気が散るような外出先で、まともにチャートも確認できずトレードするのは、分が悪すぎます。自分から勝率を下げているようなものです。

負けるべくして負けていることになります。

「手軽だから」、「操作が簡単だから」といった理由で、スマホアプリのFXトレードをすることは、初心者にはおすすめできません。

勝ちたいのであれば、集中できる環境で、PCの大画面でチャートを確認しながら、慎重にエントリーポイントを決めていくべきです。

 

おすすめのチャートソフトと取引ツールについては以下の記事もご参考下さい。

記事:FX初心者におすすめチャートソフトと取引ツール・アプリランキング

移動先でスマホだけの操作で勝てるようになるのか

では、スマホアプリを使っていたらFXのトレードでは勝てないのか? となると、それもまた話は別です。

FXの初心者は、より勝率を高められる環境でトレードすべきだということですから、ある程度経験を積み、チャートが頭に入っているような上級者になれば、移動先でスマホを使用するだけで勝つことも可能です。

ただし、それはかなりFXについて勉強したからできることです。

他の通貨ペアとどのような相関があるのか、どの経済指標がどれほどの影響力を持っているのか、それが動意薄になる時はどのようなケースなのか、どのインジケーター同士を組み合わせると効果があるのか、効果がないのかなど、いろいろなことを、経験を通して学習していく必要があります。

ですから、いずれはスマホによるトレードも、どんどんできるようになっていくことでしょう。

自信がつくまでのFX初心者の間は、スマホによるトレードは、リスクに注目すべきです。

まとめ

「誰でも簡単にFXのトレードができる」と、スマホによるトレードを勧める宣伝もよく目にしますが、本当にFXトレードで利益を出したいのであれば、よく検討すべきです。

一流のプロトレーダーがPCの大画面で、慎重にトレードをしています。それでも勝率は60%ほどなのです。

FX初心者がスマホアプリだけを使用した場合の勝率は不明です。恐らく数十%を下回ってくるのではないでしょうか。

投資されるのは、あなたの大切な資金になります。ぜひ安易に費やし、損失を出すようなことはせず、しっかり勝てる方法を選択していってください。

基本からFXについて学びたいという思いがございましたら、ぜひ無料学習コンテンツ「FXトレーディングカレッジ」をご活用ください。

 

参考になったという方は、1日1回応援クリックよろしくお願いします!ランキングが上位になれば、役に立つトレード解説等を増やします!
1つ目 2つ目 にほんブログ村 為替ブログへ