「FXってどれくらいの手数料がかかるの?」

これからFXを始める初心者の方は、取引する時にどれくらいの手数料をFX会社に支払わないといけないのか心配している方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、FX取引に手数料は一切かかりません。

株式投資であれば、1回の取引に数百円~数千円の決められた手数料を証券会社に支払う必要がありますが、FXの世界ではそれらはタダなのです。

ただし、実は、「手数料」としてFX会社が顧客から徴収する制度はありませんが、裏の手数料として「スプレッド」と「約定力」の二つがあります。

これらを全く理解せずにFXを始めてしまうと、稼ぐどころか逆に手数料ばかりかかってお金を減らしてしまうリスクもあるので、しっかりと理解するようにしましょう。

<この記事で分かること>
・FXの手数料が無料な理由がわかる
・実質的な裏の手数料について理解できる
・コストが最も安いFX会社の選び方がわかる

 

FXの手数料はいくら?

今現在の国内FX会社の場合、FX取引で顧客から手数料を取っている会社はほとんどありません。

海外FX会社の場合は、1回の取引ごとに○○円という形で手数料を取る会社がありますが、国内FX会社のほとんどは手数料無料で営業しています。

「じゃあ、FX会社はどうやって利益を出しているの?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

実は、表面的にはFX会社は手数料を取っていませんが、実質的な裏の手数料とも呼べるものが存在しています。

それは、
・スプレッド
・約定力
の二つです。

FXの実質的な手数料は?

FX会社も営利企業なので、当然、利益を出さなければいけません。

なので、手数料無料で投資家にサービスを提供していても、その裏にはFX会社の利益につながるような仕組みが存在しています。

それが、今から説明する「スプレッド」と「約定力」です。

スプレッド

スプレッドとは、買値と売値のレート差のことを言います。

買値とは自分が買う時のレートで、右側の高いレートを示し、売値とは自分が売る時のレートで左側の低いレートを示します。

FXのスプレッド

 

そして、このスプレッドというのはFX会社毎によって変わってきます。

例えば、国内でトップクラスにスプレッドが狭いFX会社はドル円で0.3銭ですが、広い会社は1.5銭なんてところもあります。

スプレッドが広い会社では、買う時のレートはより高く、逆に売る時のレートはより低くなりますので、投資家にとっては不利でしかありません。

そして、スプレッドが広いということは、FX会社はその分利益を出していることになりますが、その利益の源泉は投資家の損になります。

例えば、FX会社は顧客と成約した取引を、その後インターバンク(銀行間市場)でカバーを取るのですが、顧客に高く売った後、安くインターバンクでカバーを取ったり、顧客から安く買った後、高くインターバンクで売ったりしやすくなるからですね。

また、顧客から買いと売りの取引が同時に入って来たとしましょう。この時、FX会社はカバーを取らずに買いと売りが相殺されますので、スプレッドが広い会社ほど利益が出ます。

FX会社の利益はその分、投資家の損を意味しますので、スプレッドは狭いにこしたことはありません。

約定力

そして、もう一つの手数料が約定力です。

約定力とは、一言で言うと、約定しやすいかしにくいかを意味しております。

例えば、今、ドル円の買値のレートが110.603だった時、成行きで買い注文をしたら成約したレートが110.643だったとします。

これは、スリッページと言って、見えていたレートから4銭もレートが悪くなっているので、隠れた手数料と言えます。

約定力

 

FX会社を選ぶときは、約定力が悪いところは絶対に避けるべきです。

手数料が無料と言っていても、スリッページばかりでレートが悪くなれば、その分無駄に損をしていることになりますからね。

スプレッド・約定力が優れたFX会社は?

それでは、以上のスプレッドが狭く、約定力が良いFX会社はどこでしょうか?

FX会社は国内や海外も合わせると膨大な数がありますが、以下のFX会社はスプレッドも狭く、約定力も優れているため、実質的なコストも極めて低い会社と言えます。

 

各FX会社のスペック
・いずれも国内最狭水準のスプレッド(例:ドル円0.3銭)
・約定力に定評ありなFX会社

FXブロードネット

FXブロードネット

セントラル短資FX

セントラル短資FX

FXトレードフィナンシャル

FXトレードフィナンシャル

手数料は無料でも実質コストが低い会社を選ぼう

FXの手数料は表面的には無料ですが、実質的な手数料は、スプレッドと約定力という形で存在しています。

そして、各FX会社ごとにスプレッドや約定力は異なってきますので、それはつまり、手数料がことなることと同じ意味なのです。

FXは株と同じで、取引するものはどのFX会社や証券会社を通しても全く同じです。それであれば、わざわざ手数料が高い会社を選ぶ必要なんて全くありませんので、一番手数料が安くて使いやすいFX会社を選ぶようにしましょう。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「DMM FX」「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

最大手なら DMM FX
DMM FX
DMM FXの特徴
口座数国内No1(70万超)
業界最狭水準のスプレッド
10,000通貨単位と資金がやや必要
24時間サポート受付(平日)

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。