投資初心者投資初心者

FXブロードネットのチャートは実際どうでしょうか?

FXブロードネットの口座開設を検討している方で、

「FXブロードネットのチャートの性能はどうか?」
「MT4(メタトレーダー4)は使えるのか?」

といった疑問をお持ちの方も多いでしょう。

そこで今回の記事では、FXブロードネットを実際に使っている筆者が、FXブロードネットのチャートの性能や特徴について解説していきます。

口座開設を検討している方は、是非、参考にしてみて下さい!

<今回の記事で分かること>
・FXブロードネットのチャートは使いやすいか?
・チャートの特徴や性能は?
・MT4に対応しているのか?

 

FXブロードネットのチャートは使いやすい

FXブロードネットのチャートを一言で言うと、「初心者の方でも非常に使いやすい」ということでしょう。

FXブロードネットでは、PCにダウンロードして使用する「FXブロードネットTrader」と、Web上で使用する「ブラウザ版チャート」があります。

ダウンロード版とブラウザ版のチャート

ブラウザ版チャートはダウンロードも不要で簡単ですが、機能面も限られてくるので、FXで本格的に取引したい人は、ダウンロード版のチャートを使うようにしましょう。

 

FXブロードネットのチャートの機能面(ダウンロード版)としては、以下の3つの特徴があります。

チャートの特徴

  • テクニカル分析のインジケーターが充実
  • レイアウトも自由自在
  • チャートから注文可能

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

テクニカル分析のインジケーターが充実

FXブロードネットのチャートでは、FXで使用する代表的なインジケーター(移動平均線、ボリンジャーバンド、各種ライン、RSI、MACDなど)は一通りそろっています。

以下は、実際のダウンロード版のチャートですが、黒色を基調とし、非常に見やすいデザインになっているのが分かります。

また、縦横のスケールや、色などのデザインのカスタマイズも自由に変更できます。

FXブロードネットのチャート

チャートはテクニカル分析をする上で必須の道具です。道具の性能が悪いとそれだけで不利になってしまいますので、「高性能」「使いやすさ」は絶対に外せない要素ですね。

レイアウトも自由自在

「複数のチャートを同時に見たい!」と考えている人もいるかもしれません。

FXブロードネットのチャートは、自分でレイアウトを自由自在に変更できるので、2個や3個のチャートを同時に監視することが出来ます。

レイアウトを自由自在変更可能

また、「ワークスペース」として、自分好みのレイアウトを最大10個まで保存することができるので、その時々に応じて、事前に設定しておいた画面をすぐに呼び出すことが出来ます。

まさに、自分だけのオリジナルのチャートを作って、とことんテクニカル分析を行うことが出来るのです。

チャートから注文可能

FXブロードネットのチャートソフトは、同時に発注する機能も備わっています。

中には、チャートはチャートだけの機能しかなく、FX取引はまた別の発注ツールを使うというようなFX会社もありますが、FXブロードネットではチャートも発注もセットになったツールなので非常に便利ですね。

チャートの発注機能

チャートの特徴
・テクニカル分析のインジケーターが充実
・レイアウトも自由自在
・チャートから注文可能

スマホのチャートアプリも便利

外出先などで急にチャートを見たい場合や取引したい場合はどうすればいいのか?

大丈夫です。

もちろん、FXブロードネットにも、スマホ用のアプリが用意されています。

FXブロードネットのスマホアプリ

一度、アプリさえダウンロードしてしまえば、いつでもどこでもスマホさえあればチャートを確認し、FX取引をすることが出来ます。

家ではPCの画面でじっくりと分析し、外出先ではスマホでサクッとチャートを見て、取引する体制にしていきましょう。

FXブロードネットで口座開設する

FXブロードネットの公式サイト

 

FXブロードネットのチャートを使ってみたい方は、上のボタンから口座開設を行いましょう。

ちなみに、現在タイアップ中につき、当サイトから口座開設をされ、取引などの条件をクリアされた方に、テクニカル分析の学習教材『ラインの王道(動画3時間、テキスト91ページ)』を無料でプレゼントしています!

ラインの王道

ラインを使ったトレード

FXブロードネットはMT4に対応していない

時々、「FXブロードネットでMT4(メタトレーダー4)は使えるのか?」というご質問を頂きます。

結論から言うと、FXブロードネットでMT4は使えません。

MT4とは、世界中で使われているFX取引プラットフォームです。MT4上では、テクニカル分析が行えるほか、MT4上でFXの取引を行うことが出来ます。

つまり、チャートと取引ツールが一体になったものがMT4なのです。

MT4

ただ、MT4を使うためには、MT4に対応したFX会社で口座開設をして、MT4をダウンロードする必要があります。

詳しくは、以下の記事で説明していますのでご覧ください。

記事:MT4とは?ダウンロード方法と使い方マニュアル【動画付き】

自分に合ったチャートを選ぼう!

FXブロードネットのチャートは非常に見やすいことに加えて、多彩なインジケーターや自由自在のレイアウトなど、おすすめできるチャートです。

MT4には対応していないですが、MT4は外国製で、若干使いにくいと感じる方も多いので、初心者の方は、まずはFXブロードネットのチャートを使って慣れていくのがいいでしょう。

FXブロードネットのその他の評判について知りたい人は、【FXブロードネットの評判ってどうなの?特徴やメリット・デメリット】もご参考下さい。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!