働き方改革によって、労働時間が見直されるのと同時に、副業禁止を緩和する企業が増えてきました。とはいえ、空いている時間で重労働していたのでは身体が持ちません。ですから短い時間で手軽にできる副業が人気を集めています。

そこで今回注目するのが「スマホ」です。スマホを使って簡単に稼ぐ方法がいろいろと登場してきていますが、何をするのが一番効率いいのでしょうか?

<今回の記事で分かること>
・スマホで稼げる副業の種類は?
・特におすすめのスマホで稼げる方法は?

 

スマホで稼ぐ方法

スマホ

スマホでの副業を探すにあたって注意しなければならないのは、誇大広告に騙されないということです。

短時間でたくさん稼ぐことができることに越したことはありませんが、「スマホだけで簡単に月30万円稼げます」といったサイトは、実は高額な登録料を支払わなければならないなどの条件があり、収支はマイナスになります。詐欺の被害者にならないように気を付けてください。

実際にしっかり稼いでいる人がたくさんいるような実績のある手法が安全でしょう。

ポイントサイトで地道に稼ぐ

もっとも手軽に稼げるのが「ポイントサイト」です。広告サイトをクリックしたり、商品のページを見たり、ゲームをしたり、アンケートに答えるだけでポイントが貯まる仕組みになっています。

ポイントサイトでは、累計700万人のユーザーを誇る「ハピタス」が有名です。1ポイントが1円として現金に換金できる他、T-POINTや楽天のポイント、amazonギフト券などにも対応しています。

楽天スーパーポイントが貯まる「楽天スーパーポイントスクリーン」も話題です。面倒なポイント交換がいらず、自動的に楽天ポイント口座に付与されます。限定キャンペーンを実施している他、友人紹介でもポイントが貯まります。

ただし、ポイントサイトはあくまでもお小遣い稼ぎになりますので、上級者でも月に5万円ほどです。初心者だと時給100円ほどです。かなり地道な稼ぎ方と言えるでしょう。

自分の趣味で稼ぐ

自分の趣味を活かしてスマホで稼ぐこともできます。例えばクイズが好きな人は、「Gunosy」(グノシー)というサイトがおすすめです。GunosyQという賞金クイズ大会が開催されています。10万円以上稼ぐことも可能です。

これなら休憩時間にクイズに答えてストレス解消しながら、稼ぐことができますので一石二鳥です。

同じように、写真を撮るのが趣味な人は、「PIXTA」というサイトで自分が撮影した写真を販売することができます。写真の質によっては買い取ってもらえないこともありますが、出来栄えが良ければ、1枚1,000円で買い取ってもらえることもあります。

Instagramなどで頻繁に写真をアップしているのであれば、自信の1枚を販売してみるのもいいかもしれません。

自宅にある不用品を販売

メルカリ」や「ヤフオク」といったサイトで、自分の不用品を出品して販売するという方法もあります。意外な物が高値で売れたりもしますので、自宅を整理整頓して、処分するような物を出品しても、10万円ほどは稼げる可能性があります。

ただしあらかた売ってしまうと、商品がなくなってしまいますので継続して稼ぐことは難しいです。「Alice style」(アリススタイル)のように、不用品をレンタル出品するサイトも登場しています。

不用品の販売に慣れてくると、量販店などを回って安く仕入れて高く売る「転売」「せどり」といった方法もあります。オークションサイトから安く仕入れ、高く売ることも可能です。

上級者では月に百万円以上の利益も出しているようですが、売れる商品を見極める力が必要になり、売れずに在庫を抱えることもあります。商品を探す時間だけでなく、商品の発送準備も含めると手軽にできる副業とは言いにくいでしょう。

YouTubeで一攫千金を狙う

成功すると大きく稼げるのが「YouTube」です。一流芸能人を上回るような驚くべき収益をあげているトップYouTuberもいます。小学生などの子供たちの将来なりたい職業の上位にランクインするほどです。

もちろんみんながみんな稼げるわけでもありません。ライバルが多いですし、規制も厳しくなってきています。収益化できるのはチャンネル総再生数10000回を超えているYouTuberだけですし、直近12ヶ月の総再生時間が4000時間以上で、チャンネル登録数が1000人以上という制限もあります。

まずは地道にチャンネル登録者数を増やしていかなければ、1円も稼ぐことはできないのです。映像の撮影、編集作業にも時間はかかりますし、これから始めるにはなかなかハードルは高いと言えるでしょう。

手軽さとハイリターンを狙うならFX

スマホで行うFX

スマホで稼ぐといっても、他の労力も必要になることが多いので、なかなか手軽に稼ぐというのは難しいのですが、その点、「FX」(外国為替証拠金取引)であれば仕事の休憩時間や移動時間にスマホだけで稼ぐことが可能です。しかもハイリターンを狙うことができます。

FXは少額で大きな取引ができる

FXは、株式や不動産、仮想通貨といった投資と同じです。投資と聞くと多額の資金が必要だと思われがちですが、FXはレバレッジ(てこ)を効かせることができるので、少額から始めることができます。

FXは1万通貨からの取り引きが一般的です。米ドル/日本円(USD/JPY)で1ドル110円だとすると、1万通貨を取り引きするのに110万円の資金を用意しなければなりません。しかしレバレッジ25倍を効かせれば、44,000円の資金で1万通貨の取り引きができます。

レバレッジの仕組み

 

実際にはもう少し余剰金がなければ、含み損に耐えられなくなくなってしまいますから、1万通貨を扱うのであれば最低でも10万円は用意したいところです。ドル買いのロングポジションで、1ドル110円から111円に1円円安になった場合、1万円の利益となります。

千通貨から扱っているFX業者もありますから、こちらだと4,400円から始められます。千通貨だと1ドル110円から111円に1円円安になると、千円の利益です。少額から始められて、さらにリスクを抑えたいのであれば、こちらがおすすめになります。

 

少額からFXを始めたい方向けのおすすめFX会社はこちら

FXは24時間取り引き可能

FXであれば、商品を選んだり、発送したり、動画を撮影したり、アンケートに答えたりといった労力が一切必要ありません。スマホでチャートを確認してワンクリックで取り引き可能です。

さらにFXであれば24時間取り引きができるというメリットがあります(土日を除く)。朝早くから仕事があっても、深夜まで仕事が続いても、いつでも空いた時間で取り引きできるのです。つまり自分の時間に合せることができるというわけです。

もちろん為替相場が大きく動くチャンスの時間帯もありますので、そこに向けては注文を入れておけば、本業の最中や睡眠時間であっても自動で売買してくれます。

後は収益目標を定め、それに見合った取り引きをしていけばいいのです。勝率を高めるためには、チャートを分析する時間や、世界の経済状況がどうなっているのか調べる時間も必要にはなりますが、取り引き自体は1日数分程度で充分です。

 

スマホでFXを始めたい場合はこちらをご覧ください。

スマホで本気で稼ぐために

このようにいろいろな手法の副業が登場してきていますが、スマホだけで、空いた時間に手軽にできるおすすめの副業はやはりFXでしょう。自分の都合のいい時間帯に、さっと取り引きできるので便利です。しかも自分の目標に合った取り引き方法で調整することができます。

ただし、投資ですからリスクがあります。為替相場の動きが予想に反した場合、損失が出て、元本割れの可能性もあるのです。FXはギャンブルではありませんので、リスクマネジメントが大切になります。ぜひFXの勝ち方を勉強して、効率よく稼ぐことができるトレーダーを目指してください。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。