今回の記事でわかること

  • MT4が起動しても動かない原因
  • MT4を起動・更新させる対処法
  • MT4のフリーズを回避し、快適に使用する方法

「MT4にログインしたけど、回線不通で全然チャートが更新されない!」

MT4を使ったことがある方なら、誰しもが一度は経験するトラブルでしょう。

FXでMT4を使っている人であれば、MT4が急に動作しなくなるのは致命的な問題です。

ポジションを保有していたら相場が動いて損をするリスクもありますし、逆に、チャンスの時に動かなかったら機会を逃してしまうかもしれません。

ただ、ある対策を事前に講じておけば、このようなトラブルを回避することが可能です。

MT4でこのようなトラブルを避け、解決する方法をこの記事で全て公開していますので、快適な取引環境を整えていきましょう。

この記事の監修者
suzuki_gazou

鈴木 拓也

  • 公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定アナリスト
  • 東京工業大学大学院修士課程修了(工学修士)
  • メガバンクの本店・香港支店で為替ディーラー業務を経て投資家/実業家に転身
  • 株式会社フィンテラス代表取締役

 

MT4が動かない時に確認するポイント

MT4を使っていると、MT4を開いたのに「チャートが更新されない!」という時があります。

そんな時は慌てず、まずは以下の点を確認して、MT4が本当に動いていないのかどうかを確認しましょう。

MT4の動作を確認するポイント

  • MT4の右下に表示されている接続状態
  • MT4起動時の「ピコーン」の音

MT4の右下の接続状態

MT4の右下に表示されている接続状態を確認することで、正常に動作しているか、それとも動作が止まっているのかを確認することが出来ます。

下図の通り、右下に○○/kbと表示されていれば、MT4は正常に動作しています。

1分足などでチャートを見ると、レートが刻々と更新されて、チャートが動いているのが確認出来るでしょう。

MT4が正常に動作している時

一方、MT4の右下に「回線不通」と表示されている場合、MT4が正常に動作していないことになります。

この場合、1分足などでチャートを見ても、レートが全く更新されていないのが分かるでしょう。

MT4が動作していない時

接続状態の確認

  • ○○/kbと表示されている場合、MT4は正常に動作
  • 「回線不通」と表示されている場合、MT4は動作していない

MT4起動時の音

また、MT4を開いて起動すると、正常であれば「ピコーン」という音がなります(※音を消している設定の場合や、パソコンの音量をゼロにしている場合は鳴りません)。

なので、もしいつもは鳴っているその音が鳴っていない場合は、何らかのトラブルが発生していると判断出来ます。

MT4が動かない5つの原因

それではなぜ、MT4が動作しないのでしょうか?

原因は大きく以下の5つです。

MT4が動かなくなった時の原因

  • ログインが上手く出来ていない
  • デモ口座の有効期限が切れた
  • 家のネット回線のトラブル
  • FX会社のシステムトラブル
  • FX会社やマーケットが休み
鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

ほとんど場合、1のログインに失敗しているか、2のデモ口座の有効期限が切れているが原因ですね!

① ログインが上手く出来ていない

まず、最初に確認すべき事項は、ログインが上手く出来ているかどうかです。

通常、MT4は一度ログインしてしまえば、再度、IDとパスワードを入力してログインをするというプロセスは不要です。

ただ、何らかの原因でログアウトしてしまった場合、再度、正確にログイン出来ているか確認しましょう。

手順1:ファイル⇒取引口座にログイン

MT4の取引口座にログイン

まずは、上のメニューバーの「ファイル」を選択し、その中から「取引口座にログイン」のボタンを押しましょう。

手順2:IDとパスワード、サーバー情報を入力

MT4の口座情報

そして、以下の画面が出ますので、FX会社から受け取る、ログインID、パスワード、サーバー情報を入力しましょう。

ここで、正確にそれらのログイン情報が入力出来た場合、MT4は正常に起動するはずです。

 

もし、これでもMT4が動作しない場合は、以下の二つ目の原因が挙げられるでしょう。

② デモ口座の有効期限が切れた

実は、MT4が動かなくなる理由として一番多いのが、この「デモ口座の有効期限が切れた」があります。

デモ口座の有効期限は決まっており、一般的に30日です(※これはFX会社によって異なります)。

そして、デモ口座の場合、しばらく起動させていなかったMT4を起動させるとたいていの場合は有効期限切れでMT4は使えません。

よって、もう一回最初からデモ口座の開設とMT4のダウンロードをする必要があります。

ただ、デモ口座を使っている限り、この問題は発生し続けます。せっかくMT4上でインジケーターを整理しても、また一からやり直す手間が増えますからね。

それであれば、最初からMT4が起動しないトラブルを回避する対策(こちらで説明)をするべきですね。

③家のネット回線のトラブル

家のインターネット回線が何らかの原因でつながっていない場合や、回線が重くなっている場合、MT4が動かない場合があります。

念のため、インターネットがスムーズにつながるかどうか、何でもいいのでGoogleなどで検査して確認してみましょう。

④FX会社のシステムトラブル

FX会社側で、システムや通信のトラブルが稀に発生している場合もあります。

私も、滅多にないですが、過去に数回、FX会社のトラブルでチャートが開けなかったケースがありました。

このような時は、FX会社の公式ホームページや、TwitterなどのSNSで調べれば、最新の状況を確認することが出来ます。

⑤FX会社やマーケットが休み

うっかり忘れてしまうのが、クリスマスや年末年始などで、マーケットが休みのケースです。

当然ですが、土日もマーケットが休みなので、MT4は動きませんし、更新もされません。

MT4が起動しないトラブルを回避する方法

MT4が起動しない・動かないトラブルで最も多いケースが、デモ口座の有効期限切れです。

これはデモ口座を使っている限り、起こり続けます。

このようなトラブルを未然に防ぐためには、デモ口座ではなく最初からリアル口座を開設してMT4を使うのが得策です。

MT4はデモでもリアルでも無料で使えますので、それならデモで口座開設する必要がどこにもありません。

もちろん、デモでトレード練習をするという目的があれば、話は別です。

ただ、いずれにしても、せっかく自分オリジナルにカスタマイズしたMT4が途中で使えなくなるのはかなり不便なので、早いうちにリアル口座へ移行してMT4で練習をしていきましょう。

 

MT4のリアル口座を開設するなら、国内FX業者でスプレッドが狭い(ドル円:0.3銭)、ヤフーグループのYJFX!とゴールデンウェイジャパンのFXTFがおすすめですね。

YJFX!

 

YJFX!は「Yahoo! Japan」でお馴染みのヤフーグループのFX会社です。

ドル円のスプレッドは原則固定0.3銭と業界トップクラスであり、スワップポイントも総じて高い水準になっています。

また、FX初心者にも心強い、24時間電話サポートも用意されており、何か問題が発生してもすぐに解決することができるでしょう。

FXTF

 

MT4が使えるFX会社で特におすすめなのが、「FXTF」です。

取引は1000通貨単位と少額からでき、また、スプレッドもドル円0.3銭と非常に狭いです。

また、今だけ当サイト経由で口座開設すると、特典として特別教材「ラインの王道」(91ページ、動画3時間超)がもらえます。

 

その他、MT4でおすすめのFX会社について以下をご覧ください。

記事:MT4が使えるおすすめ国内FX会社・5社を徹底比較

MT4をスムーズに接続する環境を整えよう

MT4を使用している方であれば、MT4を開いても「動かない!」というトラブルは一度は経験するでしょう。

そんな時、まずは右下の接続状態を確認しましょう。接続状態が、「回線不通」と表示されている場合、以下の5つの原因でMT4が動いていない可能性があります。

MT4が動かなくなった時の原因

  • ログインが上手く出来ていない
  • デモ口座の有効期限が切れた
  • 家のネット回線のトラブル
  • FX会社のシステムトラブル
  • FX会社やマーケットが休み

特に多い原因は、「デモ口座の有効期限が切れている」ケースです。デモ口座を使っている限り、この問題は発生し続けるので、リアル口座を複数開設して、MT4のトラブルを避けていきましょう。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!