こんな疑問を解決!

  • フィボナッチエクスパンションとは?
  • フィボナッチエクスパンションのMT4での引き方は?
  • フィボナッチエクスパンションの使い方は?

FXで含み益が出たものの、どこで利益確定をすればいいのか、目安が分からない人も多いのではないでしょうか。

利確水準の決め方には色々やり方がありますが、その一つに「フィボナッチエクスパンション」があります。

今まで適当に利食いをしていた方も、フィボナッチエクスパンションを学べば、驚くほど一貫性を持って利益確定をすることができます。

今回の記事では、フィボナッチエクスパンションの引き方から使い方を徹底解説します。

この記事の監修者
suzuki_gazou

鈴木 拓也

  • 公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定アナリスト
  • 東京工業大学大学院修士課程修了
  • 三井住友銀行の本店・香港支店にて為替ディーラー業務に従事し、投資家/経営者に転身
  • FXや米株インデックス、高配当株などで運用する億投資家
  • 著書「7日でマスター FXがおもしろいくらいわかる本」「世界一やさしい FXチャートの教科書 1年生」など

プロフィールページ

 

フィボナッチエクスパンションとは

フィボナッチエクスパンションとは、現在継続中のトレンドがどこまで続くかを予想するテクニカル分析です。

つまり、トレンド方向に順張りでエントリーした際に、利益確定の目安に使用することができます。

▼クリックで拡大

もう少し詳しく見ていきましょう。

利益確定の目安として有効なツール

FXの王道的な手法である順張り(トレンドフォロー)では、上昇トレンドであれば買い、下降トレンドであれば売りでエントリーをします。

ここで、トレンド方向にエントリーしたものの、そのトレンドがどこまで続くのか予想できなければ、利益確定のタイミングを逃してしまうかもしれません。

そこで利益確定の目安を作るのに有効なのが、今回解説するフィボナッチエクスパンションです。

フィボナッチとは

フィボナッチエクスパンションには「61.8%」「100%」「161.8%」という数値が登場しますが、これはフィボナッチ数列から求められる数値です。

自然界では黄金比として知られており、実際に相場の世界でもそれらの水準でトレンドが反転することがよくあります。

フィボナッチ数列を使ったテクニカル分析には、トレンド中の押し目や戻り目の水準を予想する「フィボナッチリトレースメント」もあります。

フィボナッチエクスパンションはトレンドの拡大(エクスパンション)を予想するのに対して、フィボナッチリトレースメントはトレンドの戻り・押し(リトレースメント)を予想する点が異なります。

また、主にフィボナッチエクスパンションは利益確定フィボナッチリトレースメントは新規売買のタイミングを計るのに利用されます。

フィボナッチ

  • リトレースメント:トレンドがどこまで拡大するか予想
  • エクスパンション:トレンドがどこで押し目・戻り目を作るか予想

MT4でフィボナッチエクスパンションの引き方

MT4でフィボナッチエクスパンションを引くやり方を解説します。

MT4(メタトレーダー4)は無料で使える高性能チャートソフトなのでおすすめですが、フィボナッチに対応していればどのチャートソフトを使っても引き方は同じです。

フィボナッチエクスパンションの引き方

  • ステップ1:フィボナッチエクスパンションを選択
  • ステップ2:始点から高値までクリックのまま動かす
  • ステップ3:押し目(戻り目)を合わせる

ステップ1:フィボナッチエクスパンションを選択

まずはMT4でフィボナッチエクスパンションのインジケーターを選択します。

上部メニューから「挿入」→「フィボナッチ」→「エクスパンション」をクリックしましょう。

ステップ2:始点から高値までクリックのまま動かす

フィボナッチエクスパンションを選択したら、トレンドの始まりの安値(①)をクリックしマウスをクリックしたまま高値(②)まで動かしてください。

▼クリックで拡大

上手く引けない方は、マウスのクリックを①始点の安値で離していると思われるので、①から②への移動はクリックした状態のまま動かしましょう。

ステップ3:押し目(戻り目)を合わせる

最後に「③押し目の安値」に□マークを合わせましょう。

ステップ2で引いたフィボナッチエクスパンションをダブルクリックすると選択されますので、自由に始点の安値や高値を調整することができます。

必要に応じて調整をして下さい。

▼クリックで拡大

 

これで、フィボナッチエクスパンションがチャートに引けています。

▼クリックで拡大

今回は上昇トレンドに対してフィボナッチエクスパンションを引きましたが、下降トレンドの場合も全く同様です。

フィボナッチエクスパンションの使い方

フィボナッチエクスパンションの使い方は以下の通りです。

フィボナッチエクスパンションの使い方

  • トレンドを認識しエントリーする
  • フィボナッチエクスパンションを引く
  • 利益確定の目安で分割決済を行う

トレンドを認識しエントリーする

FXの相場環境は「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ」の3種類しかありません。

上昇トレンド下降トレンド横ばい
相場環境 FXトレンド FXトレンド FXトレンド
取引買い売り様子見

 

まずは、ダウ理論やその他のテクニカル分析で現在がどんなトレンドの状況なのかを分析しましょう。

そして、トレンドを把握したら、水平線やトレンドライン、移動平均線などのテクニカル分析の手法でエントリーしましょう。

例えば下図のチャートでは、ダウ理論から高値と安値をそれぞれ切り上げており上昇トレンドと判断でき、上昇トレンドラインが引けるのでライン上で反発したタイミングで買いを狙えます。

▼クリックで拡大

記事:ダウ理論とは?FXで稼ぐ手法や使い方を分かりやすく解説

記事:トレンドラインで荒稼ぎする引き方とFX取引手法を現役プロが解説

フィボナッチエクスパンションを引く

次に、①始点の安値、②高値、③押し目の安値を結んでフィボナッチエクスパンションを引きます。

これにより、現在の上昇トレンドがどこまで続くのか、利益確定の目安を確認することができます。

▼クリックで拡大

利益確定の目安で分割決済を行う

フィボナッチエクスパンションでは、「61.8%」「100%」「161.8%」が利益確定の目安となりますが、より遠くで利確した方が利益は大きくなります。

しかし、最初から「161.8%」を狙うと、予想が外れた時にせっかく得られた利益を逃してしまう可能性もあります。

そこで有効な手段が、「61.8%」「100%」「161.8%」のそれぞれで分割決済をする方法です。

▼クリックで拡大

これにより、着実に利益を伸ばしていくことが可能です。

フィボナッチエクスパンションの応用

フィボナッチエクスパンションは、単発で利用するよりも、他のテクニカル分析と組み合わせて使うとより効力が高まります。

おすすめは水平にラインを引くサポートラインとレジスタンスラインです。

例えば、水平線とフィボナッチエクスパンションが重なった箇所では、一層反転する可能性が高いので、一旦全ての利益を確定するなどの判断ができます。

 

水平線に関して詳しく知りたい人は、FX会社とのタイアップで口座開設にて無料プレゼントしている「ラインの王道」や「ラインの王道 刃」でも説明していますので、そちらも合わせてゲットしてみて下さい。

フィボナッチエクスパンションのまとめ

フィボナッチエクスパンションは、現在のトレンドがどこまで拡大するのかを予想し、利益確定の目安を決めることができるテクニカル分析です。

同類のインジケーターにフィボナッチリトレースメントがありますが、こちらはトレンドの押し目や戻り目を予想するテクニカル分析です。

フィボナッチエクスパンションを学ぶことで、今まで適当に利益確定していた方も、自信を持って決済できるようになるでしょう。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!