こんな疑問を解決!

  • FXとバイナリーオプションの違いは?
  • FXとバイナリーオプションはどっちが儲かるの?

今回はこんな疑問を解決していきます。

外貨を取引する手法として使われるFXは、お金を増やすために行っている人も多いでしょう。そんな中、近年注目を集めているのがバイナリーオプションです。

バイナリーオプションは、FXと同じように外貨を利用している取引ですが、ルールはFXと全く異なります。

この記事では、FXとバイナリーオプションの違いはもちろん、どちらを利用したほうが儲かるのかについても分かりやすく説明していきます。

この記事の監修者
suzuki_gazou

鈴木 拓也

  • 公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定アナリスト
  • 東京工業大学大学院修士課程修了(工学修士)
  • メガバンクの本店・香港支店で為替ディーラー業務を経て投資家/実業家に転身
  • 株式会社フィンテラス代表取締役

 

バイナリーオプションとFXの違い

バイナリーオプションとFXはかなり似ている取引方法ではありますが、実際には得られる利益はもちろんのこと、取引の手法も異なります。

そして、バイナリーオプションとFXの主な違いは以下の3点です。

バイナリーオプションとFXの違い

  • 取引時間(新規注文から決済まで)
  • 証拠金
  • 利益と損失

違い1:取引時間(新規注文から決済まで)

1つ目の違いは、新規注文から決済までの取引時間です。

FXは、24時間取引を行える金融商品であり、取引のできる時間は制限されていません。

自分の好きなタイミングで新規エントリーし、好きなタイミングで決済(利益確定もしくは損切り)することができます。

一方でバイナリーオプションは、取引の時間が最低で2時間に設定されます。(海外業者の場合も、エントリーの時点で取引時間が決まっています。)

2時間を超えた時点で取引の判定が行われ、その判定結果によって会社側が利益を渡すという方法です。

これにより、バイナリーオプションは時間制限のある取引となり、一定の時間が経過しなければ次の取引が開始できない方法なのです。

違い2:証拠金

2つ目の違いは、証拠金です。

バイナリーオプションの取引金額は、最低でも50円、最大で999円程度に設定されています。

これだけ小さい金額でも取引を行えるバイナリーオプションは、あまりお金を持っていない方には安心して取引が行えるでしょう。

もちろん証拠金が必要なわけではなく、50円だけ支払えば1枚のチケットを購入できる形式です。

 

FXは、外貨を証拠金によって取引する方法です。

レバレッジなどの影響で変わりますが、日本のFXはレバレッジを規制された影響もあり、FX会社に預けた証拠金の25倍まで取引することが出来ます。

この金額の違いは、バイナリーオプションとFXを大きく分ける要素でしょう。

関連記事:FXレバレッジとは何?危なくない理由を動画で分かりやすく解説!

違い3:利益と損失

3つ目の違いは、利益と損失です。

バイナリーオプションの取引は、購入した金額に対して、ゴール地点の判定結果で配当が決まります。

予想が的中しているユーザーには、一定の倍率でお金が支給され、外れた人は購入した金額がそのまま没収されてしまいます。

取引に利用している金額以上の損失は出ない仕組みです。

一方、FXの場合、取引をスタートしてから、為替レートの変動により利益になるか損失になるかが決まります。

そして、取引を止めるタイミングも自由なので、どれだけ利益を出すか、損失を出すかも自分の裁量で決まります。

FXは多額の損失を計上しやすい取引ですが、バイナリーオプションは購入した金額以上に損失は出ませんので、損失の予測も立てやすいのです。

バイナリーオプションとFXはどちらが儲かるか?

ここからはバイナリーオプションとFXのどちらが儲かるのかという観点で説明します。

バイナリーオプションの特徴

バイナリーオプションでは、損失を出さないようにする取引方法が使われています。

購入した金額以上に損失が出ることはありません。

しかし、購入して得られる利益というのは限られていて、どれだけ頑張っても配当は1,000円です。

この1,000円という金額は固定されていますが、チケットの購入枚数を増やすことで、1,000円の配当を購入枚数分だけ増やすことは可能です。

しかし、バイナリーオプション自体は、儲けを得るのは相当難しいのです。

提示されている上昇時の数字、または下降時の数字というのはいくつかの範囲が設定されています。

この範囲に入りやすいだろうと思っている場所は、元々購入金額が高くなり、購入時間ギリギリになると999円と表示されることも多いのです。

999円で購入して1,000円の配当を得ても、全く儲かることはないですし、失敗したら1,000円が丸々没収されるのでリスクが高すぎます。

FXの特徴

FXの場合は、利益の上限はありません。予想している通りに動いて、その動きの幅が大きくなっていればいるほど利益は高まります。

また、購入しているが以下の数字に応じても利益は変わっていきます。

大量に外貨を購入していると、1回の取引で数百万円以上の利益が生まれるケースもあります。

しかし、FXは1度のミスが致命的な損失を計上します。

マイナス方向に動いてしまうと、これまで得ている利益が全て失われたり、場合によってはロスカットで勝手に取引が終了することもあります。

ロスカットを使われてしまうと、マイナスで取引が終了し、大きな損失を持ったうえで取引が終わってしまいます。

関連記事:【FX入門】FXとは?を基礎から全8記事で銀行員が解説するよ!

大きく稼ぐならFXの方が有利

では結局、稼ぐならFXとバイナリーオプションのどちらが有利なのか?

結論から言えば、FXの方が利益を最大化出来るので大きく稼ぎやすいと言えます。

ただし、注意点として、FXはリスク管理を徹底しないと損失が膨らみやすい点があります。

バイナリーオプションであれば、負けは掛け金が全額没収されるだけなので、損失を一定の範囲に抑えることが出来ます。

一方、FXは利食いも損切りも自分の判断でしなければいけないので、損切りが中々出来ない人は、必ず損切りをする習慣を身に付けましょう。

バイナリーオプションとFXの違いまとめ

バイナリーオプションは、FXと似ている取引だと思われていますが、実際には全く違う取引と考えたほうがいいのです。そして、儲かりやすい取引というのは、どちらかと言うとFXです。予想の方法もあまり難しくありませんし、バイナリーオプションのようにハイリスク・ハイリターンで資金をすぐに溶かしてしまうリスクも少ないです(しっかりと資金管理を行えば)。

ただ、慣れてくると、バイナリーオプションの攻略法も見つかります。より勝ちやすい方法を見つけておくことで、更に儲かる可能性を高められるでしょう。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!