投資初心者投資初心者

バイナリーオプションとFXってどっちが稼ぎやすいでしょうか?

外貨を取引する手法として使われるFXは、お金を増やすために行っている人も多いでしょう。そんな中、近年注目を集めているのがバイナリーオプションです。

バイナリーオプションは、FXと同じように外貨を利用している取引ですが、ルールはFXと全く異なります。

この記事では、FXとバイナリーオプションの違いはもちろん、どちらを利用したほうが儲かるのかについても分かりやすく説明していきます。

バイナリーオプションの仕組み

バイナリーオプションとは一言で説明すると、為替レートが上がるか下がるかを予想するだけの投資です。

バイナリーオプションは、FXと同じように海外の通貨を利用して利益を生む取引でが、FXとルールは異なっていて、実際に外貨を購入するわけではありません。対象となっている外貨が、どのように動くのかを予想した上で、必要なチケットを購入する方法がバイナリーオプションです。

 

バイナリーオプションのルールは、通貨がどのように変動するのかを予想して、その予想した通りに動くようなら利益を得られるという方法です。通貨は常に変動しており、秒単位で価値が変わっています。この秒単位で動くと思われる部分を予想してもらう取引方法です。
取引を開始するスタート地点がバイナリーオプションでは設けられています。スタート地点から一定の時間までであれば、取引を開始できるシステムをバイナリーオプションでは持っています。取引を開始した時間によって、配当の倍率が変動するルールも設けられています。

ゴール地点までの間に、購入できるタイミングの制限が設けられています。この制限を超えてしまった段階で、バイナリーオプションの取引には参入できません。次の取引が開始されるまでは、待たなければならないのです。バイナリーオプションを利用したい方は、取引を開始する時間がいつに設定されているのか、必ず確かなければなりません。

購入ができなくなると、判定時間と呼ばれる何もできない時間に入ります。この時間帯は、ただゴール地点に向かって時が進むことを待ちます。バイナリーオプションは、途中で介入するなどの方法が基本的にありません。判定時間に入った時点で、ユーザーはバイナリーオプションに対して何も触れることはできないのです。

 

最終的にゴール地点に達した時点で、スタート時点と外貨の価値がどのように変動しているのか、最終判定が行われます。この時、スタート地点よりも外貨が高くなっていれば、高くなっていると予想した人に配当が支給されます。一方で安くなっていた場合は、安くなると予想した人に配当が支給されます。外れた人はチケットをすべて没収され、配当も得られません。配当は1,000円と決まっています。

この2者択一を行うのがバイナリーオプションの基本的なルールであり、とても単純な方法を採用しています。日本のバイナリーオプションでは、スタートからゴールまでの判定時間は最低でも2時間を設けるように規制されていて、数分で取引が完了する方法はありません。
また、バイナリーオプションでは、途中でチケットを手放す方法も存在します。確実に負けると判断した段階で、一定の金額を返してもらうことで取引を終了します。この方法を利用すると、確実に損失が計上されますが、お金を没収されることはありません。

なお海外では1分程度で完了するバイナリーオプションも行われています。日本とはややルールが異なりますので、海外のバイナリーオプションを利用される方は気を付けてください。

バイナリオプションの取引方法

以下は、国内大手取引業者を使用した場合の取引方法です。3ステップの簡単操作で取引出来るので、初心者の方でも迷うことなく取引することが出来ます。

あの有名芸能人もバイナリーオプションに挑戦

バイナリーオプションとFXの違いは?

バイナリーオプションとFXはかなり似ている取引方法ではありますが、実際には得られる利益はもちろんのこと、取引の手法も異なります。ここからはバイナリーオプションとFXの違いについて説明します。

バイナリーオプションはFXとは違い時間制限のある取引

FXは、24時間取引を行える金融商品であり、タイミングさえ計れば大きな利益を得られる場合もあります。そのため、FXでは取引のできる時間は制限されていません。事実上取引の時間は無制限であり、外貨を証拠金取引によって得ているならば、取引は続いている形です。

一方でバイナリーオプションは、取引の時間が最低で2時間に設定されます。2時間を超えた時点で取引の判定が行われ、その判定結果によって会社側が利益を渡すという方法です。これにより、バイナリーオプションは時間制限のある取引となり、一定の時間が経過しなければ次の取引が開始できない方法なのです。

FXのように証拠金と呼ばれる取引がバイナリーオプションには存在しない

バイナリーオプションの取引金額は、最低でも50円、最大で999円程度に設定されています。これだけ小さい金額でも取引を行えるバイナリーオプションは、あまりお金を持っていない方には安心して取引が行えるでしょう。もちろん証拠金が必要なわけではなく、50円だけ支払えば1枚のチケットを購入できる形式です。

 

FXは、外貨を証拠金によって取引する方法です。証拠金はレバレッジなどの影響で変わりますが、日本のFXはレバレッジを規制された影響もあり、証拠金が増加しています。現在は最低でも5万円近くを入金しなければ取引が行えません。この金額の違いは、バイナリーオプションとFXを大きく分ける要素でしょう。

バイナリーオプションはFXと違い投資金額以上の損失は出ない

バイナリーオプションの取引は、購入した金額に対して、ゴール地点の判定結果で配当が決まります。予想が的中しているユーザーには、一定の倍率でお金が支給され、外れた人は購入した金額がそのまま没収されてしまいます。しかし、取引に利用している金額以上の損失は出ない仕組みです。
FXの場合、購入した時点でスプレッドの損失が発生します。さらに取引が進んでいくと、予想とは反対の方向に動いてしまい、大きな損失を計上するケースもあるのです。損失が増えてしまうと、購入した金額以上にお金が無くなってしまい、マイナスの金額が大きくなってしまいます。

FXは多額の損失を計上しやすい取引ですが、バイナリーオプションは購入した金額以上に損失は出ませんので、損失の予測も立てやすいのです。

バイナリーオプションとFXはどちらが儲かるか?

ここからはバイナリーオプションとFXのどちらが儲かるのかという観点で説明します。

バイナリーオプションでは、損失を出さないようにする取引方法が使われています。購入した金額以上に損失が出ることはありません。しかし、購入して得られる利益というのは限られていて、どれだけ頑張っても配当は1,000円です。この1,000円という金額は固定されていますが、チケットの購入枚数を増やすことで、1,000円の配当を購入枚数分だけ増やすことは可能です。

しかし、バイナリーオプション自体は、儲けを得るのは相当難しいのです。提示されている上昇時の数字、または下降時の数字というのはいくつかの範囲が設定されています。この範囲に入りやすいだろうと思っている場所は、元々購入金額が高くなり、購入時間ギリギリになると999円と表示されることも多いのです。999円で購入して1,000円の配当を得ても、全く儲かることはないのです。

 

FXの場合は、利益の上限はありません。予想している通りに動いて、その動きの幅が大きくなっていればいるほど利益は高まります。また、購入しているが以下の数字に応じても利益は変わっていきます。大量に外貨を購入していると、1回の取引で10万円以上の利益が生まれるケースもあります。

しかし、FXは1度のミスが致命的な損失を計上します。マイナス方向に動いてしまうと、これまで得ている利益が全て失われたり、場合によってはロスカットで勝手に取引が終了することもあります。ロスカットを使われてしまうと、マイナスで取引が終了し、大きな損失を持ったうえで取引が終わってしまいます。

こうしてみると、FXの方が圧倒的に利益は出やすいように感じられるでしょう。しかし、FXの問題点は損失を出しやすいという部分です。ハイリスクでハイリターンを求めるFXに対して、ローリスクでローリターンかもしれない金額を得られるバイナリーオプションの方が、実は安定して儲けを出すことが可能です。

同時に言えることが、FXはそれなりに知識を持っている人しか勝つことはできません。初心者が挑戦してきなり勝つことができたとしても、何度も続けていれば得られている利益をすべて失ってしまうこともあります。バイナリーオプションは、初心者でも予想をするだけの簡単な取引で、しかも外貨を直接購入していないことで、損失として出る金額も最大で3桁です。お小遣い感覚で始められるバイナリーオプションは、リスクが小さくて的中させやすい取引と考えていいのです。

高い配当を得たいと思っているならFXでもいいのかもしれませんが、とんでもないリスクを抱える可能性も十分にあります。安心して儲けたいと思っているならバイナリーオプションの方がいいでしょう。しかも、バイナリーオプションはチケットを大量に購入できる、FXに近い利益を得る方法もありますので、場合によっては1回の取引だけでも十分な金額を得られるのです。

まとめ

バイナリーオプションは、FXと似ている取引だと思われていますが、実際には全く違う取引と考えたほうがいいのです。そして、儲かりやすい取引というのは、どちらかと言うとFXです。予想の方法もあまり難しくありませんし、バイナリーオプションのようにハイリスク・ハイリターンで資金をすぐに溶かしてしまうリスクも少ないです(しっかりと資金管理を行えば)。

ただ、慣れてくると、バイナリーオプションの攻略法も見つかります。より勝ちやすい方法を見つけておくことで、更に儲かる可能性を高められるでしょう。

最後に、FXや為替相場について基礎から学びたい方は、無料学習コンテンツである「FXトレーディングカレッジ」を使用してください。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「DMM FX」「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

最大手なら DMM FX
DMM FX
DMM FXの特徴
口座数国内No1(70万超)
業界最狭水準のスプレッド
10,000通貨単位と資金がやや必要
24時間サポート受付(平日)

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。