FX(外国為替証拠金取引)には、株式市場のような取引所はありません。各都市にある銀行とインターネットを通じて、平日は24時間取引がされています。(銀行同士が取引している市場を「インターバンク市場」と呼びます。)

日本の銀行が営業を終了した時間帯でも、時差のある他の国の銀行は営業をしていますので、日本時間の深夜であっても、FXのトレードができるのです。

ちなみに日本時間で土曜の朝(ニューヨーク市場の金曜のクローズ)から、日本時間で月曜の朝(シドニー市場の月曜のオープン・取引業者によって1時間ほどの開始時間の誤差があります)までは、世界中の銀行が閉まっているため、FXのトレードはできません。

簡単にご説明すると、土日はお休み、平日ならいつでもトレードできるのがFXなのです。

つまり、早朝に起きて会社に出勤し、仕事をして夜に帰宅してからでもゆっくりとトレードできます。しかも、その時間帯こそが、為替相場が大きく変動する最も活発なタイミングだったりします。

逆に時間帯によっては、相場がとても落ち着いていて、トレードしてもほとんど利益が出せなかったりもするのです。欧米の人たちがほとんど参加していないようなタイミングです。

今回の記事では時間帯別の値動きの特徴と、おすすめの取引時間についてお伝えしていきます。

FXは24時間トレードできる

時間帯を決めてトレードすることのメリット

平日は24時間営業しているからといって、毎日トレードしなければいけないものではありません。プロの専業トレーダーや、銀行などに所属するディーラーは、それこそ毎日トレードしているでしょうが、個人投資家はそこに付き合う必要はないのです。

「好きな時にやる」「勝てる時にやる」その自由が、個人投資家にはあります。それが個人投資家のメリットなのです。「休むも相場」という言葉があるように、ゆっくりする時間も大切にし、時間帯を決めてトレードするのがベストです。

さらに、多くの投資機関や投資家たちがお休みするような時期は、相場から離れて様子見をした方がいいでしょう。クリスマスや年末年始、夏休みなどが該当します。

FXに費やす時間が長ければ長いほど勝てる、というわけではありませんので、メリハリをつけてトレードしていくことが大切になります。そうでなければ、FX初心者は精神をすり減らして体調を崩す危険性もあるのです。FX初心者は24時間トレードしていると勝てません。

東京市場の時間帯の特徴

日本で生活していると、当然のように日本時間が基準になります。一般的には、午前9時ごろから働き始め、午後6時ごろに仕事が終わる感じでしょうか。多くの人たちが働いている時間帯になります。

しかし、これは、FXの世界ではトレードする人たちが少ない時間帯です。

為替市場の1週間は、オセアニアから始まります。ニュージーランドのウエリントン市場が、日本時間の月曜午前5時ごろにオープンします。そして午前7時ごろにオーストラリアのシドニー市場がオープンし、午前9時に日本の東京市場がオープンするといった順番です。この時間帯では、欧米の人たちはほとんど参加していません。

オセアニアからアジア、そして欧州、米国を経由して為替市場の1日が終了します。ユーロ圏のオープンが日本時間の午後4時ごろ、英国のロンドン市場が午後5時ごろ、米国のニューヨーク市場が午後10時ごろというのが目安です。(サマータイムなので、冬時間になると1時間後にずれ込みます)

為替市場が本格的なにぎわいを見せ始めるのは、日本時間で午後5時以降ということになります。

だからと言って、まったくチャンスがないわけではありません。日本時間の午前9時55分ごろには、日本の銀行が顧客に適用する基準レートを決定します。「仲値」と呼ばれ、注目される時間帯です。仲値決済のドル不足が発生することを「仲値不足」と呼び、この時間帯に向けてドルが上昇しやすくなります。

 

仲値について詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考下さい。

記事:仲値とは?午前9時55分は要注意|元メガバンク為替ディーラーが解説

為替相場の変動が活発化する時間帯

ロンドン市場の時間帯の特徴

東京市場の仲値の時間帯以降は、サプライズがない限り、市場は静かです。

日本時間の午後3時を過ぎる頃になると、欧州勢も参加するようになってきます。特にユーロ圏の経済の中心であるドイツの経済指標の発表は注意が必要です。ここから為替相場が動き始めると考えていいでしょう。

さらにロンドン市場がオープンすると、活発化します。特にポンド(GBP)は値動きが激しいので注意が必要になります。英国は資源国でもありますので、原油価格にも大きく左右されます。

ちなみに世界中で取引されている通貨で、最も取引量の多いのが米国の米ドル(USD)、第2位がユーロ(EUR)、第3位が日本円(JPY)、そして第4位が英国のポンドです。

FX初心者は、これらの「メジャー通貨」を扱うケースが多くなりますので、午後3時以降に発表される各国の経済指標の結果には、注目する必要があります。

ニューヨーク市場の時間帯の特徴

そして市場が最も激化するのが、米国勢の参加し始める日本時間午後8時ごろからです。ここから翌日の午前1時ころまでが「コアタイム」と呼ばれています。「為替相場が最も動く時間帯」です。

短期売買で利益を上げるトレードをするのであれば、この5時間が勝負になります。

米国の重要経済指標が続々と発表されてきますし、FRB(米連邦準備制度理事会)高官の声明の内容も変動の要因になってきます。また、ニューヨーク株式市場の影響を強く受けるケースもありますので、ダウ工業株30種の値動きにも注意が必要です。

米国の金融政策も世界中から注目されています。FRBによるFOMC(連邦公開市場委員会)政策金利発表時の声明は、午前3時ごろになりますので、事前に織り込み済みとはいえ、熟睡している最中に相場が大きく動いている可能性があります。

また、パウエルFRB議長の声明は、今後の金融政策を予測するうえで重要になります。

そして、最も注意しなければならないのがトランプ大統領の言動です。サプライズ的な要素が強く、ドル高やドル安のトレンドを一気に反転させるパワーを持っています。リスクマネジメントのためにもトランプ大統領の言動は常にチェックしておきましょう。

 

各通貨ペアの特徴について更に詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考下さい。

記事:通貨ペアの種類と特徴、相関関係について

まとめ

FXで、大きな利益を出しやすいのが、欧米勢が参加してくる時間帯になります。勝てる時には大きく勝ち、負ける時には損失をできるだけ抑えることで、トータルで勝つことができます。

注意しなければならないのは、日本時間の深夜になりますので、ポジションを持ったまま寝てしまい、起きたらロスカットされていたということのないようにしましょう。損切り(ストップロス)の設定を忘れずにしておくことが大切です。

FX初心者は、米国の重要経済指標が発表される時間帯だけ、まずはトレードしてみるのがいいのではないでしょうか。取引業者のアプリにも配信されていますが、情報がしっかり入手できる態勢が必要になります。

また重要経済指標発表直後は注文が混み合いますので、「スプレッド」が広がります。レートをよく確認してエグジットしましょう。値動きが激しいので「スリップページ」も発生しやすいです。これらの程度は取引業者によって異なりますので、FXを始める際にはいくつかの取引業者の口座を作り、比較していくことも勉強のひとつになります。

短時間で、より大きな利益を出せるようになりたい方は、無料学習コンテンツ「FXトレーディングカレッジ」を有効活用してください。



今だけ、テクニカル分析の代表格、【限定】ライン分析の学習教材(動画3時間超、テキスト91ページ)を無料プレゼント中! FXブロードネット
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。