将来のために銀行への預金ではなく、投資による資産運用を選択した場合、さらに「単利運用」と「複利運用」のどちらにするのかを検討しなければなりません。

投資といえば複利運用というイメージが強いですし、実際に複利運用がなかったら投資家のほとんどが撤退するともいわれています。「投資の基本は複利運用」なのです。かのアインシュタイン博士が、複利効果を「宇宙で最も偉大な力」と呼んだことでも有名です。

今回はFXにおける単利と複利の違い。そして、複利運用で1億円を稼ぐシミュレーションについてもお伝えしていきます。

【動画解説】複利の特徴と1億円を稼ぐシミュレーション

複利運用の特徴とは?

単利運用とは?

単利とは、「当初の投資額のみに利息がつく仕組み」です。

例えば元本が100万円、年利10%で10年間運用した場合、単利ではどうなるのでしょうか?

1年後には利息が10万円上乗せされて、110万円となります。2年後にも同様で、利息は100万円の10%で10万円です。合計で120万円となります。常に毎年10万円ずつ加算されていきますので、10年後には10万円×10で100万円分の利息ですから、合計で200万円ですね。

利息が一定なので、20年後も、30年後も計算はとても簡単です。

複利運用とは?

それでは今回注目する複利ではどうなるのでしょうか?

複利とは、「投資額+利益に利息がつく仕組み」になっています。つまり加算される利息が変化していくことになるのです。

先ほどと同じく、元本が100万円、年利10%で10年間運用した場合、複利ではどうなるのか計算してみましょう。

1年後は単利も複利も結果は同様です。10%の利息がつくので、110万円となります。違いはこれ以降です。2年後は、110万円の10%が利息となりますので11万円の利息がつくのです。10年後はこれまでの収支236万円の10%、23万円が利息となって、合計で約259万円となります。

なんと、単利運用と複利運用では元本が同じでも10年後には59万円もの差が生まれています。

 

これが元本100万円で年利20%だと、単利運用で10年後には300万円になっているのに対し、複利運用では10年後に約619万円になります。319万円の差ですから、実に倍以上に資産が膨れ上がっているのです。

 

これが複利運用の効果です。雪だるま式に資産が増えていくことになります。ですから資産運用は複利に人気が集まるのです。

FXで1億円を稼ぐシミュレーション

それでは次に、この複利運用の凄さを10万円から「1億円」稼ぐためにはどれくらいの時間を要するのかを見ていきましょう。

10万円・月利20%での複利運用

FXの広告・宣伝ではよく「1日10pipsの複利運用で■■日で■■■円到達!」といった驚くべき結果を目にします。これらはどこまで信憑性があるのでしょうか?

仮に10万円の元本で、月利20%の複利運用を続けた場合をシミュレーションしてみましょう。

月利20%を達成するには、レバレッチ10倍で200pips、レバレッチ20倍だと100pipsで実現可能です。1日で100pips勝つことだってできるくらいですから、1ヶ月あれば充分だと考えるトレーダーも多いでしょう。

これを毎月続けていき、38ヶ月後には資産はどのくらいになっていると思いますか?

元本が10万円ですし、3年ちょっとですから、50万円くらいかな? 100万円に届かないくらいかな? と考えるかもしれませんが、月利20%の複利計算をしていくと、38ヶ月後にはなんと「1億円」を突破しています。ちなみに4年後には6億円を突破し、5年後には56億円を突破していることになるのです。

月利20%の複利運用を実践すれば、誰でもあっという間に億万長者になってしまいます。

38ヶ月での1億円突破は可能なのか?

この計算に誤魔化しはありませんので、確かに38ヶ月の複利運用で資産は1億円となります。理論上、計算上は可能なのです。

しかし、これはあくまでも机上の空論です。実際にFXの投資を行い、この計算通りに達成することは99%無理でしょう。これは実現不可能なシミュレーションなのです。

理由は後述しますが、このシミュレーションを提示してモチベーションを高めるような「セミナー」や「教材販売のサイト」、「塾」などがあったら、まず疑うべきです。実際に可能であれば、誰もセミナーや塾など開催せずに、複利運用だけをして儲けているはずです。運営側もそれができないから餌としてぶらさげているだけに過ぎません。

複利運用の欠点

シミュレーションの利回りを維持することは困難な理由

ではなぜこのシミュレーション通りの複利運用ができないのでしょうか?

理由は大きくふたつあります。ひとつは相場の変動が一定ではないということです。大きく動くこともあれば、動きが小さなこともあります。上下の見通しが立てやすい時もあれば、ネガティブサプライズなどによって思いもよらぬような急落に直面する時もあるのです。

例えば1ヶ月目は目標を達成し、20%の月利を確保したとします。2ヶ月目も23%と安定しています。ここまでは順調ですね。しかしずっと勝ち続けることなど剛腕トレーダーでも不可能な話ですから、目標を達成できず損失を出す月も出てきます。

3ヶ月目がマイナス8%になった時、4ヶ月目は負けた分を取り返そうと必死になります。FXは自分で決めたルールをいかに守るかで勝敗が変わってきます。そのルールを無視して、エントリーする機会を増やしたり、レバレッリを増やしたりすると、リスクがどんどん高まっていくのです。結果として3ヶ月目をはるかにしのぐような損失を生み出し、強制ロスカットのような状態に追い込まれることになるでしょう。

マーケット環境の変化は予想通りにはいかず、同じ手法でトレードしても利回りは維持できないというのが、シミュレーション通りには運用できない点です。

人間の感情が妨げとなる

マーケット環境に合せて、自分のルールを堅実に守っていくことが重要になりますが、金額が大きくなるにつれて冷静なトレードができなくなります。

例えば10万円の含み損であれば、割り切って損切りすることもできるでしょうが、資産が膨らむと、利益確定や損切りの金額も大きくなるので、同じルールを徹底するということになると、1,000万円の含み損を割り切って損切りする必要性も出てきます。

恐怖心も大きくなりますし、欲望も大きくなります。そんな自分の心理状態をコントロールし、集中してルールを徹底できる精神力を養わなければなりません。経験を積まなければ克服することは困難な状況です。

こうして月利20%は、人間の感情が妨げとなって崩れていくのです。

まとめ

まず、資産運用で複利はとても威力があり、重要です。ただし、高い利回りを維持するシミュレーションは無理があります。月利10%を目指すことは、年利120%を目指す以上のハードルの高さです。

「史上最高の投資家」と呼ばれるウォーレン・バフェット氏は50年近く資産を運用し大きな成功を収めていますが、それでも年利で20%前後です。

FXの初心者は特に、現実的で、無理のない利回りを設定し、焦ることなく、冷静に柔軟に対応していくことが大切になります。

FXのトレードや損切り、リスクリワードについてもっと基本的なことからじっくり学びたいのであれば、無料学習コンテンツ「FXトレーディングカレッジ」を有効活用してみてください。大切な資産を守り、増やしていくには実現できる現実的な目標がどのくらいなのかを学んでおく必要がありますよ。



今だけライン分析の特別教材(計91ページ・約3時間の動画講義)を限定キャンペーンで無料プレゼント中!
FXブロードネット