今現在、外為どっとコムでFX取引をしているけど、「チャート分析はMT4を使いたいな~」と考えている方もいるのではないでしょうか。

MT4(メタトレーダー4)は世界中の投資家が愛用していて無料で使える高性能のチャートソフトです。

しかし結論から申し上げると、外為どっとコムでMT4を使うことは出来ません。

ただ、「現役プロのようにMT4でテクニカル分析がしたい!」という方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回の記事では、現在、外為どっとコムでFX取引をしているけど、MT4を使いたい方向けにおすすめの対応策について説明していきます。

<この記事で分かること>
・外為どっとコムでMT4は使えるの?
・MT4(メタトレーダー4)を使うにはどうすればいいのか?

 

外為どっとコムのスプレッドは業界最狭水準

外為どっとコム

外為どっとコムは多くの個人投資家に使用されている人気FX会社の一つです。

スプレッドが業界最狭水準である他、外為どっとコムの投資家のポジション状況や、注文状況を確認することが出来るので、これらの情報をトレードに有効活用することが出来ます。

<ポジション状況>
外為どっとコムのポジション状況

外為どっとコム公式サイト

 

<オーダー状況>
外為どっとコムのオーダー状況
どの価格帯に買い注文や売り注文、または、損切り注文(白塗りの部分)が多いかが一目瞭然のグラフ。

外為どっとコムでMT4は使えるのか?

しかし、残念ながら外為どっとコムではMT4(メタトレーダー4)は入手できません。また、MT4上で外為どっとコムのアカウントで取引することも出来ないのです。

「でも、チャートはMT4でテクニカル分析がしたい!」

と考えている方は、今から紹介する二つの選択肢の中から選ぶ必要があります。

それは、以下の二つです。

 

外為どっとコムを使っている人が、MT4を使う方法
(1)外為どっとコムのアプリで取引だけして、チャートはMT4で分析する
(2)MT4で取引できるFX会社に移行する

 

それでは、それぞれの注意点を見ていきましょう。

(1)外為どっとコムで取引し、チャートはMT4で分析する

MT4についてよく分からない方のために念のため説明しますと、MT4 とはロシアの企業が開発したチャート分析と取引が一緒にできるツールです。

そして、一般的にMT4に対応しているFX会社の口座開設をすると、MT4をダウンロードして使えるようになります。また、MT4へログインの際にはIDとパスワードが必要ですが、その情報もFX会社からもらえます。

MT4

 

MT4をダウンロードして、使う方法について知りたい人は、以下の記事もご参考下さい。

記事:MT4とは?使い方マニュアルとインストールの方法【動画付き】

 

ここで、一つ目の方法としては、「FXの取引は外為どっとコムでするけど、テクニカル分析は他のFX会社のMT4で行う」という方法です。

実は、このような使い方をしているFXトレーダーは結構います。

ただ、この方法にもデメリットがあります。

それは、そもそもせっかくMT4上で取引できるのに、わざわざ他のアプリ(外為どっとコムの取引ツールやチャート)を起動させて取引しなければいけない点です。

例えば、PCの性能が悪かったりすると、たくさんアプリを起動しているせいでPCが固まる危険性もあるので注意が必要です。

(2)MT4で取引できるFX会社に移行する

もし、MT4でチャート分析をして取引もしたいならば、最初からMT4に対応しているFX会社で取引をするのがベストです。

ただ、MT4に対応しているFX会社の多くは海外FX業者ですが、スプレッドも広いですし、税金面でも不利になりますのでわざわざ使う必要はないでしょう(【MT4は国内FX業者を使うべき理由とは?海外FXは注意点あり!】)。

 

以下は、国内FX業者でMT4に対応している先です。

特に、FXトレードフィナンシャルは、ドル円のスプレッドが0.3銭と外為どっとコムと同様に国内最狭水準のFX会社なのでおすすめですよ。

FXトレード・フィナンシャル

FXトレード・フィナンシャル

 

MT4が使えるFX会社で特におすすめなのが、「FXトレードフィナンシャル」です。

取引は1000通貨単位と少額からでき、また、スプレッドもドル円0.3銭と非常に狭いです。

また、今だけ当サイト経由で口座開設すると、特典として特別教材「ラインの王道」(91ページ、動画3時間)がもらえます。

FXトレードフィナンシャルの特徴
・ドル円スプレッドが0.3銭と非常に狭い
・MT4対応の国内FX会社
・MACにも対応
・マーケット情報が豊富

OANDA JAPAN

OANDA Japan MT4

 

次におすすめなのがOANDA JAPANです。

元は海外の会社だけあって、通貨ペアが71種類と非常に多いです。

ただ、スプレッドはドル円0.4銭と、FXトレードフィナンシャルと比べるとやや広いですね。

 

OANDA JAPANの特徴
・海外FX会社の日本法人
・スプレッドはドル円0.4銭と、海外FXと比べて狭い
・日本語サポートも対応

楽天証券

楽天証券

 

最後におすすめなのが楽天の証券会社です。

こちらは、スプレッドがドル円0.5銭とやや広いです。

 

楽天証券の特徴
・株なども扱っているネット証券会社
・MT4が対応
・スプレッドはドル円0.5銭と、他と比べてやや広め

外為どっとコムはMT4に対応していない

FXを始めたばかりの人は、FXの基本的な知識に加えて「どのFX会社がいいのか?」「どのチャートがいいのか?」など、分からないことが多すぎる状態でしょう。

ただ、それは誰しもが通る道ですので、少しずつ知識を深めていきましょう。





The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。