「GMOクリック証券でMT4は使えるの?」

GMOクリック証券を現在使われている方、または、今後GMOクリック証券の口座を開設してFXを始めようと思っている方は、この疑問を持つ人は多いでしょう。

個人投資家の多くが、MT4(メタトレーダー4)を使っており、自分もチャート分析はMT4を使いたい!と感じる方は多いでしょう。

 

しかし、結論から申し上げると、GMOクリック証券はMT4に対応していないので、MT4を使って取引を使うことは出来ません。

では、GMOクリック証券の口座を持っているけど、「MT4で高度なテクニカル分析をしたい!」と考えている人はどうすればいいのでしょうか?

そこで今回の記事では、GMOクリック証券を今使っている、もしくは今後開設をする予定だけど、MT4のチャートソフトを使いたい方向けに、おすすめの方法について説明していきます。

GMOクリック証券は取引高世界第1位

GMOクリック証券は、FXだけではなく、株やCFDなどを取引できる大手ネット証券の一角です。

また、FX取引高も6年連続世界第一位であり、多くのトレーダーが使っているFX会社です。

ただし、チャートはMT4ではなく、GMOクリック証券が提供している「Platinumチャート」というものです。

Platinumチャートでは、多彩な機能他、多数のテクニカル分析も搭載されているので、初心者でも使い勝手がいいチャートでしょう。

GMOクリック証券

GMOクリック証券でMT4を使う方法は?

ただ、「GMOクリック証券のプラチナチャートは自分には合わないな・・・」「チャート分析はやっぱりMT4を使いたい!」という人も多いでしょう。

その場合、チャートソフトでMT4を使う方法は以下の二つがあります。

(1)取引はGMOクリック証券で行って、チャート分析だけMT4を使う
(2)最初からMT4が使えるFX会社に移る

(1)取引はGMOクリック証券で行って、チャート分析だけMT4を使う

MT4とは、ロシアのMetaQuotes社が開発したFX取引プラットフォームです。

MT4を使うためには、FX会社の口座開設をしたり、海外のサイトからダウンロードしたりする必要がありますが、それにより無料で使用することが出来ます。

また、IDとパスワードさえあれば、MT4にログインしてチャート分析ができるので、取引は他の証券会社でやるけど、チャート分析だけはMT4を使うという人も多いです。

 

MT4をダウンロードする方法などは、以下の記事をご参考下さい。

記事:MT4とは?使い方マニュアルとインストールの方法【動画付き】

 

使用料は一切かからないので、「チャート分析だけはMT4で行い、実際の取引はGMOクリック証券の取引アプリを使う」という方法が一つあります。

ただ、その場合、せっかくのMT4のメリットを使えません。

それは、MT4はテクニカル的なチャート分析だけではなく、MT4上でFXトレードも出来るからです。

例えば、MT4でテクニカル分析をしているのであれば、MT4でチャートを見ながらトレードした方が有利であることは言うまでもありません。

なので、MT4を使いたいのであれば、MT4を提供しているFX会社の口座開設をしてそこで取引するのが得策と言えます。

(2)MT4が使えるFX会社はここがおすすめ

MT4を提供しているFX会社は、国内・海外を含めるとたくさんあります。

ただ、海外のFX業者の場合、スプレッドが日本よりも広く、また、税金面でも不利になりますのでおすすめはしません。

そうなると、国内FX業者でMT4を提供している会社を選ぶべきです。

FXトレード・フィナンシャル

FXトレード・フィナンシャル

 

MT4が使えるFX会社で特におすすめなのが、「FXトレードフィナンシャル」です。

取引は1000通貨単位と少額からでき、また、スプレッドもドル円0.3銭と非常に狭いです。

また、今だけ当サイト経由で口座開設すると、特典として特別教材「ラインの王道」(5万円相当)がもらえます。

FXトレードフィナンシャルの特徴
・ドル円スプレッドが0.3銭と非常に狭い
・MT4対応の国内FX会社
・MACにも対応
・マーケット情報が豊富

OANDA JAPAN

OANDA Japan MT4

 

次におすすめなのがOANDA JAPANです。

元は海外の会社だけあって、通貨ペアが71種類と非常に多いです。

ただ、スプレッドはドル円0.4銭と、FXトレードフィナンシャルと比べるとやや広いですね。

 

OANDA JAPANの特徴
・海外FX会社の日本法人
・スプレッドはドル円0.4銭と、海外FXと比べて狭い
・日本語サポートも対応

楽天証券

楽天証券

 

最後におすすめなのが楽天の証券会社です。

こちらは、スプレッドがドル円0.5銭とやや広いです。

 

楽天証券の特徴
・株なども扱っているネット証券会社
・MT4が対応
・スプレッドはドル円0.5銭と、他と比べてやや広め

GMOクリック証券はMT4が使えない

繰り返しですが、結論は、GMOクリック証券ではMT4は使えません。

GMOクリック証券は、プラチナチャートという独自なソフトを提供(無料)していますので、それでチャート分析をするか、またはMT4が使いたければ、MT4を提供するFX会社の口座開設をする必要があります。

GMOクリック証券で実際の取引はして、チャート分析だけMT4という方法もできますが、MT4上で取引できるというメリットを得られません。

なので、以上を踏まえて、自分に合ったチャートや取引の仕方を見つけていきましょう。



いずれかのFX会社の口座開設と条件クリアで、ライン分析の教材(91ページ、動画3時間)を無料プレゼント中! 申し込みは最短5分で完了!
<FXブロードネット>
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • 使いやすい取引ツールを装備
  • トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

<セントラル短資FX>
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • スキャルピングにも対応
  • 最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

<FXトレードフィナンシャル>
FXトレード・フィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
  • 国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • マーケット情報が充実

   
The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。