「MT4とMT5ってどっちを使えばいいの?」

世界基準のチャートソフトであるMT4(メタトレーダー4)を使っている方は、MT4とMT5の違いがよく分からず、結局、どっちがいいの?と迷っている方も多いでしょう。

結論から言うと、MT5はMT4の進化版ですが、現在の主流はMT4であり、あえてMT5を使用する必要はありません。

なぜなら、MT5にはMT4にはないメリットもありますが、それ以上にデメリットもあるからです。

なので、わざわざMT5を使う必要はあまりありませんが、今回の記事ではその理由も含めて、MT4とMT5のそれぞれの特徴を整理していきましょう。

<この記事で分かること>
・MT4とMT5の違いが分かる
・結局、どっちがいいのか?その理由が分かる

 

MT4とMT5の違いは?

MT4とMT5

MT4とMT5の一番の違いは、MT5は動作の速度がより速いということです。

MT5はMT4と比べて、より多くのメモリを使用する代わりに、よりスピーディーに動作するというメリットがあります。

 

また、それ以外の特徴としては、MT5ではMT4よりもチャートの時間足の種類が増えています。

MT4は9種類:1分足・5分足・15分足・30分足・1時間足・4時間足・日足・週足・月足

MT5は12種類:(MT4の時間足に加えて)2分足・3分足・4分足・6分足・10分足・15分足・20分足・2時間足・3時間足・6時間足・8時間足・12時間足

 

つまり、MT5ではより多彩な時間足でのチャート分析が可能となっています。

MT4とMT5の主な違い
・MT5は動作が早い
・MT5は時間足が増えた

 

ただ、だからと言って、MT5の方がいいかと言われれば、そうではありません。

実は、多くのトレーダーは未だにMT4を使い続けているのですが、それには以下2つの理由があります。

MT5のデメリット
MT4のカスタムインジケーターが使えない
対応しているFX会社は少ない

MT4のカスタムインジケーターが使えない

まず、MT5が普及しない一番の原因が「MT4のカスタムインジケーターやEA(自動売買システム)がMT5で使えないため」です。

このため、今までMT4を使っていたトレーダーの多くがMT5に移行せずに人気が出ていません。

また、ネット上で何か使い方やインジケーターを調べても、出てくるのはほとんどMT5ではなくMT4に関するものなので、初心者の方がMT5を最初から使うのは難しいと言えるでしょう。

対応しているFX会社は少ない

もう一つのデメリットは、そもそもMT5に対応しているFX会社が少ないということです。

MT5に対応しているFX会社は、海外FX業者の一部しかありません。

例えば、日本人に人気の「XM FX」などがそうです。

ただし、MT4でリアル口座を開設している人であっても、MT5を使うためには新たにMT5専用の口座を開設する必要があるので不便と言えます。

 

また、海外FX業者は国内FX業者と比べてスプレッド(手数料)が広いので、FX初心者の方であれば国内FX会社を選んだ方がいいでしょう。

記事:MT4は国内FX業者を使うべき理由とは?海外FXは注意点あり!

MT4に対応している国内FX業者を選ぼう!

つまり、ここまでの説明を要約すると、

・MT(メタトレーダー)のチャートを使いたいならば、MT5ではなくMT4を選んだ方がいい
・MT4を使うならばスプレッド(手数料)が低い国内FX業者が有利

ということになります。

 

なので、これからFXを始める初心者の方は、MT4に対応している以下の国内FX会社の中から口座開設をして、MT4をダウンロードしましょう。

以下は、MT4に対応している国内FX業者です。特に、FXトレードフィナンシャルはドル円のスプレッドが0.3銭と非常に狭いのでおすすめですよ。

FXトレード・フィナンシャル

FXトレード・フィナンシャル

 

MT4が使えるFX会社で特におすすめなのが、「FXトレードフィナンシャル」です。

取引は1000通貨単位と少額からでき、また、スプレッドもドル円0.3銭と非常に狭いです。

また、今だけ当サイト経由で口座開設すると、特典として特別教材「ラインの王道」(91ページ、動画3時間)がもらえます。

ラインの王道

FXトレードフィナンシャルの特徴
・ドル円スプレッドが0.3銭と非常に狭い
・MT4対応の国内FX会社
・MACにも対応
・マーケット情報が豊富

 

MT4のダウンロードや使い方がよく分からないという方は、以下の記事もご参考下さい。

記事:MT4とは?ダウンロード方法と使い方マニュアル【動画付き】

OANDA JAPAN

OANDA Japan MT4

 

次におすすめなのがOANDA JAPANです。

元は海外の会社だけあって、通貨ペアが71種類と非常に多いです。

ただ、スプレッドはドル円0.4銭と、FXトレードフィナンシャルと比べるとやや広いですね。

 

OANDA JAPANの特徴
・海外FX会社の日本法人
・スプレッドはドル円0.4銭と、海外FXと比べて狭い
・日本語サポートも対応

楽天証券

楽天証券

 

最後におすすめなのが楽天の証券会社です。

こちらは、スプレッドがドル円0.5銭とやや広いです。

 

楽天証券の特徴
・株なども扱っているネット証券会社
・MT4が対応
・スプレッドはドル円0.5銭と、他と比べてやや広め

MT5はまだ主流ではない

MT5はまだ主流ではないですが、昔と比べてカスタムインジケーターなども増えて生きているので、将来的にはMT4からMT5にシフトする流れが強まる可能性はあります。

ただ、MT4とMT5の操作性は変わりありませんので、MT4で慣れてから、その時にMT5に移行すれば全く問題ないでしょう。





The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。