FX(外国為替証拠金取引)は、基本的に「為替差益」(キャピタルゲイン)で利益を出していくことが目標になります。

為替相場の上昇、下降を予測し、トレードすることです。

「ドル/円」(USD/JPY)を例にすると、米ドルが上がると予想するならば、円を売って米ドルを買い、「ロングポジション」を持つことになります。米ドルが下がると予想するならば、米ドルを売って円を買う、「ショートポジション」を持つことになります。

では、その予測はどのようにしているのでしょうか?

ひとつは、チャートを分析し、過去の価格や取引量を参考にしながら予測する「テクニカル分析」です。チャートをどのように分析するのかがポイントになります。

もうひとつは、経済指標や金利などの情報からトレンドの転換点などを予測する「ファンダメンタルズ分析」になります。こちらはやや中・長期的な視点になります。

世界中の投資機関や投資家は、「チャートの節目」を強く意識して、利益確定や損切りをしています。相場の動きを左右する投資家心理の動きを知っておくことは、FXのトレードの勝率を上げるうえで重要です。

今回は代表的なFXインジケーターの種類や活用方法についてお伝えしていきます。

テクニカル分析の種類

テクニカル分析には、大きく分けると、トレンドを認識したり、またはその発生を予測する「トレンド系」と、方向性のない相場でトレンド分析が役に立たない時に有効な「オシレーター系」などに分けられます。

それでは、それぞれのインジケーターの特徴を見ていきましょう。

 

為替相場の動向を予想するもう一つの方法である「ファンダメンタルズ分析」について詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考下さい。

記事:ファンダメンタルズ分析とは?|FX入門初心者講座

トレンド系インジケーター

それではまずは、トレンドを認識したり、その発生を予想する「トレンド系」のインジケーターを見ていきましょう。

移動平均線

「ローソク足チャート」の動きを確認し、「サポートライン」や「レジスタンスライン」をブレイクしたことを確認することで、トレンドを捉えることは可能です。

しかしローソク足チャートだけでは、「ダマシ」も多く、上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか、なかなか判断が難しい時があります。

そこで利用されるのが、「相場の方向性を分析」するのに役立つ「トレンド系指標」になります。

FXの取引業者のトレード用アプリには、様々な「インジケーター」が装備されており、その中から自分のトレードに合ったものを利用できます。

その中で多くの投資家が使用しているのが、「移動平均線」(Moving Average)(MA)です。

移動平均線も、単純移動平均線(SMA)、加重移動平均線(WHA)、指数平滑移動平均線(EMA)に分けられます。基本的にはSMAが使用されています。

移動平均線も期間の設定で大きく変わってきます。短期の動きを反映したいのならば(5)や(10)になりますし、長期の動きを反映したいのならば(90)(200)などが有効です。

短期線(5)と中期線(25)などを組み合わせていくと「転換期」が見つけやすくなります。

短期線が中期線を下から上に抜けていくと「ゴールデンクロス」と呼んで、買いのサインです。

逆に、短期線が中期線を上から下に抜けていくと「デッドクロス」と呼んで、売りのサインになります。

こちらが、多くの投資家がチャンスと捉えるエントリーポイントです。

 

移動平均線について詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考下さい。

記事:FXで移動平均線の効果的な使い方・設定とトレード手法【完全版】

一目均衡表

日本人が開発したテクニカル指標として有名なのが、「一目均衡表」です。こちらは5本の線が表示されるので、一見すると複雑です。

転換線、基準線の他に、将来的な相場の動きを予測する先行スパンAと先行スパンB(雲)、そして現状のチャートをそのまま過去にスライドする遅行スパンから成り立っています。

転換線が基準線を下から上に抜けていくと買いのサイン。転換線が基準線を上から下に抜けていくと売りのサインです。さらにこの転換線が、トレンド発生時のサポートラインやレジスタンスラインにもなります。

先行スパンの2本の線で囲まれる部分を「雲」と呼びます。厚い雲は抜けぬくく、サポートラインやレジスタンスラインになる傾向が強いです。薄い雲はブレイクされやすく、ここで相場が反転する可能性が高くなります。

表示するローソク足チャートの時間足によって、一目均衡表も大きく異なってきますので、自分のトレードにあった期間の指標を活用していきましょう。

短期のテクニカル指標はダマシにひっかかるリスクがありますので、中期または長期もよく確認しておくことがおすすめです。

 

一目均衡表について詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考下さい。

記事:FX 一目均衡表の使い方・見方・トレードの仕方を徹底解説

オシレーター指標

次に、トレンド系インジケーターが有効に機能しない場面で役に立つ、相場の強弱を図るオシレーター系のインジケーターについて見ていきましょう。

RSI

テクニカル指標には、トレンド系の指標とは別に、「オシレーター系指標」もあります。

「相場の変化や転換点を探る指標」になります。多くのインジケーターは、「ボックス相場」と呼ばれる「もみ合いの相場」で効果を発揮します。これは、オシレーター系指標が、相場の過熱感から「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」といった傾向を表示してくれるからです。

トレンド系指標が「順張り」に効果的であるのに対し、オシレーター系指標は「逆張り」に高価を発揮します。

オシレーター系の指標で代表格なのが、「RSI」(Relative Strength Index)(相対力指数)です。

サブチャートに表示され、買われ過ぎゾーンと売られ過ぎゾーンが示されます。30%以下で反転したら買いのサイン、70%以上で反転したら売りのサインになります。

あくまでも一定のレンジ内で有効な指標なので、強いトレンドが発生すると上下のどちらかに張り付いた状態になってしまい、ここで逆張りするとトレンドに逆行して大きな損失を生む可能性があります。

RSIを使用する際は、トレンドの状態を確認できるトレンド系の指標と並行しましょう。

 

RSIについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考下さい。

記事:RSIの見方・使い方・トレード手法を徹底解説|FXテクニカル分析

DMI

トレンドの強弱を確認できるオシレーター系の指標もあります。それが「DMI」(Directional Movement Index)(方向性指数)です。

+DIが-DIを下から上に抜けたら買いのサイン。+DIが-DIを上から下に抜けたら売りのサインです。

ただし、これは相場がもみ合いの状況だとダマシが多くなります。

本当に強いトレンドが発生しているのか、それとももみ合いの展開なのかは、ADX(Average Directional Movement Index)で確認します。

+DIが-DIを下から上に抜け、さらにADXが下降してきた-DIを上に抜いたら買いのサイン。+DIが-DIを上から下に抜け、さらにADXが下降してきた+DIを上に抜けたら売りのサインです。

DMIのインジケーターには、ADXも併用されているケースが多いのはこのためです。DMI単独で使用した際のダマシのリスクを軽減することができます。

ちなみにRSIを考案したJ・W・ワイルダー氏がこちらの指標も開発しています。

まとめ

他にもトレンド系指標としては、「ボリンジャーバンド」が有名ですし、オシレーター系指標としては、「MACD」「ストキャスティクス」が有名です。

「どのトレンド系指標とオシレーター系指標を組み合わせるのが効果的なのか」、「どの時間足だと有効なのか」、「自分のトレードにはどれが合っているのか」は、実際にいろいろなインジケーターを使用してみて勉強するのがいいでしょう。

FX初心者の頃は、まずはすべて試してみることです。ひとつのインジケーターで結果が出たから、それをずっと使い続けるのではなく、他のインジケーターであればどんな結果が出るのかも体験しておいたほうがいいでしょう。絞り込むのはすべて試してみてからで充分です。

同様に、テクニカル分析だけに偏ってトレードするトレーダーもいますが、FX初心者の頃はファンダメンタルズ分析もしっかり勉強し、バランスよく分析能力を高めていくべきです。

インジケーターのより具体的な利用方法を基本から勉強したいのでれば、無料学習コンテンツ「FXトレーディングカレッジ」に参加してみてください。勝率を上げるためのヒントがたくさん見つかりますよ。



今だけ、元メガバンク為替ディーラーのテクニカル分析教材(動画3時間超、テキスト91ページ)を無料プレゼント中!
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。