投資初心者投資初心者

FXを始めて安定収入を得たいんですけど、どのような勉強・学習をしていけばいいのでしょうか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

では、初心者の方がどのようなステップで勉強をしていけばいいのか説明します。

FXを副業として始めた方や、現在はサラリーマンだけど将来は独立して専業トレーダーを目指している方の中には、一人、試行錯誤でトレードしてはいるものの、中々勝てず、どんな学習をしていけばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、これからFXを本格的に始めて、安定収入を手に入れたい方が、どのような項目を、どのような方法で勉強・学習をしていけばいいのかについてまとめてみました。

この記事を最初から最後まで読めば、最速・最短ルートでFXで稼ぐための勉強法が分かりますよ!

<この記事で分かること>
・どんな手順でFXの勉強をすればいいか?
・トレードのトレーニング方法は?
・FXを効率的に学習をする秘訣は?

 

FX勉強法を動画で学ぶ

動画がご覧になられる方は、FX勉強法で知っておくべき基本や、概念を説明していますのでご視聴下さい。

FXの勉強法:基礎を徹底的に学ぶ

これからFXを本格的に学習していくならば、まずはFXの基礎を徹底的に学習していく必要があります。

FXはギャンブルやゲームではなく、金融機関やヘッジファンドなどのプロも参戦している為替を使った投資です。メディア等では、「FXで月収200万円稼いだ」や「フリーターが億を稼いだ」などの良い面だけがクローズアップされていますが、運だけで勝ち続けられる程、相場は甘い世界ではありません。

たまたまビギナーズラックで稼げた人も、しっかりとしたスキル・実力が無ければ、すぐに負けて相場の世界から強制退場させられています。

「私には才能がないから、FXで勝つことが出来ないかも・・・」

と思われてしまった方もいるかもしれませんが、ご安心下さい。

正しい練習方法を行い、しっかりとしたスキルを身に付ければ、FXでは誰でも安定的に稼ぐことが可能です。

それこそ、プロ野球選手やサッカー選手のような、特別な才能は必要ありませんので、スポーツ選手になることと比べたら、全然簡単でしょう。

FXの仕組みを知る

まずはFXの仕組みについて学習をしていきましょう。

そもそもFXがどんなもので、どういう仕組みで成り立っているのかも知らずに、儲かるという話だけを聞いて始めてはいけません。

初心者の方が最短・最速で勝てるようになりたければ、一見遠回りに見えるかもしれませんが、まずは基礎を徹底的に学習していくのが効率的です。

また、FXの世界は、日本の個人投資家であるFXトレーダーだけが参加している世界ではありません。
確かに、日本の個人投資家は、「ミセスワタナベ」と称され、マーケットに一定以上の影響は与えているとは思いますが、グローバルで見ると、金融機関などの機関投資家や、ヘッジファンドなど、何百億、何千億という桁違いのマネーを動かす大口プレイヤーがゴロゴロおり、彼らの存在を無視してFXをするのはリスク大です。

相場の世界は、ゼロサムゲーム。誰かが稼いでいる一方で、その裏では、同じだけ負けている人もいます。

金融機関やヘッジファンドなどのプロや、百戦錬磨のトレーダーが日々しのぎを削っている世界ですので、何の知識・経験も持たず、のこのことマーケットの世界に足を踏み入れてしまったら、一瞬でカモにされて負けてしまうので気を付けましょう。

 

詳細記事:FXとは?始めるための全知識

チャートの見方を学ぶ

FXのルールが分かったら、次はチャートや為替レートの見方について学習をしましょう。

ネット上には「チャートは見なくてOK」や「レートだけ見てトレードする」などと、相場をなめているとしか思えない非常識なことを言っている情報を見かけますが、まずあり得ません。

チャートというのは、過去のレートの推移を示したものであり、今後、どのように動くのかを予想する上で、極めて重要な道具です。

また、テクニカル分析という、チャートの分析をして、将来、どのようにレートが推移するのかを予想するためにも必要不可欠なものです。

チャートにもローソク足や、バーチャートと言った様々な種類がありますが、まずは最も一般的な「ローソク足チャート」の意味を覚えましょう!
そして、買値と売値がそれぞれ左右に表示されている為替レートの見方も学習しましょう。

 

詳細記事:FXチャートと為替レートの見方

ファンダメンタルズ分析について知る

為替レートの値動きを予想するためには、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という二つのアプローチがあります。

よく、「どちらが重要ですか?」という質問を頂きますが、その議論は意味がありません。トレードをする上で、ファンダメンタルズ分析もテクニカル分析もどちらの知識も重要です。

そして、トレードでテクニカル分析のみを用いるテクニカルトレーダーであっても、ファンダメンタルズについて何も知らないという人は、勝つことは難しいでしょう。

相場が動く時は、必ずその裏で、ファンダメンタルズ的な要因があります。

例えば、米国の景気が悪くなれば、米金利が下がり、米国から投資マネーが流出しますので米ドルは売られます。

「チャートの形がこうだから、為替がこう動いた」という解釈も、短期的な観点からは可能ですが、総じて後解釈にすぎず、相場の大きな流れはファンダメンタルズによるものということは覚えておきましょう。

 

詳細記事:ファンダメンタルズ分析とは?

テクニカル分析について知る

初心者の方でも分かりやすく、トレード時に必要なスキルとしてテクニカル分析があります。

テクニカル分析には、相場のトレンドを把握するトレンド分析と、相場の買われ過ぎや売られ過ぎを把握するオシレーター分析の2種類があります。

テクニカル分析には様々な種類がありますが、どれが一番有効なのかは一概には言えません。どれも体系的に確立された手法ですので、有効ですし、逆に言うと、使い手のスキルが不十分であれば、たいして効果を発揮できない可能性もあります。

トレードは技術であり、テクニカル分析は戦うための武器に過ぎません。どんな高性能な武器を持っても、使い手が武器の使用方法を知らなければタダの飾りであるのと同じです。

まずはそれぞれのテクニカル分析を理解し、どれか自分に合ってそうなものを2つか3つピックアップしましょう。
そして、一度決めたら、他のものに浮気をせずに徹底的に極めるまで学習をしていくことが重要です。

 

詳細記事:テクニカル分析とは?

資金管理について知る

トレード手法と同じか、それ以上に大切なことに、『資金管理』があります。

FXの魅力の一つは、少額から始められて、レバレッジをかけることにより大きなリターンを得ることが出来る点です。

しかし逆を言うと、しっかりとリスク管理を徹底してやらなければ、すぐに負けて投資資金を失ってしまう危険性もあります。

そして、多くの人は、手法ばかりに目が行きがちで、絶対勝てる手法(そんなものはありませんが)を探す事には全力を尽くすのですが、守りの資金管理には全く目を向けていないのです。

プロや上級者であればあるほど、このリスク管理は徹底しています。

手法を勉強し攻めることも重要ですが、守りの資金管理が出来ていないと、たいていの場合は資金が無くなりゲームオーバーになってしまいますので、資金管理はしっかりと勉強しましょう。

 

詳細記事:FXで稼ぐために不可欠な資金管理方法

トレードスタイルについて知る

トレードスタイルの種類

FXのトレードスタイルには、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、長期トレードの4種類があります。

それらは1回のトレードにどれくらいの時間をかけるかによって分けられております。

どのトレードスタイルが自分に合っているかは、生活スタイルや性格等にもよっても変わってきます。
会社員の方であれば、仕事終わりにサクッとトレードするスキャルピングや、中期でポジションを持つスイングが向いていますし、専業トレーダーであれば、デイトレードでがっつり稼ぐことを狙っていくべきです。

まずはそれぞれの特徴を理解し、どのスタイルで自分がいくかを決めましょう。

 

詳細記事:FXトレードスタイルの全種類

FX勉強法:トレード手法を極める

FXの基本が理解出来たら、次はトレード手法を学習しましょう。目標は、自分の中に勝てるトレード手法を確立することです。

これさえ達成できれば、後は、チャンスが来たらその手法を発動するだけでポンポンと利益が上がっていきますので、焦らず着実に進んでいくことが大切です。

FXで稼ぎたい金額が20万円であれば、まずはその目標をしっかりとイメージし、少しずつスキルを磨いていきましょう。

トレード手法の学習法

ネット上には本当にたくさんのトレード手法が出回っています。中には「誰でも楽に稼げる」といううたい文句だけが優れているけど実際は全く稼げないものが本当によく目につきます。

もちろん、それらの中には、本当に良いノウハウもあるのかもしれませんが、大切なのは、一度それらを学んだら、自分で納得がいくまで検証・分析を徹底して行うということです。

私も経験がありますが、「手法を知ったら、それで満足してしまう」という人が非常に多いです。

よく、本や参考書を買って、それを十分に読み込まずに、次の新しい本に目移りしてしまうのと同じですね。

FXで安定的に稼ぐためには、1つの手法を学習したら、それを徹底的に自分の中に消化させることが重要です。そして、もちろんそのノウハウを、そのまま使うことも大切ですが、自分オリジナルの視点を加えることで、更に応用が効いてきます。

 

一度自分の中にトレード手法を確立できれば、後はサクサクとFXで利益を上げていくことが可能です。


リスクを最小限に抑えたトレード手法

月収20万円くらいの安定収入を得たい方におすすめなトレード手法は、リスクを最小限に抑えて、利益を最大限に伸ばすトレード手法です。

そして、そのようなトレードを実現するために大切なのが、『待ちの姿勢』です。トレード回数を極端に絞り、高勝率なエントリーポイントだけに的を絞って、トレードしていくのです。

多くの人は、トレード回数が多ければ多いほど稼げると勘違いしていますが、これは非効率極まりないです。スキャルピングの場合は話は別ですが、トレード回数が多いと、スプレッド分だけ手数料がかかりますし、メンタル面も疲弊していきます。

逆に、トレード回数は全然多くないけど、数回のトレードに全身全霊をかけて臨む方が、勝率もアップしますし、トレード回数が多い人と比べて、メンタル面への負担は低いです。

トレードで意識したいポイントしては、『リスクリワード』があります。リスクリワードとは、利益幅:損失幅の比率のことで、多くの人は、このリスクリワードの設定がでたらめです。

リスク対リワードは、かならずリワード(利益)の方を大きく(もしくは同じ)に設定していないと、安定して稼ぐことにむすびつきません。

それに加えて、多くの負けている初心者の方は、このリスクリワードがリスク(損失幅)の方が圧倒的に大きな比率となっており、これが負ける人の典型的なパターンなのです。

 

詳細記事:リスクリワードとは?初心者がFXで負ける理由を徹底解説

デモトレードで練習を徹敵的に行う

FXの基礎を学び、トレード手法を学習したら、後はそれを使いこなせるようになるまで、徹底的に反復練習をしていきます。

そこで有効になるのはデモトレードでの練習です。

もちろん、いきなりリアル口座を使い実践形式でトレードをした方が、早く上達すると思います。なぜなら、リアル口座とデモ口座には、実際に自分のお金が増減するかどうかという決定的な違いがあり、これが大きな影響を与えます。

デモ口座では上手くいったのに、リアル口座に切り替えた途端、上手くいかなくなる人も多いですが、これらは実際にお金が減るさまを見て、恐怖心から本来のトレードスタイルを見失っている証拠です。

なので、初心者の方であれば、デモ口座での練習は重要ですが、トレード経験が少しある方であれば、少額の金額にてリアル口座でトレードする方が早く成長することが出来るでしょう。

おすすめのFX口座

ここでは、実際に管理人が使用しており、特におすすめのFX会社を紹介していきます。

ここでは元メガバンク為替ディーラーの私がおすすめする超優良なFX会社を紹介します。

おすすめNo1『FXブロードネット』 初心者向き

FXブロードネット

 

FXブロードネットは、業界トップクラスの低スプレッドとFXサービス取引コスト満足度第1位(※2018年8月時)の先です。

また、1000通貨単位から取引できるので初心者に向いているFX会社です。

 

FXブロードネットの特徴
・業界最狭水準のスプレッド
・1,000通貨単位から取引可能で初心者向き
・トラッキングトレードという自動売買システムもあり
・ラインの王道(非売品教材)をプレゼント中

おすすめNo2『FXトレードフィナンシャル』 MT4が使用可能

FXトレードフィナンシャル

 

FXトレードフィナンシャルはプロトレーダーの多くが使用しているチャートソフトMT4」に対応しているFX会社です。

また、スプレッドも狭いことに加え、1000通貨単位から取引できるので、これからFXを始める初心者にも適している先です。

 

FXトレードフィナンシャルの特徴
・業界最狭水準のスプレッド
・1,000通貨単位から取引可能で初心者向き
・MT4チャートソフトが使用可能
・ラインの王道(非売品)をプレゼント中!

 

また、こちらも5万円相当の「ラインの王道」教材を特典でプレゼント中!

おすすめNo3『セントラル短資FX』 伝統あるセントラルグループ

セントラル短資FX

 

セントラル短資FXは、伝統あるセントラル金融グループの会社、その使いやすいさから多くのFXトレーダーに選ばれています。

そして、環境の方も、手数料(スプレッド)が安く、レートもマーケット実勢に近く、情報量も多く、カスタマーサポートもしっかりしているので、FXを始める際には真っ先に口座開設を行いたい先です。

 

セントラル短資FXの特徴
・業界最狭水準のスプレッド
・1000通貨単位から取引可能
・値動きをする「未来チャート」などもあり
・ラインの王道(非売品)をプレゼント中!

本格的に稼ぎたい場合は、よき指導者を見つける

FXの指導者

最後に、FXを副業として本格的に稼ぎたい人、今の会社から独立して、専業トレーダーになりたい人は、良き指導者を見つけることが成功への最短・最速ルートです。

もちろん、独学で成功されている人もいると思いますが、かなりの努力と失敗を重ねてそこにたどり着いているのでしょう。

私も、メガバンクにいた時は、先輩の指導員が手取り足取り指導してくださいましたし、一人で何百億のポジションを持つ上司から、トレードのノウハウを徹底的に叩き込まれました。

一人で学習していたら、ほぼ確実に限界が来ていたでしょう。

日本には幸いなことに、個人の現役トレーダーが教えているFXスクールや塾などもありますので、自分に合った人を見つけて、教えてもらうのが、結局お金も時間も節約することになると思います。

FX勉強法のまとめ

ネット上には投資関連で誤った情報が溢れかえっており、その情報の選別をする力が求められています。

FXの勉強を進めていく際に、信用できない誤ったノウハウを真に受けてしまうと、FXでは取り返しのつかない大きな痛手を被ってしまうので、そうならないように気を付けていきましょう。

FXで稼ぐためには、特別な才能は必要ありません。必要なのは、練習を続ける努力です。一度スキルさえ身に付けば、面白いくらいにFXで勝てる時がいつか来るでしょう。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「DMM FX」「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

最大手なら DMM FX
DMM FX
DMM FXの特徴
口座数国内No1(70万超)
業界最狭水準のスプレッド
10,000通貨単位と資金がやや必要
24時間サポート受付(平日)

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。