こんな疑問を解決!

  • FXのテクニカル分析で失敗する理由は?
  • テクニカル分析のよくある勘違いとは?
  • テクニカル分析で勝てるようになるためは?

FXでテクニカル分析を極めれば絶対に勝つことが出来る、そう思っている人は多いのではないでしょうか?

残念ながらその考えは間違いです。

テクニカル分析をどんなに極めた人でも、100%勝てるなんてことは相場の世界にはないのです。

そして、FXのテクニカル分析で失敗している人は、たいてい今回紹介する4つの失敗理由に当てはまります。

初心者の方は、FXテクニカル分析で失敗する原因はどんな理由があるのかを理解し、それら過ちを回避するようにしましょう。

この記事の監修者
suzuki_gazou

鈴木 拓也

  • 公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定アナリスト
  • 東京工業大学大学院修士課程修了(工学修士)
  • メガバンクの本店・香港支店で為替ディーラー業務を経て投資家/実業家に転身
  • 株式会社フィンテラス代表取締役

 

FXテクニカル分析で失敗する理由を動画で学ぶ

FXテクニカル分析で多くの初心者が失敗する理由を動画で解説(約7分)していますのでご覧ください。

 

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

動画をご覧になった方も、復習で記事を読んでいきましょう。

FXテクニカル分析で失敗する4つの理由

FXテクニカル分析で失敗する理由は以下の4つがあります。

FXテクニカルで失敗する理由

  • テクニカル分析で100%勝てると信じている
  • 色々なトレードノウハウを探し求める
  • チャートに多くのインディケーターを表示させる
  • パラメーターの最適化をする

どれも非常に重要であり、一つでも当てはまると、FXで勝てる確率は一気に下がると言えるでしょう。

失敗理由1:テクニカル分析で100%勝てると信じている

一つ目の理由は「テクニカル分析で100%勝てると信じていること」です。

どんなに優れたトレード手法であっても、相場に「絶対」という言葉は存在せず、負けることがない手法なんて存在しません。

ここで、負けが何回か連続して「このテクニカル手法はだめだ!」とすぐに結論づけるのは最悪です。

勝率100%なんて言葉が無い以上、負けが続くのは普通であり、何十回、何百回と取引を重ね、最終的に利益が残るテクニカル分析の手法こそ優位性のあるものなのです。

この点を理解していないと、失敗理由2で説明するノウハウコレクターへの道にまっしぐらです。

失敗理由2:色々なトレードノウハウを探し求める

二つ目の理由は「絶対勝てる手法」の存在を信じて、色々なトレードノウハウを探し求めてしまうことです。

これは一つ目の理由「100%勝てると信じている」とも関連していますが、負けが少し続き、すぐに他の手法に目移りしてしまうのです。

この悪習慣がつくと、結局、何一つ自分の手法が固まらず、いろいろなノウハウに手を出し続け、ただのノウハウコレクターで終わってしまいます。

そして、自分が上手くいかない原因を、教材やノウハウのせいにするのです。

もし、ある手法を学んで本当にその手法が負け続けると判明したら大発見です。

あなたはそれで億を稼ぐことが出来るでしょう。

なぜなら、その負ける手法と全く反対の事をすれば、FXで利益を上げることが出来るからです。

失敗理由3:チャートに多くのインディケーターを表示させる

三つ目の理由は「チャートに多くのインディケーターを表示させる」ことです。

テクニカル分析のインディケーターは数が多ければいいというものではなく、選択と集中が大切です。

武器がいくらあっても、数が多すぎて管理出来ない、使いこなせない、では全く意味がありません。

また、使用するテクニカル分析が多ければ多いほど、その分売買シグナルが増え、ダマしも多くなります。

失敗理由4:パラメーターの最適化をする

四つ目の理由は「パラメーターの最適化をする」ことです。

パラメーターとは、テクニカル分析の設定値などです。

例えば、移動平均線であれば、単純移動平均(SMA)や指数平滑移動平均(EMA)と複数種類がありますし、設定値も含めれば何百通りもパターンがあります。

パラメーターの最適化は悪い事ではありませんが、相場環境の変化とともに、常に最適化をし続ける必要が発生するため、相当の労力を奪われます。

また、そもそもテクニカル分析が機能するのは、世界中の投資家が同じものを見ているからこそ、そのテクニカルポイントで機能するのであって、誰も見ていないテクニカルやパラメーターを使ったところで機能する保証もありません。

FXテクニカル分析で成功する3ステップ

では、FXのテクニカル分析で成功して稼ぐためには何をすればいいのでしょうか?

それは、以下の3ステップを行っていくことです。

FXテクニカル分析で成功する3ステップ

  • テクニカル分析の種類と使い方を理解する
  • 自分に合ったテクニカル分析を選ぶ
  • 練習と検証を徹底的に行う

ステップ1:テクニカル分析の種類と使い方を理解する

最初に代表的なテクニカル分析の種類を理解しましょう。

テクニカル分析には、相場のトレンドを認識したり、またはその発生を予想したりするトレンド系のインジケーターと、相場の強弱を図るオシレーター系のインジケーターに分けることが出来ます。

それぞれの代表的なものは以下の通りです。

オシレーター系のインジケーター

ステップ2:自分に合ったテクニカル分析を選ぶ

そして、各テクニカル分析の種類や使い方を学習したら、次はその中から自分に合ったテクニカル分析を選んでいきましょう。

ここで、たくさんのテクニカル分析を採用すればいいというものではありません。

トレンド系のインジケーターを1~2個、オシレーター系のインジケーターを1個選び、組み合わせて使うようにしましょう。

ステップ3:練習と検証を徹底的に行う

最後のステップは、使用するテクニカル分析が決まったら練習と検証を徹底的に行うことです。

表面的な使い方を学んだだけで、FXで利益を出せるほど甘い世界ではありません。

テクニカル分析の基本的な使い方をマスターしたら、今度はそれを実際のトレードで使ってみましょう。

そして、検証を行い、改善すべき点があれば洗い出していくのです。

そうすることで、検証→改善のサイクルを繰り返せば繰り返すほど、トレード手法がどんどん良くなっていきます。

 

記事:FX検証の作業方法を初心者向けに分かりやすく解説【売買手法】

FXテクニカル分析で稼ぐために重要なこと

最後に、FXのテクニカル分析で稼ぐ上で最も重要なことをお伝えします。

テクニカル分析は、トレードのための「道具」でしかありません。

スポーツの野球で言えば、バットであり、全てはその人の使い方次第です。

素人がイチローと同じバットを使っても打てないのと同じで、いくらインディケーターを表示させても使いこなせなければ意味がありません。

そして、どのバットが使いやすいのかは、その人次第であるということです。

それぞれのテクニカル分析を完璧にマスターすれば、そのどれを使っても勝つことは可能だと言えます。

テクニカル分析の中で、最もシンプルなライン(トレンドライン、水平線)だけで勝ち続けている人も多くいます。

まずは、どれが自分にとって使いやすいかを確認し、一度決めたらとことんそれを極めていきましょう。

FXテクニカル分析で失敗する原因のまとめ

FXでテクニカル分析を極めれば100%勝てるなんてことはありません。そして、絶対に勝る手法なんてものもこの世には存在しません。

FX初心者がテクニカル分析で失敗する原因は、以下の4つがあります。

FXテクニカルで失敗する理由

  • テクニカル分析で100%勝てると信じている
  • 色々なトレードノウハウを探し求める
  • チャートに多くのインディケーターを表示させる
  • パラメーターの最適化をする

 

まずは色々ノウハウに手を出すのではなく、一つか二つのテクニカル手法を深掘りし、それが使いこなせるようになりましょう。

FXのテクニカル分析について学びたい人は、以下をご覧ください。

記事:FXテクニカル分析とは?初心者におすすめ9種類を現役プロが解説



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!